茂辺地川の魚

 茂辺地川には、多種類の魚を見ることができます。ここでは、
よく見ることのできる魚を紹介します。
 
(1)下流域(JR鉄橋より下流)
  下流域で1年を通して見ることができるのは、ウキゴリです。
  その他には、ウグイ・カジカなどが多くいます。
  季節によっては、アユ・アメマスなどの姿も見ることができま
  す。もちろん、9月の末頃からは、たくさんのサケがのぼって
  きます。
 
    

    
ちょっと見えにくいですが、サケが
遡上しています。(10月10日)
  左の写真を撮影した場所からは、
すぐに海が見えます。
平成14年5月5日
鮭見橋上流で釣り上げたアメマス
 (20cm程)
エサはミミズで、大小4匹ゲットしました。

(2)中流域(笹堀橋〜水辺公園付近)
  この流域では、浅瀬ではカジカが多くなってきます。ちょっと
  深い所の石のかげなどには、15cm位もあるハナカジカがか
  くれていることもあります。5月〜6月には、アカハラ(ウグ
  イ)の群れが泳いでいます。

(3)上流域(盤の沢付近)
ここまで来ると、ヤマメの姿が見ら
れるようになります。
夏場は、アユもいっしょに泳いでい
たりします。もちろん、ウグイや
カジカも見られます。

 全域を通して、ちょっとした支
流に入るとイワナがいます。

 
 
 

もどる