久保川 くぼがわ
Kubo-gawa River
最終更新 07.7.15

不老川の支流となる一級河川である。上流部は二又に分かれており、加佐志堀・三ツ木堀と呼ばれている*1
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流
※写真はクリックすれば拡大。

*1「不老川へようこそ」(http://furougawa.mods.jp/) による。


【加佐志堀】

地点、狭山市駅すぐ前。駅前ロータリーの外れにコンクリート蓋水路が見付かる。これがどうやら加佐志堀の上流らしい。(06.5.5)
地点から上流側と下流側。コンクリート蓋はすぐ取れ、立派な護岸を持つ川が姿を現した。(06.5.5)
地点、狭山市駅付近は宅地化が進んでいる。民家の庭先を流れる。(06.5.5)
地点、完全3面コンクリート張りだが、まあまあの雰囲気だ。土堤防ならもっと良い。(06.5.5)
地点、狭山台団地付近から上流側。かなりの急勾配。将来の拡張も考慮した広めの河川敷になっている。(06.5.5)
地点から上流側。この辺りまで来ると農地が目立つ。農道の私有の橋がところどころに掛かる。(06.5.5)
地点から下流側。この先で三ツ木堀が合流する。(06.5.5)
【三ツ木堀】

地点、加佐志堀の起点から大して離れていない西武線の近く。斜面から続いている水路がある。ただし水は流れていない。(06.5.5)
地点、線路沿い。鉄板で蓋をされている。(06.5.5)
地点、水路が顔を出す。水は流れておらず、溜まっている程度。(06.5.5)
地点、茶畑を木の護岸の水路が行く。いい感じだ。(06.5.5)
地点、県道東京狭山線付近から上流側と下流側。県道の部分は将来に備えて広げてある。(06.5.5)
地点から下流側。見事なコンクリート3面張り。これが土堤防だったら……。(06.5.5)
地点から上流側。わずかながら流れが出てくる。この下流で加佐志堀と合流する。こうしてみると、加佐志堀の方が本流のような感じがする。ここにもタイヤが釣られている。何のためのものだろう……。(06.5.5)
【久保川】

地点、草刈街道の柳橋から上流側と下流側。加佐志堀と三ツ木堀の合流点は残念ながら接近不能。(左:06.5.5 右:06.5.6)
89年撮影の加佐志堀と三ツ木堀の合流点。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/

地点、この辺りは農地が多い。V字護岸が不老川の上流を思わせる。(06.5.5)
地点、少年刑務所近くから下流側。右岸に合流口があるが、川は見当たらないので雨水管か何かだろう。(06.5.5)
地点から下流側。川越市へ入ると再び民家が多くなる。(06.5.5)
地点、関越道の下。(06.5.5)
地点、電源開発南川越変電所の隣から下流側。これよりしばらくの間、上部には送電線 (群馬幹線 (京北線併設) 154kV) が張られている。(06.5.5)
地点、中台橋から下流側。(06.5.5)
地点から上流側。この辺りは段差が多い。(06.5.5)
地点、県道川越所沢線から上流側。ここも将来の拡張に備えて川幅が広めに取ってある。(06.5.5)
地点、不老川が見えてきた。(06.5.5)
地点、河口。(07.6.23)

※不老川はこちら
以上。

1/1 戻る