ソフトテニス格言集

ここでは、普段私が生徒に対して使っている言葉(自分は指導言と呼んでいる)です。その多くは先輩の先生方から学んだ言葉ですが、おそらく、多くの学校で言われていることでしょう。このコーナーは私が監督として成長する程充実していくはずです。

ソフトテニス格言

解説
長い玉は長く、短い玉は短く 長いボールは長く返球し、短いボールは短く返球すればミスが減る。その逆だと、ネットしたり、バックアウトしてしまうということ。また、プラス志向で考えると、相手の後衛のいるところへしっかり打ち込んで勝負しろと言うこと。後衛勝負から逃げないようにという意味もあるか。
サーブはトスで決まる サーブの善し悪しは8割がトスで決まる。トスをおろそかにせず、しっかりとあげることに集中すべしということ。
テニスは足ニス テニスを手ニスと勘違いしてはいけない。テニスは足ニスであり、まず足を使って、しっかりとよい打点で打てるところまで移動するところから始まる。それさえできれば、後は一本打ちの繰り返しである。
絞ったら絞られる よほどエースが取れるようなすばらしいボールなら別だが、一般的にクロスの短いところに絞ったボールは逆に絞り返されることが多い。それに対処できなければ相手のチャンスボールになってしまう。
センターセオリー ソフトテニスの戦術として、センターをねらうことが一般的である。ゲームの始まりが前後衛ともベースラインまで下がっているため、雁行陣になるまでにセンターをねらうことで相手の陣型を崩すことができるということ。センターへのボールは角度をつけにくいためサイドへのケアがあまり必要ない。センター付近を通 るボールをねらって前衛が勝負に出やすい。そのため、センターをねらうことが有効になる。後衛としては相手後衛との勝負を避けてサイド抜きばかりをねらうよりも、センターへのシュートボールを磨いておくことが大切であろう。
一本しめる! マッチポイントをとった時など、どうしてもあと一本をとってしまいたいときに気持ちをひきしめようというかけ声。テニスのポイントは一本一本の積み重ねであるが、とりわけ最後の詰めをあやまったために涙をのんだケースは少なくない。
一点あればばん回できる ソフトテニスは最後の1ポイントまで勝負が分からないものである。たとえ相手にマッチポイントをにぎられていても勝負は終わっていない以上逆転のチャンスはある。ゲームカウント0ー3の0ー3から逆転することも可能なのである。
ミスで点が動く テニスのポイントの多くはミスによって点が動くものである。だとすれば、いかに自分のミスを減らし相手のミスを増やすようにするかが勝負の分かれ目になる。すばらしいエースでポイントを取るよりも可能性が高い。
テニスは確率のスポーツである こういってしまうとつまらない気もするが、ある作戦を立てる時により確率の高い方を取ることは当たり前のことである。自分のサービスエースでポイントをとる確率と相手のレシーブミスでポイントを取る確率とどちらが高いかということでサーブの種類も変わってくるだろう。
ミスの犯人は一本前にある よくミスをした本人を責める場合があるが、実はその一本前のシュートボールが甘かったために前衛がねらわれたなど、そのミスの一本前に原因があることがある。表面 上のポイントの動きだけでゲームを把握するのではだめだということ。
相手の得意を封じて不得意を攻めよ いわれてみれば当たり前なのだが、相手の得意なコースを前衛が封じてくれれば後衛は闘いやすい。相手が得意技をくり出す前に不得意な部分を責めれば自然と勝つ確率はあがるわけである。
試合前に勝負は始まっている プレイボールのコールで試合が始まるが、その前にすでに勝負は始まっている。試合前の乱打はもちろん練習風景やなにげない会話、トス、試合間の体調管理、気持ちの高め方など、試合前にやるべきことはたくさんある。この中には監督同士の舌戦というのもある。
よい選手の前によい中学生であれ、よい中学生の前によい人間であれ 強い選手でも、中学生としてやるべき勉強や学校生活がおろそかになっていては、本末転倒である。さらに人間として成長するというスポーツ本来の目的から離れたところで勝利至上主義にかられることはソフトテニスのあり方からはずれている。
勝ちたいと強く思った方が勝つ 最後の一本まであきらめず、勝ちたいと強く思った方が最後には勝つ。あきらめた瞬間、勝負は終わる。
二人で一本 どんなに強いシュートボールがあっても、どんなに速いスマッシュが打てても、前後衛の動きががバラバラでは勝てない。二人で一本取るつもりで、後衛は前衛にポイントを決めさせてやるつもりで打つこと。決して自分一人でゲームをやらないこと。必ず二人で一本取るつもりで臨むこと。ペアを信頼すると言うこと。
サイドアウトは弱気 サイドアウトは前衛から逃げていることになる。そういう弱気な姿勢ではなく、バックアウトするくらいの強気の姿勢でのぞむべきだということ。ネットアウトは論外。
ファイナルは強気で ファイナルゲームになると守りにはいってしまい、まくられることがある。最後まで強気でせめ切った方がよいということ。
1眼2足3胆4力 読んで字のごとく、テニスで大事にすべきこと。テニスは足ニスとは良くいうが、ここには手という言葉が入っていない。手に頼らず、眼でつかんだ情報をいかして、ボールの位 置、相手の陣型などから足を使って打点をとり、気持ちをすえて、力を込めて打つ。
流れは引き寄せるもの ラッキーなこと、ツキが続くことがある。試合の流れは運を天に任せるのでなく、自分でツキを引き寄せ、流れを作るものである。後から振り返って、あのときの一本が流れを変えたという一本がある。その一本を意図的に打てるようになれば大したものである。それが無理ならば、どの時点で展開を変えるかとい判断力を身につけるべきである。
風を味方に 風下からはロブかショート、風上からは高い打点でシュートが有効。風上にいるときは相手の打球が短くなったり、戻されたりする。風下にいるときは相手の打球が予想以上に長くなったり、伸びてきたりするので注意。風向きをつかんで、上手に利用すべきである。
練習は試合のため  練習のための練習ではなく、すべての練習は試合のある場面を想定して行われる。当然気持ちも試合の緊張感をもって練習すべきだということ。そうしなければ、試合で緊張し過ぎて力が発揮できないことがある。
目標と目的は違う 試合に勝つことは目標であって目的ではない。ソフトテニスを通して、人間形成をしているのであって、勝利至上主義であってはならないということ。
うつむくな、上を向け! 弱気になってくると、うつむいてしまうが、顔を上げて、向かっていく気持ちを体で現わすことで、自分を奮い立たせるということ。