若さは残酷

買い物から帰った中学生の長男が「その店の
おばあさんが・・・」と話しているので「おばあさんて
何歳くらい?」「うーん、おかあさんくらいかな」
のこたえに、思わず絶句。
私も若い頃、今の私くらいの年齢の人を完璧
おばあさんと思っていた。
若さは残酷というか、正直というか・・・。
長男の言葉を冷静に受け止めることにしました。

1993年11月

その後7年が経過しています