■Diary■





1999/11/17〜1/7
2000/1/16/〜2/4
2000/4/28〜
2000/9/5〜
2001/8/30、10/3
2002/6/1〜9
2002/9/6〜10/16
2003年    五月 六月





- 2003/06/22(Sun)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#22

◆下見

来週草津へ行くとき名古屋駅で乗り換えをしなければいけないわけなのだがそのとき円滑に乗り換えできるようにということで大曽根から千種行きの切符を買って名駅へ。4番乗り場で降りて6番乗り場へ。確認終了したらそこから千種へ戻り吉野屋で牛丼を食べる。んでもて大曽根へ戻る。また草津行きの乗車券は窓口でしか変えないことを確認した。当日は自販機ではなく窓口で切符を購入することになる。JRは普段使わないのでちょっとわくわくしてしまうかも。



- 2003/06/21(Sat)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#21

◆破局

「けんかした方が仲がいい」という。姉とクレヨンしんちゃんのビデオを見ていてさらにそう強く思った。あれは家族愛を意識される映画だ。やはり双方向のやりとりがないとダメだと思う。


◆夏至と冬至

ラジオで明日は夏至だと言っていた。それでふと思ったのだが夏至の日は世界中北半球は夏至、南半球は冬至なのだろうか、と。…そのままラジオを聞いていたらその通りだということが判明。あっさり。


◆突発イベント

用があって栄にでていたのだが…16:35、帰りのバスにのろうとした直前韮レバくんからメールが入った。「とらのあなに行く韮。多分捕獲可能」…とらのあな?そこって名駅だったっけ?それとも栄だったっけ…?ちょっとした可能性を頭の片隅で考えながら確認メール飛ばしつつバス乗車。返信「ひさや大通り、ま、目と鼻の先」…バスにはもう乗ったが「まぁ会おうや」ということでプチオフ開催。栄でのって次のバス停栄北で降りるわたくし。彼と合流した後河合楽器店がすぐそこだったので入る。ピアノやるならバイエルよりハノンがいいと言われるがバイエルよりハノンの方がきついらしい。…ぉぃ。ギロックは現代音楽に近いだのいろいろ教えてもらったり水の戯れがいかにきつい曲かなどをおしえてもらった。終始バックで子犬のワルツが流れていた(弾いてる人がいた)のだが「ミスらんかな」などと不謹慎なことをのたまっていた。「ピアノ弾くようになったらおまえもそう考えるようになるってー」とのことらしい。次に韮くんにまんだらけにつれて行かれる。…実はまんだらけに行くのは初めてであった。初まんだらけ略してはつまん。一生まんだらけやとらのあななどの場所は知らずに生きていくだろうと思っていたのに…。目の前の濃いモノどもを前にかなり辟易しているこちらをよそに店内をくまなく見ながら(特にテレカを凝視)お店をどんどん上っていく韮くん。いったいこの店は何回まであるんだとおもたところでようやく階段がなくなりようやくしまいかと思ったのだが…なんとここ7階より上に8階と9階があるらしい。で8階と9階はエレベーターでないといけないらしい。しかも両階は18金同人を扱っているらしい。魅惑のワンダーランドまんだらけ。世の中にはまだまだ知らないことがいっぱいだと思った。さらにその後とらのあなにまでつれて行かれるも時間がすでに19時に。おまけに眼球上転に苦しめられる。韮くんは目的の物が得られず不服そうだったがそれでもカタログ予約して一緒に食事へ。だいぶ歩いて吉野屋へ。二人で並盛りねぎだくを頼み割り箸を割ろうとした。…パキッ…韮「あずまんがか」ブッ。同じことを考えていたらしい。(韮くんは結局収穫は割り箸だけだったとか言っていた)その後「萌え上がれ萌え上がれあゆあゆー」などで盛り上がる。韮くんなどなぜかコップ二杯を使用しつつお茶のお代わりをして話し込んでいたのだが、お茶のお代わりもしてもらえなくなりそろそろ帰るかという頃になって「もっかいお茶たのんでみようか」といい出す韮くん。「韮くんチャレンジャーだね。」で韮くんがお茶を頼んだのだがどうなるかと思ったらあいにくおいらの方にはお茶はつがれなかった。飲みたければ自分で言えと言うことか。その後また話し込みさて今度こそ帰るかと思ったらまたさらに「ここでみそ汁頼むか?」「どこまでもチャレンジャーだよね。」「冗談、こんなんまだまだだて、こっちは三時間よ?」とのこと。彼は吉野屋に三時間居続けて湯飲みが24杯たまったらしい。新記録。吉野屋から出ると彼と別れて帰宅したのであった。



- 2003/06/20(Fri)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#20

◆ゲーム

最近はゲームに対する意欲が減退し新しい作品をやろうという気は起きない。それは最近のゲームが面白いとは思えないからなのだがその理由はなんなのだろうか。実際に良作と呼ばれるものが減ってしまったのだろうか。それとも僕自身が成長してしまったということなのだろうか…。どちらかは分からないがその両方であるような気がする。


◆モンスター

ふと思い立ってMONSTERを開いた。するとテンマの台詞「たくさん勉強するんだ。いつかその夢は叶う」…やはり勉強が出来ることと経済的に豊かなことは比例するのだなとふと思った。


◆ミッキー

市バスの腹にカタカナで「ミッキー」と書いてある。あれはいったい何なのか。気になって検索してみた。…バスの愛称だったんかい。



- 2003/06/19(Thu)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#19

◆ピアノ

今日はピアノのレッスン日でした。前回は顔見せという感じだったので都合最初のレッスンだったのですが………こってり絞られました…。「音の響き」というものについて分かるようにならなければいけないようです…。猿が鍵盤をたたいたときとピアニストが鍵盤をたたいたときでは全く違う音が鳴るそうなんです。その違いがまず分からなければいけないと。茨の道です。何とかがんばりたいと思います…。


◆スペース

文章を書いている途中で「?」を使うことはしばしばあるのだが、?の直後にそのまま文章をつなげた場合とその後にスペースを挟んだ場合とでは少々分から受ける印象が異なる。たとえばこうだ。「なぜか?それについては…」、「なぜか? それについては…」前者は?のあとがすぐに続いている感じがするのに対し後者は?の後に少しためがあるように感じ、文章から緩急のついた「間」のようなものを感じる。これがあるとないでは文章から受けるイメージが大きく変わる。そのため僕は?マークのあとにはスペースを挟むことにしている。


◆トルネコ2

この前本屋に行ったときにトルネコ2(PS)の攻略本を買った。読んでいたらやりたくなったので近所のゲームショップを回って何とか見つけだし3000円払って買ったのだが…トルネコ2ではSFC版と違いゲーム中にいつでも中断できない。中断の巻物というアイテムがあり、それを使うかセーブポイントまで行かないとセーブが出来ないようになっている。ここまでならいいのだが…なんとゲーム中のもっと不思議のダンジョンにはセーブポイントがでてこないと言うのだ。よってゲームを中断するには中断の巻物を使うしかないのだが、中断の巻物はアイテムとしてはじめに一つだけ持っており、途中で現れることはないらしいのだ。つまりもっと不思議のダンジョンでは一回しかセーブが出来ないことになる。……これってゲームとしてどうなのだろうか。PSはROMではないのでオートセーブが出来ない。そこでやり直しを防止するためにセーブ後にリセットした場合データが見破られるようになっておりやり直しが利かないようになっているらしいのだがそれならなぜいつでもセーブできるようにしないのか。オートセーブ、いつでもセーブできることが不思議のダンジョンシリーズの魅力であると思う僕からすれば中断の巻物というシステムは大いに不満だ。


◆紅烏龍

紅烏龍という烏龍茶がある。これが最近のお気に入りである。というのもその味はともかくとして赤い缶のデザインがお気に入りなんである。そこで2l入りペットボトルと500ml入りの缶を買ってきて缶に移して飲むということを繰り返そうなどと目論んでいたりする。


◆夢日記

昨日は唐突に夢日記が消えたが実は昨日は夢を見なかったのでメモを取らず、それで忘れていたんである。今日はまたサンジがでてきたりマリオがでてきたりと変な夢を見たが夢日記は特に面白くもないので以後つけないことにする。


◆舞

ネットを巡回していたら舞についてのレビューで次のような文章に出会った

> テレビにでさせられて行き場がない状況に、小学校の頃いじめられて学校のどこにも行き場がなかった自分を投影してました。

言われてなぜ自分が舞シナリオに深く感銘を受けたのかようやく気づいた。舞シナリオが好きという人はこういう人が多いのかもしれない。



- 2003/06/18(Wed)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#18

◆ラヂオの時間

今日は姉が昼に帰ってきたので一緒にケーキを食べながら映画を見た。タイトルは「ラヂオの時間」。この映画は実は密かに5年ぐらい前から見よう見ようと思って見る機会がなかったドラマだったりして。唐沢寿彰の冷め具合が共感を生み、その熱さがまたここちよかった。


◆柿の種

柿の種を食べていてふと思ったこと。「柿の種ってホントの柿の種からとれるから数がとれなくて大変なんだぞ〜」というせりふに対して「えぇっそうなんだ〜」と信じ込むキャラ(というか日和)を連想してしまった。萌え病かもしれない。



- 2003/06/17(Tue)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#17

◆夢日記

夢日記第十四日目。今日はよく夢を覚えていない。確か家康に無茶な要求をされる前田家だったような。史実?


◆ピアノ

今日も44番から始まってつらつらと51番まで。その後52、53番と挿入曲の練習を少々。今日はあまり熱心に練習はせず(とは言っても二時間ほどしたが)。…今から練習してどれだけ上手くなれるだろうか…ということが気にかかる…一年後にはどれくらい上手くなっているだろうか…。


◆インク

譜面の印刷をしていたらプリンターインクが切れたのでプリンターのインクを買いに。近所のダイエーには売っていなかったのでちょっと遠出してヤマダデンキまで。



- 2003/06/16(Mon)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#16

◆夢日記

夢日記第十四日目。なんともう二週間も夢を見続けているのか。夜夢を見るというのは何か意味があるのだろうか?…今日の夢は三部構成、一つ目はパソコンで文章書いてる夢でした。二つ目はRPGツクールで壮大なストーリーのゲームを作る夢。三つ目は海(?)で泳ぐ夢でした。パソコンで文章書いてる夢はかなり不思議な感覚だった。夢の中でさらに夢を見ながら文章を打っていたような気が。


◆レジ袋忘れない

今日はちゃんとレジ袋持参しました。お買い物袋ポイントカードゲット。ポイントがたまると100円分の金券に早変わり。スタンプ貯めよう。


◆ピアノ

気分的な問題で今日はあまりピアノの練習はしませんでした。その代わり(?)ピアノ系のサイト巡回してました。いずれ弾いてみたいものですなぁ…。



- 2003/06/15(Sun)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#15

◆夢日記

夢日記第十三日目。(ソフト)テニスの夢。へたれな後輩たちにツイストサーブを教える夢でした。いえ、実は僕ツイストサーブ打てるんです。…ファーストサーブじゃないですけれども…。


◆剪定

今日も朝から剪定屋さんがやってきて犬がばうわう吠えてくれました。が、今日は起きず。そのまま睡眠続行。なんでも今日で剪定は終了とのこと。明日からはまた安眠が約束される模様。ちょっとこどものおもちゃのにわとり話を思い出してしまうような気も。


◆レジ袋忘れ隊再び

今日こそはと思っていたのですがあっさり忘れました。…明日こそは…。


僕は人生において後で後悔することのないように毎日を精一杯生きたいと思っている。しかしそれは得てして失敗や後悔を正当化する道具となってしまうこともあり得るのではないかと思う。つまりどういうことかといえば何か失敗をしたとしても、それは精一杯がんばった上での失敗であり仕方のないことなので悔やむことはないという論法は反省を生まない危険をはらむということだ。僕にはこの視点が欠けていたのではないかとふと思った。



- 2003/06/14(Sat)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#14

◆夢日記

夢日記第十二日目。高原にハイキング(?)に行く夢でその場で現像もできるでかい高性能デジカメ(というか箱)を持って犬とか取って足り車から荷物を持ち出しすぎてリュックに腕が通らなかったりハプニングもあるでよ〜という感じ。なんだかな。


◆車の電波は100万通り

よく車のドアロックキーで電波を飛ばして鍵を開け閉めするものがあるがあれは間違って隣の車の鍵が開いたりしないのだろうかと思ったことはないだろうか。どういう理屈で鍵が開くかというと、ある100種の電波から一つ、別の100種の電波から一つ、また別の100種から一つ合計三種の電波を飛ばしてそれが三つとも合うと鍵が開閉されるというのだ。都合100万通りの組み合わせがあることになるわけで偶然隣の車の鍵が空くというのは100万に一つの可能性でしか開かないというわけだ。なかなか上手くできている。


◆ピアノ

今日も剪定屋さんが早朝からやってきて犬がばうわうほえてくれたおかげで強制早起き。昨日はそれでもがんばって寝ていたのだが今日はピアノを弾くという目的があったのでがんばって起きてピアノの練習。バイエル下巻の44番から始まって45番の後46番を重点的に練習していました。というのも46番はきちんとした曲になっているので弾いていて楽しくしかも難しかったのでついつい熱心に練習してしまったのでした。後から父にある程度出来るようになったらどんどん先に進んでみたらといわれて先を弾いてみて分かったのだけれど46番は順番的に前後を考えると妙に難しかったらしく躓いていたのも当然だった模様。でも46番はちょっと気に入ってしまったので明日もがんばって弾こうと思う。


◆レジ袋忘れ隊

僕と父は毎日夜八時半頃、夕食を食べ終わってからダイエーにヴァンホーテンのココアや牛乳、プリン、お菓子などを買いに行くのが最近の日課である。するとレジ付近で「レジ袋なし運動実施中♪」のような音楽がかかっているんである。にもかかわらず我々は今のところレジ袋を持参したことはない。行くたびに「しまったまた忘れた」と思うのだが明日こそは持っていこうと思う。


◆とっておきのクラシック

それで今日もダイエーに行ったのだが今日は父の都合でCDショップに寄った。そのときに僕はクラシックの棚を見に行ったのだがそこで「とっておきのクラシック全10タイトル特別価格各¥1000(税抜)」なるものがでかく取り上げられていたのを発見。思わず買ってもらってしまった。今視聴中であるのだがワルツ第7番や革命、幻想即興曲(いずれもショパン)といった韮くんに弾いてもらったことのある曲が入っていてそれもまた感動。買ってよかった。



- 2003/06/13(Fri)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#13

◆夢日記

夢日記第十一日目。最初はスキーの夢。混雑した斜面をあがると旅館があるというよく分からない夢。その次はパプワくんと戦国時代村な夢。要所を攻めたり別シナリオを見たりとなんか鳥瞰的な(?)夢だった。


先日、魔法の笛と銀のすずのしのぶさんが今の僕とよく似た状態だという話はすでに書いた。それであまりに今の心の内面的な部分を上手く描写してあったものだから感動してそのときにメールを出してしまった。そのメールが今手元に帰ってきたのだが、果たしてその返事を書くべきかどうかで悩んでいる。実は以前にもしのぶさんにメールを出したことはあって、そのときは迷惑にもあまりに好き勝手にいろいろなことを書きすぎてしのぶさんに迷惑をかけてしまったことを今では恥じていて、それでまたいらないことを書いてしまうのではないかという不安が一つあるのだ。それに加えて、最近のしのぶさんの日記を読んでいると自分の文才というもののなさを痛感してしまうのだ。しのぶさんはここまで詳しく自分の心理状態や周辺の事情などを説明できるのに自分にはそれが出来ない。それが自分が文章を書くことの無意味さの理由付けになってしまう気がするのだ。つまりいい返事が書けないだろうからメールの返事とを書いても無駄ではないかという思いがあるのだ。

たとえばしのぶさんはネタ帳に書いたネタの1〜2割しか実際には書き起こさないというが、自分は書き留めたネタはほぼすべて使ってしまっている。(落ち着いて考えるのならそれは方針の違いというだけの問題なのかもしれないが)先日ここにしのぶさんと僕との溝を感じて携帯にネタを多めに詰め込むようにしてみたがネタの質が下がるだけで良質な文章を書けるとも思えない。今思いついたネタをそれぞれつなぎ止めて文章を書いているが、読み手を引きつけられるだけのものだとも思えない。果たしてそんな文章を書いてどれだけの意味があるのだろうか。


◆あこがれとじゃまという意識差

何か仕方なしにあるものを身につけ、あるいは使用しているところを見てそれに対してある種のあこがれを抱いたというような経験はないだろうか。あるいは逆にあるものを身につけ、あるいは使用していることにうざったさを感じるようなことはないだろうか。たとえば眼鏡がこれにあたると思う。僕は中学の頃までは目がよかったので眼鏡というものに多少のあこがれがあったが眼鏡をかけている人は皆じゃまなだけだといっていた。しかしその感情は僕にはよく理解できなないものだった。それが中学三年になって目が悪くなり、眼鏡をかけなければいけなくなると眼鏡をかけるのが面倒というのがよく分かるようになった。眼鏡なしで目が見える人が羨ましいと思うようになった。このような経過を経て僕は眼鏡に対して羨ましいという意識と邪魔物という意識の両方を持ち得ていた。だから何と言うこともないかもしれないが、日常の中に何となくあこがれを持つ対象であると同時に邪魔物という意識を持つ対象の両方である存在というのは希かもしれない。


◆戸棚

昨日ナフコに行ったときに戸棚を固定する器具を発見したので購入し、今日部屋の戸棚に設置してみたのだが、わずか数cmの差で設置出来なかった。仕方なしに装置を構成している部品を一つはずして強引につけてみた。一応の地震対策である。うちの家は耐震性が高いらしいので大丈夫だそうだが戸棚が倒れて来るとやっかいなので設置したいと思っていたのだがなかなか機会がなくてつけられないでいたのだがようやく設置できた。そこそこ満足である。

東海地震が来ると騒がれているが、名古屋に住んでいる者の一人として言わせてもらうと皆は地震対策などそうそうしていないように思う。危機感があまりにもないような気がするのだが。


(追記)

◆ピアノ

今日がピアノの先生のところに面接に行く日でした。で楽譜を持参して行って来ました。やはりピアノの先生でもあの楽譜は難しいらしい。初見ではとても無理とのこと。弾いてもらえたらよかったのだけれど…。それでピアノの方はバイエル下巻の44番あたりから練習する事になりました。超基礎からの練習。がんばるぞ、っと。



- 2003/06/12(Thu)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#12

◆Zガンダム

夢日記第十日目はガンダムな夢でした。最初は新作のガンダムのゲームのムービーを見ていたのだが、途中からガンプラ対戦(?)になってランバ・ラルの襲撃を受けたり本艦は取り壊し工事中のホテルに一時待避したりしてました。また昼寝中にも夢を見たのですがそっちでは子供のおもちゃのレイくんががんばってました。


◆とんぼ返り

今日は四限の物理に出席する予定だったのですが出発前から気分が悪く、いこうかどうか悩んだんですが結局行ったら体調が悪化し、結局行ったバスでそのまま帰ってくる羽目に。家に帰ってからはまた寝てました。最近夜しっかり寝ても昼に寝れてしまうのです。体調はまだまだ戻ってないのだろうか…。


書きたいことはたくさんあるのだが気分が乗らないので今日はここまで。



- 2003/06/11(Wed)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#11

◆プリン

今日は夢を見なかったのだが、昼寝したときに夢を見たのでその夢の話。渓流にでっかいネットを張ってぽよぽよはねてみたり謎の緑色のプリン状の物体とそのねりあめ状の物体の作り方をお年寄りの方に教えてもらうなどそれなりに楽しい夢だった。


◆あげ

夕方ダイエーに買い物に行く際、途中で看板を見つけたので携帯で画像を取ってみた。…ageだ。


◆河合

今日は二限の数学(1)に出る予定だったのだが、朝から目の調子が悪く行くのを断念。一日家でごろごろしていた。明日は四限の物理に出る予定である。明日こそはきちんと出たいと思うのだが…。



- 2003/06/10(Tue)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#10

◆夢日記

夢日記第八日目は長編でした。フルーツバスケットのぐれさんとか千鶴さんとかいろいろでてきたり謎の機械がでてきたりしていろいろ楽しかったのですがほとんど忘れました…。


◆眼球上転時の自転車

正月頃から毎週病院に通っている身なわけで薬もまだ朝夕飲んでいるのだが、くすりには副作用などという困ったものがあり、僕の場合とりわけ「眼球上転」という副作用に悩まされている。具体的にどういう症状かというと名前の通り目が上を向くのである。どこかを見ようとしても思った場所より上の方に目がいってしまう。ひどいときは両目が引きつったように上を向いて焦点が定まらなくなったりするというかなり困った副作用なんである。その眼球上転が今日河合に行っている最中に発症したから大変だった。一応副作用止めの薬は常備していたので飲んだけれどもそう簡単に収まるものでもなく、講義に出ることはあきらめて帰ろうとしたのだが帰宅途中ずっと眼球上転状態だったのでまともに自転車に乗ることもできず本当に大変だった。


◆ピアノ

結局ピアノの練習は毎週金曜日の七時から習うことになった。まず今週の金曜日に面接に行かなければいけない。その際に楽譜(Last regrets on the pianoの)も持ってきてくれとのこと。弾いてもらえるのだろうか>ドキドキ……おそらくはラスリグが弾きたいのでピアノを習いたいと言ったためにどのくらいの難易度の譜面かを確かめるために持ってきてくれと言ったのだとは思うがやはりちょっぴり期待してしまう。コピー取って行った方がいいだろうか…。



- 2003/06/09(Mon)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#9

◆金縛りとLast regrets

夢日記七日目はかなしばりにあいました。夢の中では全人大がどうとか言っていたような。…かなしばりというのは僕にとっては特別なものではなく、意識は覚醒しているが体が寝ている状態によくなるので焦りもとまどいもせず早く寝たいななどと考えていたのですが、それで頭の中でLast regrets on the pianoを弾いていたらピアノが弾きたくなって仕方がなくなり三時半に起き出してLast regrets on the pianoを聞いたりしていた。このときにネット巡回をしたのだが、魔法の笛と銀のすずを見てしのぶさんの今の状態が今の自分の状態とそっくりだったことに驚いた。


◆ピアノ

明け方midiでピアノを聞いていたら母がやってきた。そのときはなんとも言わなかったのだが、朝起きたときにピアノを習いたいと進言した。早速母はピアノ教室に電話をかけてくれ、ピアノを習う下準備が着々と整っていったのだった。自分は正直そこまで本気でピアノを習いたいのかどうかよく分からない。しかし以前からピアノを習いたいと思っていたのも事実で、これがいい機会になるかもしれないとも思っている。


◆ラスリグ

朝ご飯を食べた後、二階からLast regrets on the pianoの楽譜を持ってきて二時間ほど練習してみた。わずか三小節しか進まなかったが一応音楽にはなってきただろうかという感じだろうか。この調子で練習していけば一曲弾けるようになるのだろうか。継続は力なりとは言うがピアノ未経験者があの譜面にどこまで太刀打ちできるのだろうか…。



- 2003/06/08(Sun)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#8

◆夢日記

夢日記第六日目はナミとチョッパー(らしき物体)が登場。原始人風の格好をした人がナミとチョッパーがをつれて歩いているが「ウホホッ食う」とか言っており食われると思ったナミとチョッパーが逃げ出すのだが実は食事に誘おうとしただけであった。その後猟銃を持った人が現れ「そんなんじゃだめだよ俺に任せておきな」といってなぜか携帯を取り出す。…ここで終わりでした。ふぅ…夢はいつも意味不明。


◆三洋堂

今朝7時に剪定屋さんが家に来て庭の剪定の相談をしていたので目が覚める。その後10時まで寝て起きる。昨日のHTML本を読みふける。しかしHTMLについて思っていたほどの収穫は得られず、CSSについてもむしろ不親切な本だったことが判明。辞典だから仕方のないことかもしれないが…。その後今日はなぜか三洋堂に行くということになり本屋へ。トルネコ2の攻略本を入手。帰るとHTML文法の勉強を少々して今に至る。



- 2003/06/07(Sat)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#7

◆反鉄デモ

変な夢第五日目はタイムスリップする夢でした…。昔住んでた家に行く夢だったのだがなぜか反鉄道デモが発生しておりいろいろ危険でした。なぜか僕の夢は鉄道関係のものが多い気が…。


◆さいたまの謎

ぼーっとテレビを見ていたところ天気予報をやっていた。それで何気なしに眺めていたのだが…ひらがななのである。いきなりいわれてもピンとこないかもしれない。つまり各地方の名称が天気予報地図に並ぶ訳なのだが各地の地名は普通漢字で表示されるが、なぜか埼玉だけは「埼玉」ではなく「さいたま」なのである。さいたま以外はすべて漢字なのにも関わらずさいたまだけはなぜかひらがな。これは一体なぜなのだろう…。件のさいたまさいたまの影響なのだろうか…。さいたまが有名になる以前からひらがなだったのかどうかが気になるところ。


◆HTML

今日は病院から帰ってくると五時間も寝てしまった。しかし寝たことがエネルギィ蓄積の方向に働いたのかHTMLの勉強をする気になり、最新のHTML本を買いに父と出かけました。そしてHTML&CSS&Javascript辞典をゲット。CSSというのはCascading Style Sheetsの略だそうでつまりスタイルシートというやつである。スタイルシートについて詳しいことは何も知らないのだが、いろいろなページで使われていたりして興味はあったので勉強するよい機会だ。これをいい機会にしてやる気が復活するといいのだが。



- 2003/06/06(Fri)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#6

◆ミニ四駆
変な夢第四日目はミニ四駆の夢でした。確か走らせると重力をふりきって浮くとかいう謎のミニ四だったような。スキーしてたような気もするしもう何が何やら。

◆文字入力
僕以外の人がどうかは分からないが、パソコンでキーボード入力に慣れて来ると、単語を思い浮かべたときに頭の中でキータイプするという妙な癖が発生したりする。それと似ていると思うのだが携帯のタイプに慣れてきて今度は携帯のタイプを頭の中でしてしまうようになってしまった。この癖持ってる人他にいないかな…。

◆自主規制
以前にも書いたがこの日記親に読まれていたりする。そのおかげで結構自主規制が入ったりするんである。少なくとも二回入っている…アレとか…。症状が回復したら親も読まなくなるかもしれないのでそしたら全開で飛ばす…かも。



- 2003/06/05(Thu)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#5

◆ボンバーマン
ボンバーマンは和訳すると破壊工作員らしい。…変な夢三日目はボンバーマンの夢でした。なぜか父とボンバーマン協力プレイをしている自分。地味に壁を破壊してアイテムをとっていた。で、そのあとなぜか対戦が発生。全員攻撃属性対戦とかいう謎のモードだった。攻撃属性対戦が一体なんなのかはよくわからなかったがつまり敵さんが攻撃的なモードらしかった。しかし一番重要なのは開始直後から全員フルアイテム状態でスタートしたということだろう。危険だった。

◆河合
今日は2,3,4限の授業にでようという話になっていたのだが、二限目長文読解の授業中にやっぱり気分が悪くなって退出する。英語アレルギーでもあるんだろうか自分。帰るときにロビーで流されているビデオが気になった。前も一回見たが河合の塾紹介ムービーらしいのだが内容がなかなかに白々しい。勉強といってもどうやったらいいんだか…とか悩んでる女子高生に謎のキャラクター(未来から来たらしい)がアドバイスをするのだが言葉の端々にアヤシイ臭いが。「どうしてそんなアドバイスをしてくれるの〜」「だってそうしないと僕の存在が…うんたら」…どうしてあんななんでしょうなぁ。



- 2003/06/04(Wed)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#4

◆オロチ討伐の夢
今日もまた変な夢を見た。起きたときに夢の内容をメモしておこうと思ったのだが手元に携帯がなかったためメモできず。萌えキャラが出てきたような気がするのだが…。

◆落書き
今日河合にいったときに座った机に大量の落書きが。「2ちゃんねるマンセー」「あなた不合格しますよ」「あはは〜♪これよめる〜?蝙蝠」などなど。特ににちゃんねる系の落書きが目に付いた。…落書きというと去年の倫理の時間に発見した落書きが一番アレだと思うのだがまぁその話はしないでおこう…。


世の中ちょっと馬鹿の方が楽しいんではないかとKanonのムービーを見ながらふと思った。まだまだ子供だとはいっても今の自分の方が数年前の自分よりもそれなりの分別を身につけていたりしているなど知的な意味合いで成長していると思う。そういうこともあって今の自分はKanonをやってもさほど面白いとは感じないだろうと思う。しかし掛け値なしで面白いと思えるものがあった方が世の中楽しいのも事実。そういう意味で何か損してしまったのではないかなとも思ってしまうのである。

◆かわら雲
昔本で「瓦雲の日の翌日は晴れる」というのを読んでそれを教えたら「河原雲」だと勘違いされたのか空を見て「じゃぁ明日は晴れるね」といわれてとまどったが訂正できなかったことがある。普段生活していて、このように何となく訂正しづらい雰囲気になってしまって本来訂正すべきところを言い出せないということはよくあるものだ。こういうことがあると後々まで自分の内部で尾を引いて時々思い出すように胸の奥が詰まる思いがすることがある。あとから思い返すとなぜ訂正できなかったのかと不思議に思うのだがこれは誰しも経験のあることなのだろうか。



- 2003/06/03(Tue)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#3

◆ゴードン
今日は変な夢を見た。駅から目的の駅へ移動しようとしたのだが乗り過ごしてしまい(なぜ?)一つ駅を戻ろうとするのだがなぜか乗る電車は電車ではなくゴードン(機関車トーマスに出てくる汽車)。しかも途中で脱線(?)して道なき道をひた走るゴードン。謎だ…何かの暗号なんでしょうか。

◆おに携帯
携帯って普通数文字打つとその言葉で始まる頻出語句が次候補として表示されるのであるが、何かの拍子に「おに」と携帯で打ったら次候補で「お兄ちゃん」が毎回出て来るんである。お兄ちゃんは頻出語句らしい。いや、それだけなんですが…。

◆勉強の動機
そもそも僕は高いところへ行きたかった。受験の枠とかとは関係なく絶対的な実力をつけたかった。それが理由で勉強していた。しかし一浪の冬に挫折を味わうこととなり、物事は思い通りに行かないことを痛感させられた。この「絶対的な実力」という考え方は僕のものの考え方の堅さを強く示すものだったろうと思う。しかし絶対的な実力がほしいと熱望していたときの自分の方が今のこだわりのない自分より輝いていたような気もしてしまうのだ…。

◆スーパーカー
河合の帰りに黄色のガルウイングカー発見!調べてみたところあの車はカウンタック・ランボルギーニというらしい。あれが噂のカウンタックか。なかなかかっちょいい車であった。



- 2003/06/02(Mon)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#2

◆晴れマーク
テレビで天気予報を見ていたら中部圏全域晴れだった。晴れマークをまじまじと見つめていたらアフターバーナーに見えてきた。一種の病かもしれない。

◆病院
先週の土曜日は韮くんのところへ行っていたので今日病院に行って来ました。最近の無気力状態について、回復途中の症状ではないかと思い相談してきたのですが結局無気力になる原因というのはわからずじまいでした。時間が経てばやる気が回復してくるかもしれないと信じて気長に待ちたいところだが、母は時間だけ経つのではないかと心配しているようだ。それで本を読めとか勉強せよとか言ってくるのだが正直なところうっとうしいだけなのだが…。

◆メモ帳
ネタが尽きたので何か持ってきて書こうと思って正月頃に書いたメモ帳を取り出してみたのだがはっきり言って何が言いたいのか全然わからない。書いたときはいいことを思いついたと思って書き込んでいたのだがやはり当時は相当疲れていたようだ…。



- 2003/06/01(Sun)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8614/R_diary-2003-06.htm#1

◆韮くんと幻想即興曲
本日の幻想即興曲というページの自己紹介にページ作者がピアノと出会った経緯がつらつらと書いてある。幻想即興曲との出会いの話である。この人と全く同じことを僕は体験したことがある。それは高校二年生の時である。ピアノが弾けるというので韮くんを音楽室に連れ込み弾かせたんである。そのとき弾いた曲が幻想即興曲だった。痺れた。家にもライトアップ式のピアノがあるがピアノからこんな音が出るのかというぐらい驚いたことを新鮮に記憶している。とうの韮くんは何も知らないだろうが。ただピアノに傾かなかったことだけはこの人と僕との違いであったことは間違いないが…このページに「それから数年後、つまり今から約一年前」とあるのが少々気になる。たったの一年で幻想即興曲が弾けるほど上手くなることが出来るのだろうか。もしなれるのなら僕もピアノの練習を始めようかとも思うのだが…。

◆必要十分
河合のチュートリアルで「数学FAQ集〜数学相談室〜」というものをもらった。その中からの引用。

A子「○○大学に合格するには何が必要ですか?」という言い方と、数学の解答で「〜が必要」というときは同じ意味なんですか?
B先生「□□をすれば○○大学に通る」というときの「□□」については、○○大学に通るための十分条件ですね。
 「□□」を実行⇒○○大学に通る
というわけですからね。よって「□□」を「必要」というのはおかしいのです。
C先生「別におかしいわけではありませんよ。日常的に使われている言葉遣いと、数学の中で使われる言葉遣いは異なる意味になることがあるということでしょう。○○大学合格のために〜が必要だとか十分だとかいうのは、厳密なところでは数学的な命題になりません。あくまで数学の答案の中での正しい使い方をマスターすればよいのです。」

数学オタクがキモイといわれる瞬間。しかし「○○大学に合格するには何が必要か」というフレーズはなかなか笑える。必要条件はいろいろありそうだが(笑)

◆スク水
父とダイエーに買い物に行ったときに、服売場を通ったのだがたまたまスク水が売られていて不覚にもしばし目を奪われてしまった。うぐぅ。

(追記)
◆本日の幻想即興曲
よくよく読んだら「※以下は3年前に書いたものです。」と!…やっぱり幻想即興曲が弾けるようになるには四年の歳月がかかるのですね。ぐっすん…。





GO TOP

作成・管理人 R-NOTE