鬼面山〜箕輪山
(きめんやま)         (みのわさん)


やって来ました、ここは福島市南西部の旧国道115号線の土湯峠でした。
手前が福島市で、向こう側が猪苗代町だけど、峠の頂上にドライブイン土湯峠が
あるのが解りますか?今は閉鎖して潰れたかな!6月下旬でした。
.
無線中継所まで来て、その先が獣道しかないようだし、住宅地図と違うな〜!
鬼面山に登ってから、箕輪山に登る予定変更して、最初は箕輪山にしよう。
.
横向温泉スキー場だけど、まだ潰れてにゃい様子(笑)
.
この温泉に入るだけで子宝に恵まれる?
.
箕輪スキー場のホテルプルミエール。後方がこれから登る箕輪山で、皇太子夫婦
だったかが、スキーをやりに泊まったとか泊まらないとか!まぁ、スキーをやるんなら
誰が泊まろうがどうでも良いこと(^^;アッハッハァ〜    ここまで1時間丁度でし。
.
ここが横向登山口。登山者カードに初めてカキカキしてポストに入れる。
.
箕輪スキー場のリフトに平行してる登山道を登ると、このような現在地に出るけど、
頂上まではあと300メートルぐらいかな!
.
箕輪山の山頂に到着1時間半丁度。しかし霧雨と強風でなにも見えない〜うぅブルブルッ
余りにもサブイし体温を奪われるので、昼食休憩5分じゃ〜  ここで思った持ち物は、
手袋、雨具、帽子、ジャンパー、伸縮用ツエ(下り用)、タオル、チリ紙、弁当、水(余分に)、
地図、エンピツ、薬、デジカメ、ケイタイ(山は電波が届かないけど)、こんなところかな!
.
次に目指すのは画像中央の鬼面山。後方に吾妻小富士がチラッと見える。
手前の雪渓沿いに下るけど、どうやって降りるんじゃ〜  この画像では解らんけど
掴まるものが何もにゃいし、平らのように見える雪渓を下りて、ドボン〜とハマッタラ
3メートルもある雪の穴では、自力では上がれないじょ〜 (話は聞いていた)
僅か30メートル程下るのに15分ぐらいかかった!こういうのは今まで初体験(><)
.
これが鬼面山だけど、どうして鬼の面と言うのか、しばらく見ても解らんじょ〜
.
鬼面山の山頂に到着1時間20分。
.
降り返ると箕輪山。画像左側の白い雪渓沿いに下って来たのだけど、ここからは緩やかに
見える勾配だけど、実際はスゴイところで下る人は心してかからにゃいといけんどぉ〜
.
鬼面山からみた磐梯山は雄大じゃな〜!  去年登ったけど、裏磐梯から登って
4時間かかったにゃ〜   右側に見えるのは秋元湖かな、それとも小野川湖かな
.
わが町が眼下に見えるじょ〜    画像中央の島のように見えるのが信夫山で、
あのへんが自宅じゃ〜    と、言っても解らんじゃろ〜(笑)
.
野地温泉ホテルに到着1時間で下山。 画像左側の白い看板が野地温泉登山口で、
後方が登ってきた鬼面山でした。鬼面山に登るにはここから登れば楽チン楽チンよっと!
.
野地温泉の源湯かな?
.
続いて鷲倉温泉に到着。
.
ここから土湯峠湿原遊歩道があるので行ってみる。
.
花が咲き終わったミズバショウだけど、なんと葉っぱの大きいこと(^^;ビックリャ〜
木漏れ日がチラホラと入り、何と言っても水が良いことでひょう!!
.
橋げた落ちて錆びてる状態を見ると、しばらくは直してないから、減点1じゃ〜
遊歩道100選なんて、とても入らんじょ〜(笑)
.
左側が鬼面山で、右側が箕輪山で、中央が鷲倉温泉。土湯峠に戻ったのが野地温泉から
40分で、合計5時間40分の山行では、足がイタタにはまったくならず〜・・・