一年ぶりの御無沙汰になってしまいました。申し訳ありません。 2002年度版ぷすぷすの日記です。ほぼ1週間毎に更新する予定ですので覗いてみてください。
1999年の日記へ
2000年の日記へ
2001年の日記へ

5/12 ランディングが・・・
今日も高橋さんの車でスクールへ。
いつも通りの時間に到着したのですがスクール前は静か。みんな山に上がったのかと思ってたのですが、どうも朝練はなかったようす。
10時に全員山に上がることに。
風の強さも方向も問題なし。そうそうに準備をしてリバースでTAKE OFF。すぐに南TOで上げることに成功。20分ぐらいは西TOと南TOの間を往復。
その後、高度を落としたものの南TOの北斜面にでていたサーマルゲット!
センタリングしてりたのですが風が強くだんだん山際に近づいていく。
やばい!このまま回せばぶつかるかもしれない。っと思い旋回方向を切り替えると尾根を越えてローターサイドに入ってしまった。あわてて戻ろうとしたところを正ちゃんに見つかってしまう。

どこ飛んでるんですか!!
ううっ見張られている...

その後10分粘ったのですがちからつきランディングに向かう。前をいく機体の後ろに着けたところ校長から高度が足りない。河原に行けとの指示。
あらほんとに足りない。
前を飛んでいた機体はというと河原の端ぎりぎりにランディング。自分の高度からして届くかどうかといったところ。届かなければ川チン。届いたとしても先に降ろした人と接触する危険がある。右方向はというと田植え後のたんぼ。
左の河原か?右のたんぼか?
結局真ん中のドテにランディング。風に煽られると危険なので直ぐに機体を回収・・・。
うーんうまくいかない。

2回目はお昼をすぎてから。
西TOにあがるとハンググライダでビッシリ。正ちゃんからでてもいいよのお声。早々に準備をしてTO。出てすぐにリフトがあり簡単にTOPOUT成功。これはさい先よさそう。南TOと西TOの間をえ3回ほど行き来した後鉄塔方向へ。尾根づたいにリフトがあり鉄塔に到着するなり一気に高度を稼ぐことに成功。やっった!
いつものごとく山からあまり離れることの自分は高度を維持するためにリフトを探すためにうろうろ。そうこうしていると下の方からオアシス高橋さんが鉄塔から風下方向に一気に高度をかせでいるではないですか。自分もそれにあやかろうと同じ場所にいどうしたのですが時すでに遅し。しかも鉄塔方向に戻ろうとしたところを正ちゃんに見つかってしまうし・・・。
1時間30分ほど飛んだ後LD方向へ。
先行する機体が2機いており前を横ぎるには高度がやや低かったため後ろに着けることに。前の機体は高度が足りず河原へLD。自分はまだ余裕があると思っていたのですが川を横切った瞬間、
ばさっ
という音とともに片翼つぶれ。直ぐに直したがもう一度潰れる。
どうも気流がわるいらしい。機体を直すことが出来たものの高度を落としてしまい、結局川原にLDすることに。ちょっと焦りました。

この後、まだまだ飛べる風でしたが、自分は疲れたので終了。
この日は結局LDに降りることが出来なかったため反省。
風の怪しいときは、高めにLDにいかなければ・・・。

南TO  41:00  662m +2.0 -3.2
西TO 1:28:00 1212m +3.4 -4.0

4/27 初めての・・・#2
今日も高橋さんの車でスクールへ。
いつもありがとうございます。
今日も到着すると既に朝錬で1本飛び終えたあと。
早速準備して山へ。
風は気持ちよく入っていていつでも出れる感じ。
だったのですが風がちゃんと入らなくなってきました。
タイミングを見計らって出ようとしましたが、1回目失敗。
2回目機体が違う方向を向いたので直ぐに中止。
3回目でようやくTO。
出た直後は少し沈んだのですが、南TOの北斜面当たりで徐々に高度を上げてTOP OUT。
しばらく西TOと南TOの間を行ったりきたりしていたのですが、混みだしたので少し移動したところ、沈下、高度を上げようと粘ったんですが、ここまで。少し高めでLD。
久々にTOP OUTした感じで満足。次は夕方ぐらいかなと思っていたのですが、まだ風はいいみたい。
今度は南TOで準備。風が少し落ち、直ぐには出れなくなりました。
一応機体を広げ準備していると、正ちゃんが自分のグローブの大きな穴に気づき、"こんなんあかんで"
ってな感じで、正ちゃんのグローブを貸してもらうことに。
自分が使っていたのはバイク用のグローブでかなりくたびれていました。でも、指先の感覚とかが伝わってくるので使いやすくよかったんですけどね。
風が弱く入ってきたので、フロントでTO。ちょっとシューティング気味だったのですが立て直して出ることが出来ました。まだまだ修行がたりませんな。
先に出た機体が北斜面付近で上げだしたので、自分もつけることに。
すると、するする上がっていき、直ぐにTOP OUT。
おお、いいかんじやぁ、正ちゃんのグローブさまさまやぁ。
とは、その時は思わなかったのですが・・・。
南TO付近が一番サーマルが活発らしく、1300Mまでは高度を稼げることが出来ました。
通称”町の裏山”方面に走っていく人がいたので、高度が少し低かったのですが自分もついてみることに。
が、やはり高度が低かったせいか"丹波少年自然の家"のグランド付近でUターン。
戻ってきた所を正ちゃんに発見され
"何処いってたの?"
"町の裏山から帰ってきました"
"えっ?いつの間にあがってたん?きづかんかったわ。"
うそです。自然の家でUターンです。でも、普段岩屋山に張り付いてる自分にとってはプチクロカンでした。
一旦TOの高さまで沈下したのですが、また高度を取り戻すことが出来、南TO上空をくるくる回っていました。
その後、OASIS高橋さんがTO。高橋さんもTOPOUTしたあと、鉄塔のほうに向かったらしく、その後1600M付近まであげたらしい。自分もあげようと同じ場所に向かったのですが、時既に遅し。
高橋さん達は町の裏山方向に向かったのですが、自分は置いてきぼり。ううっ。まあいいや、さっきいったから。(うそ)
その後、正ちゃんから"4時まで飛ばないとあかんで"の指示(激)?があり、岩屋山から離れたことの無い自分としては、プチクロカンが出来なくなってしまいました。なんせ高度を落としたらあげる自信が無いから。
"その奥(鉄塔より奥)ではあげきること出来ないで"
"そこの雲の風上であげてみ"
etc.etc...
正ちゃんが付きっ切りでアドバイスをもらいながら奮闘。
1回目のフライトのときに聞いていたアドバイス(内緒)がきいていたのか、抜群のタイミングでセンタリングすることが出来ていたらしく、1800M付近(GPSで確認)まで上昇することができました。
が、1600M付近は気流があれていて、センタリングするたびに片翼潰され、機体はゆすられ、気持ち悪い。まぁ、高度が落ちるよりは良いかと回すのだけど、それ以上は上がらないみたい。
どうも逆転層があるらしく風と雲の方向が違う。前方の空が上下2つに分かれていたので多分そうだろうと思いながらも、回していました。
TOを見ていた正ちゃんが、今いる南TOから西TOに移動するとの無線がはいる。
ん?下の風が変わったのかな?
高度が1000Mを切りそうになったので探っていたのですが、その無線で高源寺方面ならあるかもと思い、真っ直ぐ向かうことに。
高源寺上空でサーマルを掴む事に成功。また1800M付近まで上昇することが出来ました。
んーセオリー通り!と思いきや、
"ごめん、これ北風やわ。引き返すで"の無線。
あらら、偶然あがっただけなのね。
そんなこんなで、3時間飛んでいましたが、とうとう高度900Mを切ってしまいました。
鉄塔より低い高度まで下がったのですが、またそこからあげ直す事に成功。また気流の荒れている1600Mまであげ直すことに成功。うう、気持ち悪い。
でも、真昼間ほど気流が荒れていたわけではなかったため、ゆっくりセンタリングしながら時間稼ぎ。
3時間30分を過ぎた当たりで、全体的にサーマルが収まってきたらしく、高度を落として鉄塔と西TO・南TOをいったりきたり。
気流も穏やかで気分も楽にフライトできました。
しばらく南TO付近で遊んでいたのですが、混んできそうだったのでLD方向に向かうことに。
が、どうもグランドサーマルが発生しているらしく、人気の無いところでしばらく粘ることが出来ました。
で、やっとランディング。正ちゃんも長時間の飛行でLDに気を使ってくれていましたが、何とかターゲットの端(白い部分)にLDできました。LDして機体を下ろした瞬間、へなへなと倒れそうになりました。
さすがに疲れた。4時間40分。本当に疲れました。
高度を落としても上げなおすことが出来たのはよかったと思います。
何はともあれ自己記録更新出来てよかったです。

※GPSのデータは前半部分が上書きされてました。プチクロカンの記録もありませんでした。悲しい・・・。

10:00 西TO 40:00 713m +3.4 -5.0
11:30 南TO 4:40:00 1795m +4.0 -4.0

4/6 初めての・・・ 
毎度ながら高橋さんの車で送ってもらいスクールへ。
スクールにつくと、既に朝錬を1本終えた人が戻ってきていました。
風はいいかんじみたい。
最近といえばあまり良い飛びをしていない。
ランディングは問題ないんですが、TAKE OFFで何かしらミスをしている。
少し前はケツTOしてしまうし、前回はリバースから前に向いたときにブレークコードが手から離れてしまいヒヤッとしてしまうし(出れましたが)。
今日は気をつけていこう!
朝礼で、”校長から春の風には気をつけないといけないよ”という話を聞いた後、山頂へ。
風はいいが、時間がたてば荒れそうな感じ。サーマルもではじめているみたい。
南TOで準備して並んでいると、”下で準備して”と指示。
南TOは2段になっていて、下の段は少し低くなっています。
だから普段は高い上の段から出るのですが・・・。
今日は人が多かったので一応P証をもっている自分は下から出ることになりました。
実は下の段から出るのは初めてだったんです。ちょっと緊張。
直ぐに機体を広げて準備。風をまつ。
ちょっとサーマルが出始めているためか風の方向が定まらない。
一応校長に本当にここから出て良いのか確認。返事はOK。
まぁ風がよくなるまでまとう。と思っていると直ぐにそのタイミングが来ちゃいました。
リバースで立ち上げて、全速で坂を下りる。直ぐに機体が浮かび(多分)問題なくTO成功。
下からでも問題なくTOできたと安心していたのですが、その後に危険は忍び寄っていました。
左旋回して南TOの北斜面につけようとしたところ、LDにいた正ちゃんからしきりに”真っ直ぐ行け”の指示。
?と思いながら機体を右に旋回させようとしたのですが、なかなか旋回せず、それどころか吸い込まれるようにスピードを上げて北斜面方向へ。次の瞬間、ばさばさという音がして直ぐに上を見上げると機体が無い(80〜90%クラップス状態)。
意外と冷静でした。
全部潰れていたせいか姿勢は普通の状態が保てており、谷だったので高度も少しありました。
正ちゃんから"両方のブレークを引け"の指示。
”ばさばさ・・ボン”ってな感じで機体回復。ピッチングもそこそこに無事切り抜けることが出来ました。とりあえず山チンせずにすんで助かりました。正ちゃんサンキュー。
で、高度を下げようと旋回していたんですが、ちょっとしたリッジにかかってしまい高度が上がったところを正ちゃんに見られてしまい、"早く降りろー!!"って、降ろすつもりだったんだって。
で、無事ランディング。後の方々は自分の飛行を見て早々と下山した様子。
なんとなく申し訳なくおもいつつ・・・、こういう場合はどうなんでしょうね?
午後はグリーンパークで練習。
今日は山に上がることなくこれで終了。
無事に生還できてよかったです。

10:00 南TO 10:00 572m +1.0 -6.0(バリオの記録なのでほんとかどうかはわかりませんが)

私のホームページへ | SiliconValleyのページへ | メイン | 今すぐ登録