いつでもどこでも多数の人に伝えることのできるホームページの良さと凄さを感じております。

花大好き - 04/01/21 19:07:30

コメント:
村内では、冬場は大雪に見舞われて、雪かきや雪落としが日常茶飯事。ついつい、花の村構想のための草花も雪かきの機械で根こそぎにさらってしまう。やはり、水や自然林を売り物にして、自宅周りは許してもらうしかないと思うこのごろです。

ひで - 03/10/30 15:37:09

コメント:
生き死にをそこまでしょっちゅう考えているのは息苦しくありませんか? そうできない者なので、ちょっぴり羨ましくも感じます。

とし - 03/10/27 22:36:10

コメント:
人間は、どうよくいきるか、どうよく老いるか、どうよく病むか、そしてどうよく死ぬかだ...。 これは、今日TVで言っていた聖路加国際病院の日野原先生の言葉です。どう思いますか?

かたやん - 03/10/23 20:19:08

コメント:
やっぱり人にやってあげただけしか、かえって来ないもんですね。

田中製作所 - 02/11/21 13:21:57
電子メールアドレス:toyoyasu@h.do.up.com

コメント:
レポート2を読みました。 興味がありましたので、連絡を乞う。

Rev.SMM - 01/07/26 22:17:11

コメント:
<愛の相続と霊界> 父母が結婚を願うのは、自分たちの愛のすべてを相続し、伝授したいからです。親は死んでいくのですから、後孫にその実体を残していくのです。だから自分の後孫が必要です。愛は、永遠に続くべきです。愛は、人間の最高の願いだから万民がもろ手を挙げて相続したがるのです。それを残していくのですから、霊界でも、「自分たちはこういう素晴らしいものを残してきました」と、堂々と神の前に出ることができます。それを果たし得るところが家庭です。ですから家庭を通して天国に通じるということは、その愛の一体圏においてということです。それをなし得ない立場においては、絶対不可能です。  人間は、自分が願って生れてきたのではありません。それは、何によってでしょうか。お父さん、お母さんの願いによってでしょうか?そうではありません。天の願いによって生れてきたのです。天の身代わりの父母の愛を通して、新しい生命体として生れてきたのが自分です。そして愛は、全体を創造する力を持っているので、宇宙の愛のすべてを受けて、全天宙の中心的な立場に立つ存在として生れてきた自分です。そのような素晴らしい内容をもって生れてきたのです。愛によって生まれ、愛によって育てられ、愛によって生き、愛してまた愛を残して行く、それが人生の最高の目的です。(御旨と世界672)

- 01/07/25 16:03:41

コメント:
卒業に関して悪い思いを持っている人は少ないと思う。ましては自分の卒業を悪くしたいなどと考える人はいないと思う。 たとえ、運が悪いとか、人より恵まれていないとか、苦労が多いと感じている人でも、自分の卒業式、ことに人生の卒業式には最高の晴れ姿で臨みたいと思っているに違いない。 その日が最高なものなら、今までずっと大変であっても、全てを受け入れ許せるのではないでしょうか。 その日のために、本来人生の全てがあったとするならば、これは嬉しいと共に、深刻です。準備されるべきものがさせていないのなら大変です。 人生の卒業式が最高なものになるよう、自他共に、準備を怠らないように致しましょう。

管理者 - 01/07/25 15:26:18

コメント:
管理者の操作ミスで、皆様のコメントを消去してしまいました。ご免なさい。

私のホームページへ | NatureLandのページへ | メイン | 今すぐ登録