学校ごっこ

小一の娘の好きな遊びは“学校ごっこ”。
もちろん自分が先生で、生徒は二人の弟達。
ところが準備が大変。小さな黒板、チョーク、鉛筆、クレヨン・・・
時間割を作り、試験問題は同じ物を二枚書く。
準備が整った頃、弟達は他の遊びに熱中していて
「学校が始まりますよ」の声に「今日はお休みにする」という返事。
なんとかおだててやっと開校。
自分の書いたリンゴの絵を見せて、描くように命じるが、弟達は
クレヨンを全面にぬりたくるだけ。
「ダメ、こんなのダメ」と娘の泣き出しそうな声。
長いこと準備した“学校ごっこ”もはじまってすぐ幕になりそうだ。

1982年10月