1999年ACTION Report  

                     Report 3(10/17)      Report  2(9/12)           Report 1(4/18)          Report s.s(6/26/27)  

第3回  鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 / 秋の集い 〜 秋だ!みんなで何か見つけない! 〜

 
Report 4
11月14日(日) 

                                           
                                     
鶴ヶ島・富士見近隣公園
 
                午 前  一般の方とのゲーム
                             午 後   川越ボーイスカウトのリーダーとのゲーム

               11月14日(日)は午前と午後の2回ゲームを行いました。

  大変良い天気に恵まれ、とても冬の陽気とは思えません。
 木漏れ日も美しい!小春日和とは本日のような日を言うのでしょう!
 どんぐりがゴロゴロしていました。

 午前中は5名が参加、本日は埼玉県民の日で皆さん出かけているようで参加者も少ない。

 10:00より開始

  (1)木の葉のカルタ取りが、オープニングゲーム
  意外に葉っぱの色が光線で見間違いるケースがあり
  走り出す参加者も多い、次第に真剣な顔になっていく参加者。

木の葉のカルタ取り 木の葉のカルタ取りルール説明中

  (2)木の鼓動   聴診器で木の水音らしきものを静かに聞く 

            お医者さんになった気持ちで聴診器を使う 木の鼓動

  (3)目隠し芋虫  目隠しされて公園を10分ばかり案内するが、
              大変好い気持ちになりもう少し時間
            があって欲しいと言う希望が多かった 

  (4)サウンドマップ  (5)フィールドビンゴ  終了12:10

     ■ 午後は10名の参加者 川越ボーイスカウトのリーダーを囲む
  
    ボーイスカウトのカブスカウト隊の指導者が、隊員とのゲームへ取り入れる為に勉強にきました。

     13:30開始

    (1)私は誰でしょう! 哺乳類と海に住む生物を特集しました  

    (2)コウモリと蛾 バット!バット!モス!モス!の元気な声が響く

コウモリと蛾 コウモリに捕まりかかっている蛾

    (3)木の葉のカルタ取り フライングする参加者続出!!! 

木の葉のカルタ取り カルタの読み札を読み上げる(見せる)

    (4)居眠りじいさん ネイチャーゲームの中でも異色のゲームで、忍び足で進むゲーム。 

    (5)ノアの箱舟 

                             終了15:20

全員、熱心な方ばかりで、ゲームのルールのみならず 

理念もしっかりと頭へ叩き込まれたようでした。

 ガールスカウト・ボーイスカウトは、ネイチャーゲームを活動に積極的に取り入れているとの事でした 

 

 全国一斉大会 「いのちの大切さを次の世代に伝えよう」

  
 Report 3
 
 10月17日(日)

                         
                  
鶴ヶ島・富士見近隣公園
                 
ガール・スカウトと一般の人 
                                         参加者 31名(大人12名・子供19名)

鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会では、全国一斉大会を開催。

さて、全国大会のゲームのオープニングは、「はじめましてKです」

はじめまして

 

 はじめましてカードを持ち
     お互いに聞き合う

    

 

 2、コウモリと蛾 3、カモフラージュ   4、ノアの箱舟 5、カメラゲームを実施しました。
   
 参加者が31名と大人数でしたので、2、「こうもりとが」は 2グループに分けて進行しました

  「コウモリと蛾」を行ったとき
 「こうもりをやってみたい!」と言う
コウモリと蛾 積極的な声が、聞かれなかったのが残念でした

                      「コウモリと蛾」で壁を作る参加者

 

 

             3、カモフラージュでは、20個の品物を探してもらいました。

ノアの箱舟

 4、ノアの箱舟では、絵本を見せながら物語を語り、
   箱舟へ乗り込む準備が整う。
 

 


 

  渡されたカードを見て 参加者は「ニヤッ!」としたり「エッー!」と大騒ぎでした
 さあ、動物になって相手を探すが、意外にも皆さんジェスチャーが 旨かった
 場所が芝生だった事もあってみんな伸び伸びと演技ができたようでした

  最後の5、カメラゲームは二人一組(カメラ役と写真を撮る人役)になって 
 気に入ったものを二箇所シャッターをきってもらい印象深かったフイルムを

 絵に現像し、描えてもらいました。
 スタッフも参加者と共に楽しい1日を過ごす事が出来ました。   

 

  第2回 鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会 ネイチャーゲームへのおさそい 〜自然と友達になろう〜


Report 2
 
9月12日(日)

              
           
                                 鶴ヶ島・富士見近隣公園
                            
                               指導員4名・参加者6名アシスタント1名の11名 
          

 
8時40分に若葉駅を出ると仲間の高橋君に会う。共に富士見近隣公園へ
 向かう途中携帯へ名古屋から出席されるさくらいさんより、 公園にすでに到着しているとの連絡、
 嬉しい限りである。
               
  9時過ぎに公民館等のパンフレットで申し込まれた家族が到着。
 そして男性一人と東京から参加の女性一人で全員6名が揃う。
 この時期としては異常に暑く35度くらいあったでしょうか!

木陰で受付をしたのですが、蚊にだいぶかかれました。
しかし、昼近くはいなくなりましたが、
野外活動には虫ペールは必需品ですね。
                                     
 
ゲーム
  
進行紹介

さて、浦野会長の挨拶に続き、オプーニングゲーム「はじめまして」を行う

 はじめまして

秋に因んだテーマでお互い質問し合い和気あいあいの雰囲気でした。

 「私は誰でしょう」ルール説明

10時半より、「私は誰でしょう?」自分の背中に貼ってある動物を 互いに質問し合って当てるゲーム
炎天下の中、大汗を掻きながら行いました。

日射病になりそう!
会長手作りの「ネイチャーゲームの会」の旗が目立ちますね。

「宝物さがし」においのあるもの・とがったものなどを時間内園内で探してくる ゲーム 

 
バンダナに宝物を広げて見せ合う参加者

ぬけがらひとつでは、せみを拾った参加者が多かった。
自然にはえたものでは、きのこを探した人も多かったですね

「木の葉のカルタ」を予定していましたが、猛暑なので中止
「ごちそうはどこだ」下見の際に拾ったどんぐりを使い行う
どんぐりを見つからない様に、枯葉や木の根にいかに隠すかがポイント。

 どんぐりを隠す参加者

最後は「サウンド・マップ」木陰に各々が別れて、ひたすら「音」に集中する。
しかし、あまりの暑さに眠くなる人もいました。当初の予定通り 12時半に終了する

参加者には、次回も参加して頂く様にお願いをして別れる。

参加者の言葉・・面白く出来ました。このようなゲームがあると知らなかった いい環境の場所ですね

                     

   ●雑感   「私は誰でしょう」でうなぎが判らず悩んでいた可愛い女の子。
            白鳥と鈴虫が判らず悩んだ指導員

            指導員各人は、少し場慣れしてきたせいか余裕がありました。
            説明も堂に行ったものでした

  

第1回  鶴ヶ島・毛呂ネイチャーゲームの会

  
Report 1
4月18日(日) 

 

                                      鶴ヶ島駅前、東洋大学大越記念庭園

   記念すべき会の第一回ゲーム大会を行う。     指導員5名のみ
   
    天候が悪く、時よりの小雨に悩まされながらも、
    予定のゲームは終える。
                                

   一部ゲーム紹介

の鼓動
    聴診器が必要です。

木の鼓動2 

 ボコボコと音がする時があるし
 スースーと言う音も
 樹木により違う様である

 が我々と同じ様に、生きていることが、実感できる。

 

 

 木の鼓動  

 

 

 静かに全神経を耳に集中します。音が聞こえた時は嬉しくなります。
                   

 

 

 

  は誰でしょう?
                    動物カードが必要です。

私は誰でしょう?挨拶 

 

 お互いに、「こんにちは」をします。初対面の人と仲良くなれるゲーム

 

 

 

私は誰でしょう?実践編

       掛けられた、動物、昆虫、海、川の生物カードを質問し合い。
       自分は誰であるか?を知るゲームです。相手のカードはわかるが
 
       自分のカードは判らない。とんでもない質問が出るので、面白い!
       判った時の快感は、童心に返って喜んでしまいます。


        
指導員雑感  

   
蛙、かわせみがいる、庭園でした。小雨に濡れた緑が美しく心が洗われる様です。
   かわせみは、初めて見ました。輝くような、翡翠色でした。束の間、心奪われる。
 
   誰も居ないところで、5名だけで占領して良いものか?
   ネイチャーゲームに出会わないと、行くこともない所だったと思うと嬉しくなります。
 
   言葉で、このゲームを感じてもらうことは、難しいことです。
  参加して見ると虜になる魅力溢れる自然との対話が、出来るゲームで在ることを再認識しました。

    他に行ったゲーム・・・私の木、サウンド・マップ、森のビンゴゲーム

’99ステップ・アップセミナー埼玉レポート

 
Report S・S 
6月26日〜27日

 

  越谷市・セミナーガーデン研修所

     ’99ss埼玉出席者 

                        うらわNG 7名・川越NG 3名狭山NG 2名・当会 4名



       ■ 1泊2日 うらわNGの会主催で行われる。
       講師は、上級の小池さん(狭山NG会)です。

    20名の出席の内、一般の方も4名程参加。
   26日(土)曇り、オープニングは、全員で「初めまして」を行い。
   自然案内人’99のニューゲームを近くの公園で教わる
   
    1.ノアの箱舟(これは室内)2.目隠し歩き 3.素足で歩こう 
       4.森の美術館 5.ごちそうは何処だ
   これらのゲームに新鮮な驚きを感じましたが、特にノアの箱舟が
       面白いと感じました

    公園には、蚊が多く、顔、足、腕を狙い撃ちに会う。
       虫除け・キンカン類や長袖・帽子
   は必携であると思った。
       半袖のみは、いかん!反省・・・「そなえよつねに」
   
    夕食後は、夜のゲームとして、自然界の生態系をゲーム化した
       「狐・兎・葉」ゲームは、複雑なルールながら、自然界の仕組みが
       よくわかるゲームであると思いました。
   明日の指導体験ゲームの打ち合わせで
       本日のスケジュールは終了。

    懇親会は、0時まで。就寝は1時30分。
   明日は、自然観察に間に合う様に起きれるかな!

    27日(日)は雨。眠い目を擦りながら、自然観察へ参加
       野鳥を初めて、じっと見た。
   鳴き声も聞いた。ザリガニが沢山いたな。

    講義後、雨のため室内で、指導体験ゲーム。
   当会では、私と川又さんが模擬指導ゲームを行う。

    「私は誰でしょう?」は、川又さん。私は「私の木」を
   先輩指導員の前で行なったので、あがってしまいました。
       でも、講評を、全員で行ってくれたので、自分では分かっている
   と思っている事も、色々な目で見て頂くと、
   今まで気が付かなかったことが見えてきてよかったな
   と思っています。
       でも、・・チョツト、恥ずかしいかな。

    ネイチャーゲームと自然への配慮でデスカション・・・
        ゲーム別に自然への影響を考え配慮する。

    13時解散。ちょうど24時間ネイチャーゲーム漬け
   友達も出来て出席してよかったと思っています。
      来年も出席しましょう! ステップ・アツプしてね・・・

00年まとめ