どっちかな

ベランダから見ていると暗くなった道を息子が帰ってきます。
「どっちかな?」兄弟二人は同じ高校の制服で、自転車に乗った
体型は似たようなもの。
手を振った私に手を挙げて応じれば二男。
知らんぷりしていれば長男です。

1996年12月