メインへ戻る
このページにはエスニックコンサートが縁で知り合ったみなさん、そのほか先住民族関係の情報を掲載して行こうと思います。
情報に偏りがあるからといって怒らないでください。
ひとえに管理人の情報収集根性の無さと世界の狭さと無知とHPをいじる時間不足によるもので、わざとじゃないんです。
そういうわけで、掲載の保証はありませんがタレコミ歓迎!!

その1
2001年にご出演いただいた
金星人こと石垣金星さんに深く関わる西表リゾートですが、
とうとうプレオープンしてしまいました。
名前を「ニラカナイ」(イが 1 つ抜いてある!)と付けたようです。
ここに書かれてる通りに
本当に環境に配慮するなら心配もしないのですが…
これだけのレジャープログラム実施するとどうなるか、
影響を調査してくれたのでしょうか。

第3回裁判は2004年4月20日(火)午後1時30分〜那覇地裁で
行われます。行方にご注目を。

東京では、西表の未来を創る会・東京がアースデイに出店します。
よかったら遊びに来てください。

西表リゾート開発差止訴訟のホームページ

この問題に関するこれまでの経緯などが見やすく紹介している
西表の未来を創る会・東京のホームページ

その他の参考サイト

西表の未来を創る会

まーちゃんの掲示板

黒田剛光さんの掲示板


その2
1998年の4月のプレイベントにご出演いただいたラヒン・カユマンギ関連の情報です。
転載ここから
●−−●−−●−−●−−●−−●−−●−−●−−●−−●

GIVE PEACE A CHANCE TO MINDANAO!

ラヒン・カユマンギとは、褐色の民族という意味です。メンバーはフィリピン~ンダナオ島出身。
ルソン島についで二番目に大きいミンダナオ島は、天然資源に恵まれながら深刻な貧困に苦しんで
いることに加え、現在、フィリピン国軍が「テロリスト」掃討の大義名分のもと爆撃を続けており、
住む場所を追われた多くの人々が避難生活を余儀なくされたり、不当に逮捕されたりしています。
ラヒン・カユマンギは、音楽活動を通して、故郷・ミンダナオの人々を支援しています。

ラヒン・カユマンギのホームページの
「EVACUEES IN MINDANAO」および「NEWS FROM DIRECT」には、現地の支援団体DIRECTからの
情報が掲載されています。日本で報道されていないミンダナオ島の現状に触れられる貴重なニュースです。

その3
エスニックコンサートと同じ事務所を使い、スタッフも重なっている
命どぅ宝ネットワークのイベントです。

命どぅ宝・平和世コンサート18〜4.28沖縄「屈辱の日」に

平和世を願い行動する多くの皆さんの賛同・参加を呼びかけます。
私たちはアメリカの侵略戦争、日本の派兵・戦争協力、
そして武装国家になることに反対します。
命どぅ宝、私たち民衆は殺さない、殺されたくない!

日時 2004年4月29日(木・休) 開場13:00 開演13:30
場所 上野水上音楽堂
   (地下鉄千代田線湯島駅徒歩3分、
       JR、京成、地下鉄日比谷線、銀座線上野駅徒歩7分)
出演 まよなかしんや、ノーズウォーター、YO‐RA、
   ソ ギサン&ユン ミジン(ex.コッタジ)、東風(こち、オープニングアクト)
料金 前売2000円 当日2500円 中高生1000円(前売・当日とも) 
        小学生以下無料
主催・問合せ 命どぅ宝ネットワーク
       東京都豊島区駒込2‐14‐7 琉球センター・どぅたっち内
       電話・ファックス 03‐5974‐1333

 2004年は、元旦の小泉首相の靖国参拝に始まり、天皇が沖縄、
宮古、八重山に行き、日本軍がイラクへ派兵されるという最悪の
状況の中で、4月を迎えようとしています。
 昨年私たちは、沖縄と日本の歴史的関係を100年という長さと
深さから見直し、天皇制の下での戦争、植民地支配、差別という
支配者側の変わらない本性を認識し直すと同時に、それに負け
ずに流れ続けている民衆運動の底力を確認しました。
 かつて「沖縄デー」といわれた「4.28」は、現在問題となっている
日米同盟の基点となったサンフランシスコ条約と日米安保条約が
発効した日であり、現憲法がその軍事同盟の下で骨抜きにされ始
めた日に他ならないのです。更に、在日朝鮮、中国人を一方的に
外国人登録法の下に置き、現在まで続く差別の基点となった日でも
あります。
 私たちは、今年も4.28沖縄「屈辱の日」に命どぅ宝・平和世コン
サートを開きます。


ここまで
メインへ戻る