ひか・る 【光る】

(動ラ五[四])
(1)それ自体が光を放ったり、他からの光を反射したりして輝く。「星が―・る」「雨にぬれて―・る舗道」
(2)光沢がある。「つやつやと―・る毛並み」「しりの―・ったズボン」
(3)容姿・才能・人物などが、すぐれていて目立つ。「彼の作品が断然―・っている」
(4)(「目がひかる」の形で)監視する。「親の目が―・っている」
(5)光を受けて美しくはえる。「あしひきの山下―・るもみち葉の/万葉 3700」
(6)容貌などが美しくてまばゆいほどである。「今は又、その世にもねびまさりて、―・るとはこれをいふべきにや/源氏(若菜上)」
(7)威光を示す。特に、金銭の威光がある。「―・る旦那をこころ当て/人情本・辰巳園(後)」
うな・る 【唸る】

(動ラ五[四])〔擬声語「う」に「鳴る」が付いてできた語〕
(1)獣が威嚇するような、低い声を発する。「犬が―・る」
(2)人が苦しくて、言葉にならない低い声を出す。うめく。「病人が―・る」「試験問題がむずかしくて―・る」
(3)立派さや豪華さに感嘆の声を発する。「大向こうを―・らせる名演技」「あまりの豪華さに―・ってしまった」
(4)(浪曲などを)力を入れて語る。「一節(ひとふし)―・る」
(5)にぶく低い音が長く尾を引くように鳴る。「モーターが―・り始める」「風で電線が―・る」
(6)たまった力や勢いが外にあふれ出そうになる。「腕が―・る」「金庫には金が―・っている」
(7)びっくりするほど豪勢にする。「今時の大臣―・つた事もせぬ/浮世草子・禁短気」
かがや・く 【輝く・耀く・赫く】

(動カ五[四])〔近世初期まで「かかやく」〕
(1)それ自体が強い光を出したり、他から強い光を受けたりして、まぶしい光をはなつ。「ギラギラ―・く真夏の太陽」「ロビーにはシャンデリアが―・いている」「夕日に―・く海」
(2)生き生きとした様子・態度をみなぎらせる。「生徒たちの目は―・いていた」「彼女の顔は喜びに―・いた」
(3)名誉・名声などを得て光っているようにみえる。「優勝の栄誉に―・く」「通産大臣賞に―・く発明」
(4)強い光のため目がちかちかする。「目も―・き惑ひ給ふ/源氏(鈴虫)」
(5)恥ずかしがる。てれる。「女、扇を以て顔にさしかくして―・くを/今昔 27」
さけ・ぶ 【叫ぶ】

(動バ五[四])
(1)大きな声を出す。また、大きな声で言う。「是のせて行け、具して行け、とをめき―べど/平家 3」「『助けて』と―・ぶ」
(2)強く世間に訴える。主張する。「獄中から無実を―・び続ける」
[可能] さけべる

大辞林第二版より