どくがろん 【独我論】

〔solipsism〕真に実在するのは自分の自我だけであり、他者や外界の事物は自らの意識内容にすぎないとする考え。主観主義的認識論を極端に押し進めたもので、バークリー・フィヒテ・シュティルナーなどに見られる。独在論。唯我論。独知論。

トップへ