今は亡き愛しき人へ

天国に宛てたEメール



Last update 2002.08.15

〜終戦記念日〜









今は亡き、お父さんへ

 今年で、もう十七回忌を向かえましたね。

 あの世はどんな処なのですか。

 私の夢の中にも出てこれないほど、楽しい処なのでしょうか。

 当時は、息子達と共に喜んだり泣かされたりの年月でしたが

 今では、子供達も立派な家庭を築き、

 元気に暮らしておりますから、どうぞ安心してください。

 私は、孫達に囲まれて、今ある幸せに感謝しております。

 三、四十代の若々しい貴方しか思い出にない私・・・。

 六十代の男性に会うと「こんなになっているのかしら」と、

 ふと、不思議に思ったりする今日この頃です。

 「お願いしたい事があります」

 私もいずれ、貴方のお傍にゆく時が来ると思いますが、

 その時「おまえは、誰ですか、こんなお婆さんは知らないよ」

 とだけは、言わないで下さいね。

 その日まで、私は健康第一に、地域のコミュニティの方々と

 共に、夢を持って余生を楽しく暮らそうと思っています。

 どうぞ、こうした家族を見守って、そして待っていて下さい。


            森本 かずみ(59歳) 愛知県


      


Contents
心に残る珠玉のEメール   処世雑感(徒然なるままに)
天国との通信ボード(掲示板)   メール・マガジン(購読無料)


© 2002 shiva's Homepage, All Right Reserved.