田柄川 たがらがわ
Tagara-gawa River
最終更新 04.5.5

石神井川の支流。自然河川の田柄川と多摩川の水を田柄川へ引くために掘られた田柄用水から成る。
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流

※写真はクリックすれば拡大。



地点、青梅街道に沿って流れてきた田無用水から田柄用水が分かれる。田無用水は遊歩道化され「やすらぎのこみち」「ふれあいのこみち」となっているが、田柄用水はコンクリート蓋水路が残っている。(00.3.11)
地点、田無の要衝北原交差点からも近い新青梅街道から。左手では武蔵境通りのバイパス工事が行われ現在は道路となっているが、そのすぐ脇に舗装された水路跡がある。(99.4.10)
地点、旧田無市と旧保谷市の境界近くから。再びコンクリート蓋水路となり、道路沿いから畑の中へと入っていく。(99.4.10)
地点、地面の低い部分は水路が盛り上がっており、人工の用水路らしさが良く出ている。(99.4.10)
地点、バス [吉63] 他が走る通りから。(99.4.10)
地点、富士街道から。ここで一旦コンクリート水路を見失うが、富士街道に沿って流れていたようだ。(99.4.10)
地点、保谷富士町交差点付近。この一角だけ水路が残っている。ここから先は富士街道の南側歩道下を暗渠で流れており、水路が残っているのは下記1カ所だけである。(99.4.10)
地点、練馬区石神井台のバス [吉61] 他の西村バス停そばにある保護樹林から。ここには田柄用水が以前の姿のまま保存されている貴重な部分がある。この水路は玉川上水の水を引くために1871年に設けられたものである*1。(99.4.10)

*1 現地の案内板による

1/2 次ページ 戻る