<<新しい歴史教科書をつくる会 山形県支部>>

新教科書読み比べ

韓国併合編


東京書籍

韓国と中国
韓国の植民地化

 日露戦争後、日本による韓国の植民地化の動きがいっそう強められました。韓国は1905年には外交権をうばわれ、1907年には皇帝が退位させられて、内政は韓国総督府ににぎられました。このため、韓国では民族的抵抗運動が広がり、日本によって解散させられた兵士たちは、農民とともに立ち上がりました。これは日本軍によって鎮圧されましたが、日本の支配に対する抵抗は、その後も続けられました。
 1910(明治43年)年、日本は韓国を併合し、朝鮮総督府を設置して、武力を背景とした植民地支配をおし進めました。
 学校では朝鮮史を教えることを禁じ、日本史や日本語を教えて、日本人に同化させる教育を行いました。また、土地制度の近代化を名目として行われた土地調査事業では、所有権が明確でないとして多くの朝鮮農民が土地を失いました。こうした人々は、小作人になったり、日本や満州へ移住することを余儀なくされたりしたうえ、さまざまな社会的、経済的差別を受けました。植民地支配は、そののち、1945(昭和20)年の日本の敗戦まで続きました。


大阪書籍

日本の朝鮮支配と中国の近代化
韓国併合と朝鮮の人々

日露戦争後、日本は朝鮮(韓国)の外交権をうばって韓国総督府をおき、次に朝鮮の内政権もにぎり、朝鮮の軍隊を解散させました。解散させられた兵士は、農民とともに各地で日本の支配に激しく抵抗し、初代韓国統監だった伊藤博文が、韓国の青年安重根に射殺される事件も起こりました。その後、日本は1910年、軍隊の力を背景に朝鮮を植民地にしました。これを韓国併合といいます。
 併合の後、朝鮮総督府がおかれて日本の軍人が総督となり、朝鮮全土に日本の軍隊や警察を配置して、抵抗運動をおさえました。学校では、日本語や日本の歴史を強制的に教えました。このように、朝鮮民族の習慣や文化を否定し、日本に同化させる政策を進めましたが、台湾と同様、朝鮮の人々には選挙権を認めませんでした。このころから日本人の朝鮮民族への優越感がいっそう強まり、いっぽう日本の支配に対する朝鮮の人々の抵抗もさらに続けられました。


教育出版

地図から消えた韓国
韓国併合

日露戦争に勝利した日本は、武力を背景に韓国を保護国とし、統監府を置いて韓国の外交権をうばった。やがて韓国の内政の実権をにぎり、軍隊も解散させた。解散させられた兵士たちは、農民とともに武器をとって日本と戦った。これを義兵という。1910年には、韓国を日本の植民地とした(韓国併合)。日本は朝鮮に総督府を置き、朝鮮を支配した。

日本統治下の朝鮮

日本は、朝鮮人を日本に同化させようとして、朝鮮人の学校で日本語を「国語」として強制し、朝鮮の歴史・地理よりも日本の歴史・地理を教え、朝鮮人から民族の自覚や誇りをうばおうとした。また、土地の調査を行い、そのなかで、多くの朝鮮人から土地をうばった。このため、生活に困った多くの朝鮮人が中国東北部や日本に移住したが、朝鮮人は賃金や社会生活のうえで、さまざまな差別を受けた。
 こうしたなかで、朝鮮人をけいべつし、差別するまちがった考えが、日本人の中にしだいに広まった。植民地支配のなかで、日本は、36年間にわたって朝鮮民族にいいつくせない苦しみを与えた。


日本書籍

日本が大陸侵略を進める
韓国併合

日露戦争後、日本は韓国に圧力を加えて外交権をうばい、韓国統監府という役所をおいて韓国の国内の政治も支配した。さらに、軍隊も解散させた。このような日本の侵略に対して、朝鮮の民衆は武器をもって各地で立ち上がり、義兵運動などをおこして、はげしく抵抗した。1909年には、朝鮮の独立運動家安重根が、初代韓国統監であった伊藤博文を、満州のハルピンで射殺した。日本は、日本に対する抵抗運動を軍隊の力でおさえた。そして、1910年、日本の軍隊が警戒するなか、韓国皇帝に国をおさめる権限を日本にゆずる条約に調印させ、韓国を日本の領土に併合した(韓国併合)。

植民地にされた朝鮮

日本は韓国を併合したのち、朝鮮総督府をおいた。天皇に直属する総督には日本の軍人が任命され、朝鮮の各地に軍隊をおいて支配した。総督府は土地の所有者の調査を進めたが、その結果、土地は進出した日本人や朝鮮の有力者のもとに集められていった。そのため、多くの農民が土地を失い、生活にこまった人々は、日本や満州などに移住するようになった。日本国内では、賃金や社会生活のうえで朝鮮人たちに対する差別が生まれ、朝鮮人を軽蔑する意識も強くなっていった。一方、併合に反対する朝鮮人の抵抗は、その後も根強くつづけられた。


日本文教出版

一等国への道
韓国併合

日露戦争後、日本は韓国を保護国とし、統監府をおいて、内政の実権をにぎり、韓国の軍隊を解散させた。韓国の人々は、日本の支配に抵抗して、各地で義兵闘争をくり返した。そうした中、安重根が、初代統監の伊藤博文を、満州のハルピンで暗殺した。日本は、反日抗争を軍隊と警察の力でおさえ、1910(明治43)年、韓国を日本の領土に併合し(韓国併合)、朝鮮とよんで、植民地として支配した。朝鮮の人々は、祖国を失い、同化を強制され、満州や日本への移住を余儀なくされた。


清水書院

アジアの中の近代日本
日本の植民地支配

 韓国に関しては、欧米の強国の支持をえたうえで1905年に保護国とした。外交権をうばい、統監をおいて内政の監督もはかった。これに対し、韓国民ははげしく抵抗し、愛国者安重根が初代統監伊藤博文を暗殺した。その翌年(1910年)、日本は韓国併合を強行した。  日本は朝鮮総督府をおき、台湾と似た統治をおこなったが、古い歴史をほこる朝鮮の人びとは抵抗をつづけ、1919年にはもとの皇帝の死去を機に独立運動を展開して、日本のきびしい弾圧をうけた(三・一独立運動)。のち、日中戦争がはじまったころ、総督府は日本語の使用や日本風の姓名への改名、神社への参拝を義務づけようとした。この日本への同化政策は朝鮮の文化や親族のむすびつきをこわすものであり、ハングルの改良など文化の面で民族の尊厳を守ろうと努力していた朝鮮の人びとは、深い憤りをたくわえることになった。


帝国書院

アジアの国々の動き
韓国併合

1905年、日本は韓国を保護国としたうえで、伊藤博文を韓国統監として派遣し、内政・外交とも日本の支配下におきました。韓国では人々のはげしい抵抗が全土に広がりましたが、日本は軍隊の力でおさえました。さらに1910(明治43)年、日本は韓国を併合して植民地とし、韓国総督府をおいて支配をはじめ、韓国の首都漢城(いまのソウル)を京城と改めさせました。

韓国・台湾での植民地政策

韓国の学校では、日本語や日本の歴史、地理が教えられるようになり、韓国の固有の歴史や文化を消すことが求められました。多くの農民が土地をうばわれ、小作人となるなど、きびしい生活を強いられました。


扶桑社

世界列強の仲間入りをした日本
韓国併合

日露戦争後,日本は韓国こ韓国統監府を置いて支配を強めていった。日本政府は,韓国の併合が、日本の安全と満州の権益を防衛するために必要であると考えた。イギリス、アメリカ、ロシアの3国は、朝鮮半島に影響力を拡大することをたがいに警戒しあっていたので、これに異議を唱えなかった。こうして1910(明治43)年、日本は韓国内の反対を、武力を背景におさえて併合を断行した(韓国併合)。  韓国の国内には,一部に併合を受け入れる声もあったが、民族の独立を失うことへのはげしい抵抗がおこり、その後も、独立回復の運動が根強く行われた。
 韓国併合のあと,日本は植民地にした朝鮮で鉄道・灌漑の施設を整えるなどの開発を行い、土地調査を開始した。しかし、この土地調査事業によって、それまでの耕作地から追われた農民も少なくなく、また、日本語教育など同化政策が進められたので、朝鮮の人々は日本への反感を強めた。


扶桑社(修正前)

世界列強の仲間入りをした日本
韓国併合

朝鮮半島は戦略的には重要だが、軍事的には不安定だった。イギリス、アメリカ、ロシアの三国はいずれも支配を狙っていたが、実際に統治を維持するのは困難であると考えていた。自己負担はさけたいが、他の2国のどちらかが統治するのは困るという地域に対し、統治者としての新興国・日本の登場は、三国にとっては好都合であった。
日露戦争後、日本は韓国に韓国統監府を置いて支配を強めていった。1910(明治43)年、日本は韓国内の反対を、武力を背景におさえて併合を断行した(韓国併合)。これは、東アジアを安定させる政策として欧米列強から支持されたものであった。韓国併合は、日本の安全と満州の権益を防衛するには必要であったが、経済的にも政治的にも、必ずしも利益をもたらさなかった。ただ、それが実行された当時としては、国際関係の原則にのっとり、合法的に行われた。しかし韓国の国内には、当然、併合に対する賛否両論があり、反対派の一部からはげしい抵抗も起こった。


◇韓国併合について考えるためのサイト紹介◇

●東アジアの歴史見据え、21世紀「共存」への鏡に(平成12年5月30日 読売新聞)
http://www.hirojo-u.ac.jp/kiji/haradakiji.htm

●はまおのページ
日本の近代史を再考する
◇韓国併合はなぜ起きたか◇
 1) 欧米列強の脅威と朝鮮の開国 (99.11.8)
 2) 日清戦争〜大韓帝国誕生 (99.11.11)
 3) 日露戦争から韓国の保護国化まで (99.11.17)
 4) 欧米の植民地政策との違い (99.11.25)
http://www03.u-page.so-net.ne.jp/ta2/hamamura/tame/kindaisi/rekisi04.htm

●国際派日本人養成講座
・国際交渉の常識
 日本の朝鮮統治の悪しき遺産?!
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h9/jog005.htm
・忘れられた国土開発
 日本統治下の朝鮮では30年で内地(日本)の生活水準に追いつく事を目標に、農村植林、水田開拓などの積極的な国土開発が図られた
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog056.html


戻る次へ