蒲生小学校 昭和59年〜61年



59豪雪のなごり。グラウンドの雪はブルドーザーを入れなければ夏までとけないかも?

 

グラウンドに溝を付ける。

 

うしろのブナ林は芽吹き寸前(4月後半か5月はじめ)

 

ようやく木のまわりの雪がとけてきた。

 

3・4年複式の教室

 

当時めずらしかった、コンピュータを教室に持ち込んでいた。
(oki-if800とsharpX1D)

 

手前は3年生の授業、奥は4年生の授業

 

雪明かりが窓から入るので猛烈に明るい

 

図工は共通

 

 

 

 

 

 

蒲生の秋(1984年10月)

雪解けの頃
ジムニーは必需品

 

 

 

 

 

 

 

 

5月、ブナが芽吹いた。しかしこの雪。(これは2階の窓)

 

たんぼ(ふきのとう)

 

 

 

雪解け水

 

 

雪の中からおじぞうさんを救い出す

 

厳冬期、廃校になった中学校の体育館がつぶれた

 

はりを折る雪の重み。

この冬は最高積雪6m80cm。

(体育館は雪の中に没していた)