インデックスにもどる

じょに特別寄稿 オフレポ番外編
『なぜ白馬なのか』

 

◎まずはじめに

 これから書かれていることは紛れもなく真実の話です。俺が書いているからといって、面白おかしく書いてあるわけではありません。
 では、なぜわざわざこのような話をするのかというと、既に『第2回全国オフ』の開催を楽しみにしている方がいるからなのです。
 “オフは言い出しっぺが幹事”。この暗黙の了解の上で成り立つ、ねずみの会唯一の決まり事がある限り誰が幹事となってもおかしくないわけです。
 そこで、次の幹事になる方のためにも言っておかなければと思い、筆を執りました(勤務中に)。まあ、暇な方だけ読んでみて下さい。

1,幹事

 全国オフの話が本格的に動き出したのは、確か夏になるちょっと前の頃でした。当たり前ですが、当時はadamis会長と不特定多数がチャットなどで会話を交わす程度でそれほど進展しそうな話し合いは行われていませんでした。
 ところが、幹事を選出する話が突然湧き上がり、会長のツルの一声で各地域及びコミュニティから一名ずつ代表でということになりました。
関西からは当然adamis、北陸からはのぶちゃん、東北からはひろくん、関東は掲示板からあぱまんくん、MLからはけぇつぅ(告知HPの作成お疲れ様でしたm(_ _)m)。
 これで良いはずなのに、気づいたらなぜか俺も幹事。今思い出しても、なぜ俺が幹事になったのかよく思い出せません(^^;



2,日程

 これは、全国から参加してもらうという事が基本コンセプトだったので、場所がどこであろうと次の日に負担がかからないだろうということで最初から10月9,10日とadamisの中で決めていたようで、そのままでした。話し合いすらなかったね、日程に関しては。


3,開催場所

 これは、二転三転しました。
 ただし、最初からあった“中間地点”というコンセプトの上で話し合いは進みました。
 で、一番最初はどこが候補だったかというと、三重県の長島温泉。スパーランドという遊園地があるところです。名古屋や大阪からJRや近鉄でアクセスがよいことや、高速のインターも近いので幹事の中では既に決定したかのように話し合っていました。
 当時の予約担当はadamis。問い合わせた結果は「満室です」でした。
白紙に戻りました。あの時は10月開催は無理だと思いましたね。今だから言うけど。
 そこで、adamisが探してきたのが淡路島。名前は忘れたけど公共の施設。予約も大丈夫ということで、adamisから「淡路ではこんなことができる」などと聞かされました。でも、酒や夜遊びに関しては公共の施設ということで『節度を守って』という、到底ねずみたちには守れないだろうと思われる“壁”があるらしかったので、俺とけぇつぅは必至の抵抗をしました(笑)
#かいちょ、あの時は努力を無駄にして悪かったね。
 次に候補に挙がったのが伊豆の貸別荘。気候もよく、新幹線が停まる熱海から電車で1本ということで話にのぼりました。ただし、静岡出身の俺から見ても伊豆は素晴らしいところなんだけど、車がないと不
便なことは目に見えていたので、なかなか話が進まず(俺が進めないようにした?)、伊豆も消えました(笑)
 で、原点に戻って“中間”でということで信州が候補に挙がり、その中で俺が見つけてきたのが松本の浅間温泉。周辺を観光しながら、夜は温泉宿の宴会場で大宴会。交通費から何から何までの見積もり、一人当りいくらでできるかというところまで話は急速に詰まっていきました。
 しかし、時は7月中旬。当たり前のようにどこも満室。結局断念せざるを得ませんでした。
 交通費まで細かく調べたのに無駄にしたくない。
 次の日から、そんな俺とadamisの勝手な気持ちから意固地になって信州に固執して探し出しました。条件は1つ。10月9日に大人数で泊まれる所。それのみ。ありとあらゆる手を尽くしました。俺の勤務先の系列会社Y旅行本社の部長の人脈、友達が勤めているJTBが所有している団体枠の横取り作戦(これは失敗に終わりました)。
 で、結局見つけたところが今回泊まった貸別荘でした。
 決まったのは7月下旬、つまりadamis名義の告知ML及び各幹事名義の掲示板告知が始まった3日ぐらい前のことです。



こんな感じで第1回全国オフ開催にこぎつけたわけです。
第2回の幹事は誰がやるんでしょう?
頑張って下さいね(^^)