【生活の背景をうかがいながら】

▼前の月へ                    ▲次の月へ

1999年9月16日
虫の声 通りすぎゆく 夏の風 そろそろ聞くぞ 蹄鉄の音

1999年9月13日
草原に 一つの風が 走り抜け 草木が枯れて 新しい息吹 
鏡見て 映る姿は 自分だけ その向こうから 忍び寄る影 
夕暮れに 食卓の皿 数えやる 色とりどりに 数年ぶりかな
ドア開けて 視界に飛び込む 我が家の 異様な光景 靴が数足  
蝉鳴きて 最後の命 燃やしても 一人も気づかず 必死の泣き声 

1999年9月1日
あなたには 心開かずもう二度と いつもはちゃんと 口は聞くけど
人間の 心はみんな スーパーカー 逆を走って はじめて気づく


Mailto:masahide@fj8.so-net.ne.jp