砂川堀 すながわぼり
Sunagawa-bori Moat
最終更新 05.10.1

所沢市から三芳町を経てふじみ野市、富士見市へと至る都市下水路である。だが上流部は狭山丘陵北側の湿地であり自然河川と思われる。
取り扱い区間:全区間 掲載方向:上流→下流
※写真はクリックすれば拡大。



地点、狭山丘陵北側、早稲田大学所沢キャンパスに接した湿地にある源流部。早大ではB地区湿地*1と呼んでいるこの湿地も所沢キャンパスの用地であり、随分と手が加えられている。筆者が最初にここを訪れた時は護岸工事は行われておらず、左に見える道もなかった。今後も開発が行われるようだが、いかにして自然を守るかが重要な課題であろう。(05.5.3)

*1 早稲田大学 自然環境調査室だよりvol. 9「B地区湿地」(http://www.nature.waseda.ac.jp/weekly/weekly_vol_09.html) による。
地点、早大入口の三ヶ島橋から上流側。大学整備の再に護岸工事が行われたらしく、早くも都市河川の様相だ。(05.5.3)
地点、澱粉橋から上流側と下流側。もう一つの源流がある。これは早大構内から流れてくるようでこれ以上の接近は困難。(右) 下流側は自然な流路が残っている。(05.5.3)
地点、二つの源流が合流する。(05.5.3)
地点、不動橋から上流側。道路に沿った部分などは護岸工事されており、近くを流れる東川の上流部と似た感じだ。(05.5.3)

※東川はこちら
地点、国道436号バイパスの誓詞橋から下流側。波打ち鉄板の護岸で再び都市河川風になる。(05.5.3)
地点、県立所沢西高校前から上流側と下流側。上流側は土堤防のいい感じの流れだが、下流側は3面コンクリート張りの硬い表情となる。しかも河床がかなり深い。(05.5.3)
地点、所沢西高校の外れ。向こうに西武線の車庫が見える。付近は調整池となっており、普段は池の中央に設けられた狭い溝を流れる。(05.5.3)
地点、西武線との交差。ボックスカルバートで車庫の下を潜っている。この部分は二層式になっており、上層は地下道として使われている。増水時は地下道部分も水に浸かることから、降雨時は危険のため注意と書かれている。この周辺には踏切が1km近くないため、地元の人達にとっては重要な生活路である。(右) 地下道の出口付近から。二層式なのが良く分かるカット。向こうに川が見えている。その先は住宅地だが、春はしだれ桜で有名なところである。(05.5.3)
地点、国道463号の境橋から上流側。ここで流れは地下に設けられている砂川堀雨水幹線という直径3.75m*2の導水管へと入りしばらく地上から姿を消す。(05.5.3)

*2 現地の案内板による。
地点、旧流路には人工的な水路が設けられ、せせらぎ水路と呼ばれている。下水処理水ではなく地下水を利用*3しているのが珍しい。(05.5.3)

*3 現地の案内板による。
地点、から上流側。緑道はここまで。ここで直角に曲がり東へ向きを変え、地下に消えていた砂川堀も再び姿を現す。(05.5.3)
地点、県道の本橋から上流側。左右に梁のある見慣れた形態のコンクリート水路だが、河床は掘り下げられている。(05.5.3)
地点、新所沢駅近く。(05.4.30)
地点、これも新所沢駅近く。この付近は暗渠化されており、右側の歩道の下を流れている。(05.4.30)
地点、パイオニア所沢事業所前。この付近は県道川越所沢線に沿っている。近年までコンクリート蓋が残っていたが、現在は舗道になっている。(05.4.30)
地点、この辺りでは今もコンクリート蓋が残っていた。(05.4.30)
地点、県道から離れる。ごく普通の道路であり一見この下に川が流れているように思えない。(右) この道に点在する埼玉県マーク入りのマンホール (一般の下水道のマンホールは所沢市のマーク入り) が砂川堀であることを語っている。(05.4.30)
地点、向きを変えて別の道の下に入る。車止めがいかにも水路跡と言った感じだ。なお、この地点で所沢ニュータウンの排水が南側から合流しているようだ。(05.4.30)
地点、川が姿を現す。新所沢駅付近のコンクリート蓋水路とは打って変わって本格的な川だ。垂直護岸とV字護岸の中間的な角度の護岸が珍しい。(05.4.30)
地点、左岸に下富調整池という大きな調整池がある。(右) この辺りからところどころの河床にコンクリートの固まりが設置されており流れをせき止めている。小さな穴が開いておりわずかに流れるようになっている。大雨時の流量を調整するためのものなのだろう。(05.4.30)
84年撮影の所沢ニュータウン北側付近。地点や地点付近、それに所沢ニュータウンからの排水路はまだ暗渠化されていない。

air photo:「国土情報ウェブマッピングシステム」より引用
(c) 国土交通省 http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/


1/2 次ページ 戻る