MP3を作ろう。

○MP3とは・・・

音楽CDなどの音声データを圧縮するための規格のひとつで
音質は音楽CDなみに得られる。また無圧縮のときと比べてファイルサイズが約1/10
ですむという特徴がある。
そして今一番普及している音声圧縮方式でもある。

○どうしてMP3なのか

やはり一番普及している音声圧縮方法だからだろう。
だからたいていの再生ソフトで再生可能だし、作成ソフトも充実している。

○MP3をつくろう

MP3を作るには専用のソフトウェアが必要だ。
市販ものからフリーウェアまで幅広く用意されている。
ここではフリーウェアのCDexを使ってMP3の作り方を説明してみたい。

再生環境だが、ウインドウズ標準のメディアプレイヤーでももちろん再生できるが
スキンが豊富なフリーウェアのWINAMPを紹介してみたい。

○CDexをダウンロードする。

通常MP3ファイルを作るにはCDからWAVEファイル(無圧縮音声ファイル)を作成し
WAVEファイルからMP3ファイルを作成するのだが、ここで紹介するソフトはCDから直接MP3が作成できる。

http://mory.virtualave.net/jpatch/ (日本語バージョン)

http://www.cdex.n3.net/ (海外バージョン)

もともと海外版であるCDexだが、日本語バージョンが用意されてるのでこっちを使うといいだろう。
ダウンロードするときはできるだけ最新版を。

○CDexをインストールする。

ダウンロードしたexeファイルをクリックして指示に従えばインストールは完了する。簡単簡単

○CDexの設定

設定変更が必要な個所だけについて説明しよう。
あとはデフォルトのままでいい。

起動すると上のような画面が出る。
赤丸で囲ったオプションから設定を選択。

エンコーダータブ内の設定
赤丸で囲ったところの設定を確認する。
エンコーダー(上部の赤い囲み)を”Lame MP3 Encorder (version xxx engine xxx)”にする。
今は配布中止になった高音質エンコーダの午後のこーだを使いたいなら、”External Encorder”にして
エンコーダまでのパス設定をしよう。(詳細は省く)
モード(下部の赤い囲み)は”J‐stereo”にマークする。

青い囲みは必要に応じて変更する。通常は”128kbps”で十分だ。
レコードやカセットテープなどからMP3にするときにこの数値を大きくする。

次はファイル名タブ内の設定。
ファイル名形式(上部赤の囲み)は、初期設定のままで問題ないが、この設定では出力先フォルダに
さらにフォルダの階層ができてしまうので目的のMP3を探すのが面倒になる。
そこで俺は、トラック名をMP3ファイル名にして、無駄なフォルダを作成しないようにしてみた。
%4”とするとトラック名がそのままファイル名になる。記述の仕方は隣の”?”(右の赤い囲み)
でわかるようになっているので自分なりに使いやすいようカスタマイズするのがいいだろう。
出力先(下部赤い囲み)は、あらかじめ存在するフォルダにするか、新規作成したフォルダを指定する。

これで設定は完了だ。

○CDからMP3を作る。