Sr.守屋 紅 S.Sp.S.
 四季折々の草花を愛でていた母へ押し花を栞
で送ったのがきっかけでした・・・・野辺に咲くす
みれなどコップにさして母はよくテーブルに飾っ
ていました。
  「心こめ 敬老のたより ゆかしくも
        萩の押し花 手にとりて見ゆ」
            (母からのお礼の手紙より)

 お金のかからない紙片を使ってのしおり作りは
私の趣味のひとつとなりました。絵心、ユーモア
と繊細さは父母から受けついだものと思われま
す。それは姉妹たちの作った人形、その他の手
芸品に表れているからです。

 病気になってからは、しおりだけでなく、実物
大のひよこなどメルヘン的な作品にまで及び、
すでに七か所の会場で依頼に応じて展示会を
開くことができました。

 音楽を耳にしながらの作品つくりはおのずと
神である聖霊に導かれたものとなり、一枚一枚
には、ストーリー、ファンタジーがあり、それが浮
き彫りにされるよう、試みたつもりです。
 日の光、水の動き、風の音などによる自然の
はぐくんだあざやかな色が押し花には輝いてい
ると思います。

 ここに私の好きな聖句を選びましたが、すば
らしい毛筆はマリアチェチリア三上正子様の手
によるものです。三位の神がたたえられますよ
うに!

 
このサイトは、Sr紅が生前、神様をたたえながら作った押し花のしおりを
シスターの姉妹や親戚のみなさんが1冊の本にまとめたものを
関係者の方のおゆるしを得て編集したものです

こちらからお入りください