KANのあゆみ
Back To 1962
KANこと、本名・木村和(きむら かん)の
生まれた時からの出来事を振り返っていくページです。



主な出来事
1962年 9月24日福岡県福岡市中央区にて生まれる。
1968年 クリスマスをきっかけにキリスト教会へ通い始める。最初の音楽環境は讃美歌であった。
ちなみに通っていた幼稚園は、笹丘カトリック幼稚園でした(P(略)さん・おさだひろしさん・KUUさんの情報による。ありがとうございました)。
1969年 中村順子先生にクラシックピアノを習い始める(中学2年まで)が、それは本人でなく、母親の意思によるものであった。

厳しい家庭環境のため、成績も優秀、ピアノも弾けば、野球少年としても平和台球場でクリーンなセンター前ヒットを放ち、当時太平洋クラブライオンズ(西武ライオンズの前身)の遊撃手、梅田選手にほめられるなど、あらゆるジャンルをさらりとこなす将来有望な少年時代であった。
3年生の時は球拾い。4年生で正式入部。5年生で、セカンドとライトを交互にこなす。レギュラーになれたのは、6年生の時。ポジションはショートで、打順は2番であった。

また、小学校で唯一のロン毛(母がザ・タイガースのファンだったため)、真赤なベルボトムジーンズをはきこなす(おでかけはVANミニ!KANちゃんのVAN好きはココからか?)などファッションリーダーとしても注目を集め、福岡の老舗デパート「岩田屋」のランドセルのテレビCMモデルの経験もある。そう、もともとはモデルなのである。

小学校時代に初めて買ったレコードは、チューリップのアルバム『テイク・オフ』だった。
通っていた小学校は、福岡市立笹丘小学校(幼稚園からわりと近所)である(P(略)さん・おさだひろしさん・KUUさんの情報による。ありがとうございました)。
1976年 山城辰也、小野直樹、園田圭介らと初のバンド「ミートルズ」を結成。サイドギター、ヴォーカルとしてビートルズのコピー演奏に専念し、その曲数は60を超すといわれている。
この舞台となった中学校は、福岡市立友泉中学校でした(P(略)さんの情報による。ありがとうございました)。
1977年 「弁護士になりたい」とわけのわからない言葉と共に東京芸術大学作曲科の受験を断念、突如クラシック界去る。
また、同時にキリスト教の洗礼も拒否している。
出身高校は、福岡県立城南高等学校である(HRさんの情報による。ありがとうございました)。
1979年 ロックンロールバンドを結成。リーダー、ベーシストとして数々のオリジナル曲を制作。「修学旅行に行ったらこっちのもんだぜ」「バッファローマザー・エキサイティング」等、幅広い音楽性とその奇才ぶりは周囲を寄せつけることがなかった。が、それはいわゆる井の中の蛙にすぎなかった。
1981年 法政大学社会学部社会学科にミラクル合格、上京。新中野に住む。
4月15日に初めてビリー・ジョエルの武道館コンサートに行き、感銘を受ける。
1982年 長嶋理生らと「CANRIO on New York Band」を結成。自らのデザインでオリジナルTシャツを作るなど、本格的にポップス活動に入ったと思われたが、たった半年で解散。
1983年 青山学院生で構成されたバンド「アネット」に加入。ピアノ、ヴォーカルとして新宿のライブハウスを中心に活動すると同時に、“EASTWEST’84”“YOUNGJUMPSOUNDCONTEST’84”をはじめとするロックコンテストにも積極的に参加。
ついにピアノを買う。
バンドとバイトのため、フランス語の単位を落として、留年。3年生を二回する。
1985年 リクルートコスモス、ユニバーサル証券(役員面接で落ちたのはココか?)、読売広告社などの就職活動も幅広く展開。パーフェクトなまでに不採用だった。
1986年 3月に大学を卒業。大林宣彦監督の映画の音楽製作を担当する。6月にライト・リンクスという最初の事務所への契約を交わす。
1987年 ポリドールレコードより「テレビの中に」でデビュー。当時のインタビューでは「アルバムを作ったが、就職して名刺ができたのと同じこと。仕事が発展しなければ、何のよろこびもない。」と語るなど、感じ悪さは今に始まったことではなさそうだ。自らの職業を商業音楽家だと言いきるハッキリした考えを持っているわりには商売がヘタなため才能の無駄使いが目立つのが心配。


KANのあゆみ Back To1987へ続く





戻る