title
写真はそのまま見てもわかる大きさにしていますが
もう少し大きい画像を見たい方はクリックして下さい。
このページはWIDTH=650PIXELで作っています。


ヴィートゥレスク公式日本語パンフレット ←是非お読み下さい。

強い色彩!でも清潔で情緒的な内部



  内部に入って圧倒された。材料の使い方は豊富だし、部屋毎にイメージの
違いが明確で最初はやりすぎ感がこみ上げてきたのだが、次第に違和感が
消えてしまった。あまり多くは語りません。写真の説明だけにします。
説明文字のサイズは2で設定していますので、読みにくい時はツールバーの
表示(v)の文字のサイズ(x)で調整して下さい。写真は22枚です。


situ22
玄関。コートハンガーがシャープ。これはフィンランドのどの公共施設に行っても 必ずある。 25KB
situ01
仕事場(設計室) 奥にオレンジのタイル貼りの暖炉がある部分が休憩室風 になっている。窓は北側採光で湖が一望できる。天井が高く真っ白な部屋。 パンフレットページに当時の写真があります。 28KB
situ02
休憩室風の部分。テーブルが無いので談話室に使っていたと思う。ガラス ブロックの窓と燭台のデザインが面白い。照明器具はない。天井高さが押さえられていて落ち着いた 雰囲気がある。 30KB
situ03
彼等のT定規。家具も全てデザインしたようである。25KB

situ04
2階の談話室。1階と同じようなデザインをもってきている。 照明器具は壁のローソク型のブラケットだけ。木彫りの置物の形がフィンランドらしい。 35KB
situ05
自由曲線の居間。プラスターの天井に書かれた模様と暖炉の濃い群青色の窯変タイルの 取り合わせ。どことなくトルコ風にも見える。広い部屋にシーリングライトはひとつ。 40KB
situ06
左の対面。暖炉を押さえていた布が天井に。様々な青とオレンジの使い方やアクセント の付け方がきれいです。壁についているのはローソク立て。ステンドグラスが見える。 36KB

situ07
居間の隣室。ブルーの壁の調子だけ合わせて壁の上から丸太になる。 様々な青とオレンジに混ざって緑の扉発見! 33KB
situ08
食事コーナーが見える。暖炉の上や天井から下がるローソク立てが大振りになった のは部屋の大きさに合わせてということだと思う。 36KB
situ09
階段室の窓から。古いピアノと数珠繋ぎの家具デザイン。 31KB

situ10
中3階の階段室から。暖炉の上が見える。丸いプリズムガラスをステンドグラス 風に組み合わせた窓。26KB
situ11
やっと巡り合ったこのムード。外を歩いていてこういう内部空間だろうと想像していたから。  41KB
situ12
左の対面。2階が覗き込める。木部は全て白。壁はジュラク色。 29KB

situ13
中3階の寝室。小さ目の暖炉の大胆なデザイン。渋いグリーンにテーマが変わる。 サニタリーへはここからアプローチします。 31KB
situ14
サニタリー。壁は白いタイルと濃いグリーンのペンキ。床はなんでしょう? とにかく水の処理が大胆。 18KB
situ15
夫人の化粧コーナー。オレンジの格子ガラスの部分は小物入れ。サニタリーの一角ですよ! 22KB

situ16
ラウンジ。眠れぬ夜はここで酒を飲む。子供用のベッドも。壁が全て濃いグリーン。 天井が板に白いペンキ。 31KB
situ17
ラウンジ隣室。色んなしつらえで楽しめる。多人数で飲んだかも? 18KB
situ18
読書室?ラウンジの隣室。とてもシックです。 22KB

situ19
屋根裏(3階)の個室。隣に設計コーナーがあるので休憩に使っていたかも。 21KB
situ20
設計コーナー。寝室の近くにしつらえる意気込みがすごいですね。 30KB
situ21
7枚目と同じ所です。壁とドアの色が面白いので追加。 25KB

ここまで読んで下さった方ありがとうございます。ヴィートゥレスクはこれで終わりです。

NatureLand 9122 Top Menu  / Mail /  1st Page /  2nd Page