ヘリコバクテリア・ピロリ菌発見にノーベル賞

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2005年のノーベル医学生理学賞を、 胃炎や胃かいようなどの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を発見した西オーストラリア大 のバリー・マーシャル教授(54)と、病理学者のロビン・ウォーレン博士(68)に授与する と発表した。
 ピロリ菌は50歳以上の日本人の約8割が感染しているとされる。胃炎やかいようは従来、 ストレスや生活習慣が主な原因と考えられていたが、2人の発見をきっかけに研究が盛んになり、 抗生物質を使って菌を取り除く簡便な治療法に道が開かれた。
 授賞理由は「ヘリコバクター・ピロリ菌の発見と、胃炎や消化性かいようにおける役割の発見」。 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。(2005年10月3日)


 胃は食べ物を消化するために強い酸性の胃液を出しています。 そんな環境に住める細菌などあるはずがないという考え方が長い間伝統的にありました。 ところが1979年、オーストラリアのロイヤル・パース病院の病理専門医ウォーレンが、 胃炎をおこしている胃粘膜にらせん菌が存在していることを発見しました。 ウォーレンは同じ病院に研修医としてやってきたマーシャルと共に研究をすすめ、 この菌が「胃に住みついている」ということを確信し、この菌によって胃炎がおこると考えました。

最初のページに戻る。