谷川・林川・上林川 やつかわ・はやしかわ・かみはやしかわ
Yatsu-kawa River, Hayashi-kawa River, Kami-hayashi-kawa River
最終更新 07.7.15

このページでは不老川の支流となるいくつかの川をまとめて取り上げる。互いに接続されており一部は人工的に掘られた水路もある。これらの川の名称、区画については「不老川へようこそ」(http://furougawa.mods.jp/) および「不老川清流ルネッサンスII - 荒川水系不老川第二期水環境改善緊急行動計画」(http://www.pref.saitama.lg.jp/A08/BA03/douchi/rune2.htm) による。
取扱区間:全区間 掲載順:上流 → 下流
※写真はクリックすれば拡大。


【谷川】

地点、狭山丘陵の北側。斜面から湧き出た水が自然な流れを形成している。(06.5.3)
地点、斜面から降りてきた辺り。(06.5.3)
地点、早くも3面コンクリート張り水路になってしまう。水量も枯れそうなほどに少ない。(06.5.3)
地点、県道入間瑞穂線から上流側。(06.5.3)
地点、県道青梅所沢線から上流側と下流側。下流側はコンクリート蓋水路になる。(06.5.3)
地点、不老川大橋から南へ下った辺り。再び川が現れる。「きれいな不老川は私たちの手で」という看板が立っている。(06.5.3)
地点から下流側。コンクリート3面張りではあるが土手には草が生えておりいい感じだ。(06.5.3)
地点から上流側と下流側。ここで二手に分かれる。左へ分かれている方が谷川で、この部分は洪水対策として62〜63年に掛けて開削された*1。右は林川という。(06.5.3)

*1「不老川へようこそ」(http://furougawa.mods.jp/) による。
地点、不老川に合流する谷川。(06.5.3)
【林川】

地点から下流側。こちらはV字護岸の不老川本流に近い流路になっている。(06.5.3)
地点、国道436号バイパスから上流側と下流側。水の流れは余り勢いなく、河床にはコケが溜まっている状態で、夏は蚊が多そうだ。下流側は3面コンクリート張り垂直護岸の水路になる。(07.6.23)
地点、再び分岐がある。左へ分かれているのは上林川という。(07.6.23)
地点、上記分岐点を下流側から見る。水門が設けられており、時期によって流れる道が異なるようだ。この部分から下流側は暗渠になる。(06.5.4)
【上林川】

地点、林川から分岐した直後の上林川。素掘りの水路だが枯れてしまっている。(06.5.4)
地点、ここで上林川も暗渠になる。(06.5.4)

06.5.4

98.4.11
地点、以前はこの辺りはこんな水路があったのだが……区画整理により新しい民家が立ち並んでおり面影は全くない。
地点、ここも区画整理中。辛うじて流路跡が見付かった。(06.5.4)

06.5.4

07.5.4
地点と同じ区画を反対側から。昨年まで水路が残っていたのだが、完全に埋められてしまった。
地点、地形図によればこの辺りに川があるはずなのだが……ここも区画整理で変わり果ててしまっている。(06.5.4)
地点、県道川越入間線から。帯状の緑地が残っているが、これが上林川の流路跡だろうか……。(06.5.4)
地点、不老川に近付くと突然川が現れる。比較的最近に護岸が整備されているようだ。埋められた部分は区画整理で作られた新しい道路の下に導水管を設けて流れているのだろうか。(06.5.4)
地点、不老川との合流。(06.5.4)
【林川】

上林川との分岐点近くへ戻る。地点、暗渠化されているが、ところどころに水路が顔を出している部分がある。古い橋桁も残っている。(07.6.23)
地点、西武線を越えた辺り。樽井戸川が合流する。正面が樽井戸川、右斜め前の緑道から合流しているのが林川である。樽井戸川の方が本流のように見えるが、これより下流の名称は林川となっている。(06.5.3)

※樽井戸川はこちら
地点、上記のすぐ下流。道路下から川が現れる。水質は悪く悪臭を放っている。(06.5.3)
地点、県道川越入間線から上流側と下流側。下流側は暗渠化されている。(06.5.3)
地点、不老川との合流。右岸に開いているのが下水道みたいなのが河口。上記ではそれなりの規模の流路だが、増水時はこんな小さな排水口で捌き切れるのだろうか。(06.5.3)

※不老川はこちら
以上。

1/1 戻る