ボーズのウキ


 買うとなるととかく高くつくウキ。だったら作ってしまおう。とボーズが作り始めたものですが、やって見ると意外と簡単に作れてしまう。なんてったって材料がずいぶん丁寧に揃っている。見た目・仕上がりはともかく性能は充分なものが作れます。なんてったって、1本買う値段で3本は作れてしまうのがうれしい。作るようになってから、オモリごとのウキが用意できやっぱり重宝してます。



ウキの素材

釣り具店に行くとずいぶんいろいろな素材のものがあり、それぞれに特徴があって迷ってしまうところなのですが、まずは加工の簡単なものから選ぶのが作りやすいとおもいます。それから、考慮するとバルサか発砲スチロールが良いと思います。私は発砲スチロールをよく使っています。なんと言っても、紙ヤスリで簡単に作れてしまうので。ウキの素材の違いによるアタリの出方の違いはありますが、好みと慣れの問題かなとも思います。要は自分の好きな素材を使ったら良いと思います。ちなみに発砲スチロールはピョコピョコと動きすぎるのですが、アタリはシャープに出ます。波が強い時や初心者にもわかりやすいと思います。が、浮力が強いため、食い渋っているときなど魚に違和感を与えるとも言われます。もう一つ私の作るウキにカヤがありますが、これは魚に違和感を与える事もなく、小さなアタリもよく拾ってくれますが、自重がないため向かい風のときなどは仕掛が全く飛ばず、使い物になりません。がグレのヌカ切りなどでは威力を発揮します。その他キリのウキは浮力が小さいためアタリはでにくいのですが一度動き出すと引かれた以上にズボリと入ります。ですので、ゼロウキなどを使う際はいかに水面下の仕掛を伸ばしてアタリを出やすくしてやるかがポイントとなるようです。


ウキの形状

ウキの形も色々あって、どのような形にしたら良いものか迷うところですが、一般的にはいわゆる遠矢ウキが感度は最良と言われていますが、逆に反発力が少ないため、波にもまれていったんウキが水面下に潜ってしうとなかなか戻ってこない欠点もあります。アタリに関していえば、ソフトなアタリになりますので、波の荒いときなど波なのかアタリなのかが判然としないことがよくあります。また、意外に小さなアタリがとらえにくかったりします。逆に遠矢ウキを逆さにしたようなタイプのウキはアタリがシャープになるため小さなアタリも捕らえやすくなります。欠点としては、当然魚の食べるときの浮力抵抗は強くなりますので、食い渋っているときなどは向かないと思います。
 素材との組み合わせによっては、とんでもないものが出来上がってしまうことがあるので、市販のウキのマネをすることから始めると間違いないと思います。ちなみにボーズは発砲素材で遠矢型のウキを作って見ましたが、感度は最高で食い渋りにも強いし小さいアタリも捕らえやすいものになりましたが、波気が少しでもあると使用不可と言う失敗作を作りました。


喫水線とオモリ

当然水の上に出ている部分が少ない程感度は上がるし、プロ並みの腕を持つ人には水面下何センチかでウキをなじませる人もいるようですが、波の様子を差し引きながらアタリを取らないといけませんからシロウトがこれをやると気が狂います。また、トップをつけるなら、ムクトップや水入りトップなど重いものほど感度は上がりますが、波気にも弱くなります。その分トップを長くしていくという手もありますが。逆に発砲ウキなどで素材をそのままでトップの部分も作る場合には浮力を殺すため削ります。とにかくウキが波で潜らない程度にしておかないと大変見にくいウキになります。逆に言うと、見やすいのは沢山トップが出でいるウキでアタリはシャープになり、感度がいいのはなるべく沈んでいるウキでアタリはソフトなアタリになりますので、好みのサジ加減でオモリ等を入れて調整します。ただし、注意したいのはあまりギリギリに喫水線を持ってくると余剰浮力がなくなるため食いはよくなるでしょうが、逆に小さなアタリはとらえづらくなります。もっとも大きな魚のアタリは大きいのでこんなウキが流行っているようですが。この辺になると好みの問題もあるかと思いますので、ボーズはどちらかというとエサ取りにエサ取られたのがわかんないとイヤな方なので。


実際のウキ作り