FAQ

「単線」と「より線」の違いを知ろう
10BASE-Tなどで使用されるモジュラーケーブルの芯線には2種類あります。 
単線・・・8芯ある線の1本1本が1本の銅線で作られているもの 
より線・・8芯ある線の1本1本が複数の銅線をよって作られているもの

(よく言われる「ツイストペア」とは意味が異なるので注意!)
芯線の種類によって使用するプラグ・工具が異なります。違っていると正しく通信のできない「不良品」を作ってしまいます。ご注意を!
用途による「単線」「より線」
「単線」「より線」は用途によって選択できます。 
100BASE-TXのパッチケーブルで使用するならば迷わず「単線」です。
基本性能は「単線」が上です。これは構造上ノイズに強いからです。 
「単線」は堅く「より線」はしなやかです。 


戻る