心臓リハビリテーション



私たちの心臓はどんな役割、仕組みを持っているの?
心臓は全身に血液を送るポンプの役割を果たし、絶え間なく動いています。

心臓を養うのは、冠状動脈と呼ばれる血管です。左側2本、右側1本の冠状動脈がさらに枝分かれして、心臓が動くために必要なエネルギー、酸素と栄養を送り続けています。


心筋梗塞とは・・・
冠状動脈の壁にコレステロールなどが付着すると血管は硬く狭くなり、ついには血液の流れが途絶えて心臓への酸素、栄養も送られなくなります。

そして、心臓の一部の筋肉は硬く、動かなくなります。これが心筋梗塞です。

主な症状は胸痛で、大体30分からときには数時間にも及びます。また、胸だけでなく左側の肩や腕、背中から始まることもあります。


狭心症とは・・・
狭心症は、心筋梗塞と違い症状は30分以内にとれ、心臓の筋肉が硬くなったりすることがないのが普通です。

狭心症の場合血管が狭くなり、労作時に十分な血液が心臓に送られないため、発作が起こります。ときには安静時にも血管が痙攣して狭心症発作を起こしたりします。

特に狭心症発作が初めて起こったり、発作の回数が増えたり、程度が強くなったり、薬の効き目が悪くなったりしたときは、不安定狭心症とよばれ、今後、心筋梗塞になりやすく入院して厳重な監視が必要となります。


心臓によくない因子とは

心筋梗塞、狭心症を起こしやすくするものを危険因子といいます。
原因のいろいろなものが重なりあって病気を起こします。

心臓によくない因子とは・・・

1.高脂血症
血液中のコレステロールが増えすぎた状態のことをいいます。
コレステロールが血液に付着して動脈硬化を引き起こします。

2.高血圧
高血圧が長く続くと動脈硬化を起こしやすく、心臓の負担も大きくなります。

3.喫煙
煙草のなかに含まれるニコチンが血管を収縮させて血液の流れを悪くします。
また、ニコチンは体によくないコレステロールを分解し、血圧を上げて動脈硬化を引き起こします。

4.肥満
血液中のコレステロール、脂肪が多く動脈硬化を引き起こします。
また、肥満の方はやせている方に比べ、心臓への負担も大きくなります。
標準体重に近づけるよう体重をコントロールしましょう。

5.糖尿病
高血圧と同様に動脈硬化をおこしやすく、心臓以外にもいろいろな病気のもとになりやすいものです。

6.アルコール
アルコールについては主治医とよく相談なさって下さい。

7.ストレス
ストレスがたまると血圧が上がり心臓の負担になりますので、自分のストレスと上手に付き合っていきましょう。


日常生活について

入浴について


急激な温度差は全身の血管を収縮させ、心臓に負担をかけます。
風呂場や脱衣所をあたためて、温度差がないようにしましょう。
特に、寒い冬場は保温につとめ、風邪をひかないように注意しましょう。

ぬるめのお湯(38〜40度)に、短時間(10分程度)で入るようにし、できれば一番湯は皮膚への刺激も強いのでさけるようにしましょう。
(もし一番に入られる場合は、シャワーを流し浴室内を温めるようにしましょう。)

入浴時のかけ湯は足からかけ、つかるときも肩までつからず胸ぐらいにしたほうが心臓への負担も軽くなります。

また洗髪時、心臓を圧迫する前かがみの姿勢は避け、できればシャワーを利用しましょう。
食事や散歩などの労作前後には入浴しないようにし、また、入浴後は安静にしましょう。


排泄について


便秘で力むと血圧が上がり、心臓に大きな負担がかかります。
便の状態をみながら、下剤の量を調節1日1回の排泄習慣をつけましょう。
また、腸の働きをよくする繊維質の多い食品をとるのもよいでしょう。

≪繊維質の多い食品≫
アスパラガス、ごぼう、セロリ、大根、かぼちゃ、いちご、柿、りんご、さつまいも、もも

冬の夜にトイレに行くことは、急激な体位の変化と温度差により心臓に負担をかけます。
できれば、トイレに行かれるときは暖房をいれるか、暖かい服装でいくようにしましょう。

運動について

運動は前述しました危険因子の予防に役立ちます。

運動選びのポイント
1)無理なく続けていくことができる
2)全身の筋肉を使うもの
3)楽しく苦痛なくできるもの

これらの条件を満たし気軽にできるものとして、散歩は最適かと思われます。

運動時の注意点

食直後は避け、1〜2時間はあけるようにしましょう。

ジョギング、サイクリングなどは急に行わず、準備体操を行わず、準備を行い、終わった後も整理運動を行いましょう。
寝不足や体調の悪いときは無理をせずに休みましょう。
運動の前後には、脈を1分間はかってみましょう。
脈がとんだり、リズムがバラバラのときは受診時に医師に報告して下さい。

旅行について


自分の体調に合わせて、ゆとりを持った行動をとりましょう。

団体旅行の場合は特にまわりにあわせてしまうため、気づかない間に無理をしてしまいがちになります。

内服薬、ニトロペン、保険証は忘れずに持っていって下さい。
海外旅行をされる場合は、出発前に主治医に予定を話し、病状や内服薬などについて英文で書いてもらい持って行かれると安心です。

旅行中の食事は、コレステロールや塩分を多くとりがちになりますので、量や味付けに気をつけ、残すことも大切です。

仕事について

理想的には退院後しばらく自宅で静養し、心臓リハビリテーションで運動しながら、徐々に仕事や家事に復帰されるのがよいでしょう。

ただし、心筋梗塞の程度や、治療内容によって、退院後の生活レベルは多少かわります。
また、ご自身の性格や社会状況にもよります。あせらず、気長に、主治医と相談しながら始めていって下さい。

関西医科大学では、可能であれば退院後時に運動負荷試験を受けていただき、あなたの心臓の働き具合をチェックします。

その結果、どの程度の運動や労作可能かある程度わかります。
またその後、リハビリテーションや日常生活で体力が回復すれば、動ける範囲が大きくなることもあります。

定期的に、運動負荷試験など体力や心臓の働き具合を確認していきましょう。
仕事では、肉体的な疲労のみならず、精神的な疲労も心臓には大きく影響します。

極度の緊張やトレスは心臓病の大敵です。ストレスのたまらないゆとりある生活を心がけて下さい。
過度なスケジュールやオーバーワークは控えましょう。


心不全について

心不全とは、心臓のポンプの働きが弱って、血液を送り出すのが弱くなってしまうことです。

≪心不全の初期症状≫
1 体重が1〜2週間で2〜3kg増えた。
2 全身がだるくて、体を動かすのがしんどい。
3 夜、まっすぐ上を向いて寝るのがしんどい。
4 寝ているとき息苦しくなって、上半身を起こしているとき楽になる。
5 むこうずねや足の甲にむくみができて、靴下の後がはっきりつく。
6 昼間尿回数が減って、夜中にトイレに行きたくなる。

*このような症状は、薬を飲み忘れたり、ストレス、疲労、風邪をひいたりして、体力がおちるとでやすいようです。2つぐらい症状が思い当たったら、受診するようにしましょう。

最初のページにもどる。