基 本 指 針
新世紀の幕開け、これは過去を振り返り、良きものを引き継ぎながら現状を見つめつつ新たな大きな夢を描かなければならない幕開けでもあると思います。地方の時代のこの時期こそ、それぞれの地区がそれぞれ特色を出して積極的にまちづくりを進めていくことが必要ではないでしょうか。
福井市では平成7年から6年間「うらがまちづくり事業」として43地区のまちづくりを推進支援する事業を行なってきました。
当地区でも、「歴史・文化再発見事業」と銘打って、先人たちの偉業を後世に伝え残していく事業を展開し、大きな成果をあげました。
今回はその精神を継承しながら発展的視野に立って、われわれ区民自らが、企画し実行していく新たなまちづくり事業が、「21世紀わがまち夢プラン」として、市の支援を受けながら市内全地区で平成13年度からスタートを切ることになりました。
当地区では昨年7月から委員会を発足させ、アンケートの実施や種々の討議を経ながら円山地区の21世紀への夢づくり計画に取り組みました。
アンケート結果や討議の中から見えてきたことは、人間関係が希薄になっている今日こそ、大人が手をつなぎ、円山はひとつという意識のもと、人のネットワーク・団体のネットワークを深め、共に考え共に行動し汗を流して、次世代を担う子ども達を地域で育んでいくことの大切さを認識しました。
そこで「 参画と協働 」を基本理念に地域社会全体で子ども達の健全育成を目指していく「コミュニティスクール」構想に挑戦することを目標に掲げた「21世紀のまちづくり夢プラン」を策定しました。区民の皆さん一人ひとりが、21世紀の夢づくり・人づくり・まちづくりの主役になって次世代にすばらしい円山地区を引き継いで行けるように活力と英知を結集してがんばりましょう。


基 本 理 念
区民の参画と協働によるまちづくり〜
   一、連帯と連携を強め未来を託す子どもたちの健全育成に努めます
   一、人と環境にやさしい心豊かな美しいまちづくりを進めます。
   一、歴史・文化遺産を大切に守り伝えていくまちづくりを進めます





目 的 小学校の施設の一部(教室等)を自主運営・管理して、土日を中心に大人・子どもが「共に遊び・学び合う」場所(コミュニティルーム)となるような活動を年間を通して企画する。
運営スタッフ  夢プラン役員、PTA、育成会、地区の有志など約30〜40名
対 象 幼児、小学生、中学生
日 時 基本的に毎週土曜日10:00〜12:00
講 師 地区の名人
募集方法 毎月小学校を通じてチラシを配り、参加者を募る


の詳細はここをクリック!

21世紀わがまち夢プラン円山地区委員会