2002年ACTION Report

           3月15日(土)

               第18回 鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 定例会 

 

Report 16
 3
月15日(土) 

天気:小雨


                                                富士見近隣公園 

 
自然とのふれあいで、春の息吹を体いっぱいに

  指導員各人が家を出る頃は、雨が少し降り出し、フロントガラスにポツリと落ちる程度
 でしたが、公園へ達するころから本格的な雨となり、これでは、参加者が来ないな!(しかも常連さんは欠席)
 と思いました。
 
  待つこと、9時30分過ぎに1名が来られる。続いて、家族連れの親子4名が傘を差して来た。
 ホンとにありがたいと思いました。地面は意外にぬかるみにならず。
 我々のゲームが終了するまでお天道様は待ってくれました。午後からは雨も上がりました。
 

  今日は、我々指導員にとっても、思い出深い日となりました。と言いますのは、小岩井さん、野村さんも今回
 が、ゲームを指導するのが初めてのデビュー戦でした。私も運営委員長として初めてのゲーム。互いに緊張
 しましたが、存分にゲームに集中できたのではないでしょうか。 会のことが長々となりました。 報告です・・・・

    開会式 私は誰でしょう
    
開会の挨拶                        私は誰でしょう?・・今回は昆虫のみ。意外に苦労した!?
 

    こうもりとが こうもりの解説
    
こうもりとが・・・準備体操をしっかり行い、ゲームに取り掛かろう。   こうもりの解説・・日本にいるのはイエコウモリ

   

    目隠し芋虫 笹に触れる参加者
           
目隠し芋虫・・目を閉じると未知の世界が、手や足に感じる。それは、尋常じゃない別世界?
 

わたしの木との対話

あなたをずーと待っている一本の木があります。と言うと貴方は信じますか?

  お嬢さんの木お母さんの木お父さんの木坊ちゃんの木Kさんの木

見事に各参加者が、自分の木にたどり着きました。

  春の息吹が雨で感じにくい状態でしたが、参加者と分ち合いが出来ました。
 また是非、ご参加下さい。アウトドア家族のお嬢さんと息子さんの笑顔が素敵でした。
 サッカーユニフォーム姿のKさんも、きっとネイチャーゲームのよさが分かって頂けたのではないでしょうか

                                                  STAFF= 小岩井・野村・小野

 

         9月7日(土)

               第16回 鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 定例会 

 

Report 15
 9
月7日(土) 

天気:小雨時々曇り


                                                池尻池公園 

夏から秋に変化する自然を感じよう

9月は、自然も人間も夏モードから秋モードに変わる時期。
自然へ目を向け、野外で秋の兆しを感じてみましょう!   報告:堀内

 

この日は小雨ながらも参加された人達は、

熱烈なネイチャーゲームのファンです。

サイレントウオーク

雨上がりで蜘蛛の巣が綺麗! せみ・キノコ・栗なども 見つけたよ!

 

 バッタの親子?

 動物当てゲーム

答えて納得、身近な動物のことを色々知ることができた。

 音いくつ?

自然の音を聴いてのんびり!水の音が印象的でした。

Staff= 倉林・新村・浦野・堀内

 

         4月13日(土)

               第13回 鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 定例会 

 

Report 14
 
月13日(土) 

天気:曇りのち晴れ


                                                池尻池公園 

春の息吹を野外で感じよう2
4
は、22名の参加者があり、久しぶりの大人数に圧倒されました。

 自然の心へ従い、野外で春を感じましょう! それにしましても、桜も早めに咲き散る異様に
 暖かい冬でした。半袖で参加した人たちと新芽の緑の濃さに春の息吹を人間と自然とで感じた一日でした。

 陽気は午前中少し肌寒い、平林指導員は半袖で元気です。大井町より来られた少女たちも
 半袖で元気でした。まだこの時期寒いと考え、身体が温まるゲームを企画いたしました。
 午後からは、晴れ間も見え温かくなりました。

 1.私は誰でしょう?

動物、海の生き物、鳥、昆虫とさまざまな生物の絵札を背中に付け その特徴を質問。
お互いに行い自分がどんな動物(背中の絵札)なのか?を当てるゲーム
意外に、子供たちは早く分かるが、大人は 中々分からない!

 2.「木の葉のカルタ取り」説明中 
                          色々な葉っぱをカルタに見立てる

 左右に分かれてた11名の参加者 A組

参加者B組の11組で始まった・・木の葉のカルタ取り 

 

指導員が示した葉(読み札)  に反応し取り合う参加者少し寒かったが、半袖で元気一杯な少女達

 大人も子供も楽しめるゲームです

 「こうもりとが」は、バッド、モスの大合唱!

身体が温かくなるゲームです、夢中になりますね・・・自然界の食うか食われるか?
 

 目隠しトレイル(小径)へ向かう参加者

ロープをつたい異次元の世界へのトレイル(小径)の始まり・・・・・視覚以外の感覚を精一杯使います。
足元の感覚や手の触覚、嗅覚が敏感に反応 

 「キャーキャー」と声を出しながら、恐る恐る進む
 ・・・・手の触覚は非常に敏感になります。

 

時間と空間の観念が無くなる世界へようこそ!

 時間と空間を感じにくいゲームに、
妙に穏やかな精神状態に目覚めるような気がしたと感想もありました。

 

最後に、目を開けて同じトレイルを廻るが意外な短さに驚く参加者 

                         参加者の生の声

動物当てゲーム    楽しかった。自分が何の動物なのか早く知りたかった。

木の葉のカルタ取り   楽しかった。盛り上がった。

コウモリとガ  又やりたい。すごく楽しかった。 ガは怖かった。食べられないように逃げた。

目隠しトレイル 見えないと不安だった。でも楽しかった。

報告 小野指導員
 

           3月16日(土)

              第12回 鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 定例会

 
Report 13
 
月16日(土) 

天気:曇りのち晴れ


                                                  池尻池公園 

春の息吹を野外で感じよう
3月は、身体が外へ出て動こうよと訴える時期です。
自然の心へ従い、野外で春を感じましょう!

 開催の日の天気は、曇っていてやけに寒かったんです。 しかし、昼頃から太陽が出てきて、あたたかくなってきた   のには、ムカツイタ!ゲームの進行中は、ほんとうに寒かった。

 肌寒い池尻池公園 ゲーム中太陽が無く、肌寒い公園

 はじめての参加者が2名(男性だった)。HPを見られての参加。

 1番目に行ったのが、ミクロハイク。普段歩いていて踏みつぶしている地面に虫めがねで、探検。

 ミクロハイクで虫を探せ! 寒かったせいもあるのでしょうか、生物は見当たらず。

  しかし、小さな紫色した花を発見。「こぶしの花」の中を見たら、小さな虫がいました。ハチではなかった。

              2番目には、いねむりおじさん。参加者全員がいねむりおじさんを体験

 いねむり爺さんは楽しい!

 3番目、サイレントウォーク。開催した公園には池があるんです。その池の周りを二人一組で

  歩いてもらいました。春を発見!たんぽぽがありました。

 

 最後には、カメラゲーム。参加者からのこんな感想。「急に目の前に現れた画像は、結構、目に焼きつきます。
  普段は、何気なく周りを見ているので風景が同じように見えているんだと。」

 カメラゲームの傑作作品を鑑賞する カメラゲームの傑作写真を鑑賞する

 今回の「テーマの春の息吹を・・・なんですが、フィールドでは、木々のつぼみ(桜など)を見ることが出来ました。

報告 浦野委員長