心筋梗塞の予防はウエストサイズの測定から



 内臓脂肪のたまり具合を判断する診断基準を、日本動脈硬化学会や日本糖尿病学会など8学会がまとめた。
男性は85センチ、女性は90センチ以上だと「要注意」だという。大阪市で開催中の日本内科学会で8日、公表された。

 脂肪のたまり方には皮下脂肪型と内臓脂肪型がある。内臓脂肪がたまると血糖や血圧、中性脂肪などが正常より高めになる。糖尿病や高血圧と診断されるほどではなくても、複数重なると動脈硬化が進行し、心筋梗塞につながることがわかり、メタボリツクシンドローム(内臓脂肪症侯群)と呼ばれるようになった。

 だが、内臓脂肪の量はエックス線CT(コンピューター断層撮影)写真を撮らないとわからず、明確な診断基準がなかった。
   診断基準は、「要注意」のウエストサイズで、
  @中性脂肪が150ミリグラム以上(血清0.1リットル中)
   またはHDLコレステロールが40ミリグラム未満(同)
  A最大血圧が130以上または最小血圧が85以上
  B空腹時血糖値が110ミリグラム以上(血奨0.1リットル中)
の3項目のうち2項目以上に当てはまるとメタボリツクシンドロームとした。
 基準づくりの中心となった住友病院(大阪市)の松沢佑次病院長は「血糖や血圧などが少し高いだけだと放置していた人を見つけ出し、生活習慣の改善につなげるのが大切だ」と話している。

最初のページに戻る。