「わたし1番」

幼稚園で木琴を習いだした娘
ある日帰ってきて得意気にいいました。
「わたし、とっても上手よ。いっしょにはじめたのに
わたしが終わっても、まだ、だれも終わってないの」

1981年4月