春野町ってどこ?

  ◆四国の高知県高知市の、西隣の町です。

  ◆雄大な太平洋に面し、美しい仁淀川の河口に広がっています。

  ◆高知市内から、春野町まで、車で20分です。






春野町ってどんな町?

  ◆昭和31年に近隣の村や町が合併して、春野町が生まれました。

  ◆町の鳥はうぐいす、町の木は桜、町の花はあじさいです。

  ◆人口15000人の約30%が農業を営んでおり、日本のデンマークと呼ばれています。
    園芸や、ハウス栽培、養鰻(ウナギの養殖)が盛んです。野菜や果物が、めちゃくちゃおいしい!!



   トマト、メロン、キュウリ、ナス、ピーマン、スイカ、豆、米、カブ、新高梨、ちりめんじゃこ、ウナギなどが有名。

   春野のトマトは「どっちの料理ショー」でも何回か紹介され、すっかり有名に。 フルーツトマトは本当においしいよ!





春野町はこれが自慢!!

◆自慢1 なんといっても、「花を愛する町」!!

あじさい
春野町の用水路を彩るあじさい。「あじさい街道」に
は、2万本のあじさいが美しく咲き誇ります。

町文化ホール前で、11月に「菊の森」が開催され
ます。丹念に手入れされた造形美はみごと!
つつじ
春野総合運動公園では、4月下旬から13000本の
つつじがが、次々と咲き競います。
菜の花
春になると、役場の南、新川沿いに現れる菜の花畑。
行き交う人々の気持ちを明るくしてくれます。
シャクヤク
種間寺の南のシャクヤク園には、120種、5000
株のシャクヤクが咲き誇ります。
コスモス
種間寺の西の幼稚園前に、秋になると現れるコスモス
畑。子どもも大喜びです。


◆自慢2 運動面、文化面の、優れた施設!

 県立春野総合運動公園
 高知県1の規模を誇るスポーツ施設。  あらゆるスポーツの一流の設備がそろっています。 西武ライオンズのキャンプ地としても有名です。
 町文化ホールと図書館
 地下1階、地上3階の19億円の美しい建築物。450人収容の大ホールは実に立派!小ホールや会議室、図書館なども入っています。


  

◆自慢3 かおる文化と豊かな自然

 西畑人形
 明治12年ごろ創始。 「ひょっこりひょうたん島」などに見られる日本の人形劇は、ここが発祥の地。 日本の人形劇のルーツなのです。


 種間寺
 四国霊場34番。 弘法大師が開基したお寺。1300年前、聖徳太子が百済国から招いた仏工人が流れ着き、
 ここに刻んで残していった薬師如来座像は、国宝として国の重要文化財に指定されています。 今昔物語や十訓抄にも、種間寺の名前が出てきます。


 仁淀川
 広い河原はキャンプやバーベキュー、釣りなど、余暇を楽しむ人々でにぎわいます。
 河口の仁ノの浜はサーフィンのメッカで、ウォータースポーツが好きな人が集う場所です。


 愛すべき生き物たち
 ・天然記念物「ミカドアゲハ」蝶の生息指定地域です。
 ・希少植物「すなじまめ」の日本で唯一の産地です。 「はまぼう」の貴重な自生地でもあります。

  

 ・メダカの住むキレイな水を守ろうというメダカトラストが結成され、保護池でメダカが元気にスクスク育っています。
 ・ホタル保護条例を制定し、町ぐるみでホタルの保護に取り組んでいます。 春野の小川にはホタルがたくさん飛んでいます。