親子で遊ぶ

Update-02/08/20


02年8月20日 記

バトルロード・サマーにも優勝でき、日本一決定戦に参加できたわけですが、そこで思ったことを書いておきます。

予選のデッキは、サポーターカードを多少変えただけでほとんど同じ。決勝のデッキもレギュレーションを合わせただけで変えませんでした。本人にどうするか尋ねたら、このままで行くとの事。もちろん、紘輝が沢山の種類のデッキを見せているわけですし(ハッサム、ヤドラン、フーディン・ドククラゲ、ゲンガーその他)、ワタッコやメガニウムなどの水抵抗も出てくるぞ!と言いましたが、それでも水悪で戦うとの事でした。それはそれで、麻実の判断なので尊重することにしました。

運良く、今回の本命ハッサムデッキとは当たらず、淡々と勝ちつづけていきます。ただただ、呆れるばかり。思えば、小学1年からずっとやっている訳ですから、経験だけはおそらくどの子供よりも長いはず。でも、これも日記を見ればわかりますが、イベントへいけばいつもゲーム体験コーナーにへばりついており、とても真剣にカードゲームをしているとは思えません。何故勝てるのでしょう?

それは、やはり親の力と思います。サポーターカードを自由に選べ、強い相手と練習できる環境が用意できれば、やる気さえあれば子供の吸収力でどんどん強くなります。大人もイベントに参加できるようになり、他の子供たちと対戦して一番聞こえてくるのは、「いいカード持ってるなぁ。そんなんあたらへん」とか「うちのお父さん、相手してくれへんしカードも買うてくれへん」という声(「そうかぁ」と言いながら2枚目のオーキドはかせの研究を使う(鬼))。財力と練習の密度、TCGに重要な要素と思います。

今の予選のルールであれば、親が介入すればするほど勝てる可能性は大きくなると思います。30枚という枚数は扱いやすく、戦い方もシンプルで覚えやすいです。あとは必要なカードを集められるかどうかだけ。さらに、ネットを使っての情報収集やオフ会などで腕を磨くなど、様々な方法があると思います。カードを買い与えて、ポケセンのイベントに連れて行くだけで、優勝するのですから。あ、紘輝の協力は大きいと思います。これは後からお金では手に入りません(^^;

夏の大会に勝ってから、日本一決定戦まで2週間たらず。当然私は単身赴任先に戻ります。はてさて、困ったと思いながらも、万が一があるので母と麻実のパスポートだけは手配しておく。ぎりぎりの日程らしい。4日に勝って7日からは東京旅行が13日まで、15、16日とキャンプ。練習なんてするわけもないし、デッキを変える筈もない。ポケカのポの字もなく本番に突入、結果は2勝6敗。インターネット上には、各地区の優勝者の使用デッキのコメントがあったりして、対策を立てることは簡単だけど、ここまで勝ち続けたデッキを小学生が手放すはずも無く、もとのまま突入しました。最初2連敗したときは、へなへなだったけどその後は楽しんでいたみたい。初めて勝てたときにはいつもの笑顔で振り向いてくれたのでOKかなっと。来年までジュニアリーグなので、次回期待ということで、今年は終わり。

というわけで、「カードを買ってあげる」「一緒に遊ぶ」「イベントに連れて行く」ことが最低条件。子供たちに興味と能力があれば勝手に強くなるし(紘輝)、強い相手と練習して運があれば勝てるみたいです(麻実)。ちゃんちゃん


02年4月7日 記

バトルロード・スプリングに出場したときの麻実使用のデッキに関するコメントです。こんなことを意識しながらデッキを作成しています。

カード予選決勝
ヤナギのニューラ
ヤナギのイノムー
ゼニガメ(50)
セニガメ(40) 
カメール(web)
カメックス(e1)
  小計15
オーキドはかせの研究
モノマネむすめ
ワープポイント
きずぐすり
モーモーミルク
ウツギはかせ 
ウツギはかせの育て方 
マサキのメンテナンス 
ちからのかけら 
おうごんのみ(殿堂) 
突風(殿堂) 
  小計25
水エネルギー1016
悪エネルギー
  小計1220

つまらない話しですが、こんなことも考えてます。