かなりサボっています(汗) 2003年度版ぷすぷすの日記です。ほぼ1週間毎に更新する予定ですので覗いてみてください。
1999年の日記へ
2000年の日記へ
2001年の日記へ
2002年の日記へ

10/19 兵庫スカイフェスティバル in さのう高原
[前日]
明日は、さのう高原で行われる兵庫スカイフェスティバルに行く予定。本当は18日から2日間行われているのですが、連続で行くのも疲れるので最終日だけにしました。

会場に行く前に、スクールに置いている機材を取りに行かなければならない。
前日からスクールにお泊りしている高橋さんにTELL。
が、まだ何時に出発するか決まっていないらしい・・・。
早めに家をでるしかないか・・・。
6時に事務所に着くようにしよう。

[当日 自宅]
4時に目覚ましがなり起床。まだ眠い;
準備がおわったら5時前になっていた。
朝方はさすがに冷える。まだ外は真っ暗。
少し厚めの服装でバイクでスクールへ。

[事務所]
6時15分到着。
着いた頃には、お日様が出ていました。
もう出発してたらどうしよう・・・と思ったんだけど、お泊り組は起きたばかりの様子。
朝ご飯を食べ少しくつろいだ後、スクールの車でさのう高原に出発。

[さのう高原 会場]
会場に到着。既に大勢の方が会場に集まっていました。
ターゲット大会に出るため、受付で選手登録を済まして待機。
フリーライトの方はA-TO。ターゲット参加者はB-TOとの事。
B-TOはA-TOより一段低いところにある。うーん、上から飛びたかったなぁ・・・。

大会挨拶とともに、ロールアウトの加藤 豪さんが見事なアクロを披露。

正ちゃんとか豪さんのアクロをいつも見れるなんて、岩屋って贅沢だなぁとしみじみ。

大会挨拶が終わり、いざTOへ。

[B-TO]
高橋さんが最初にTO。
どうもLDが少し荒れているらしい。
LDにいる正ちゃんの誘導が細かい。
TOからLDは見えるのですが、確かに降りていく機体がゆれている様子。
TOはというと、フォローの風とアゲインストの風がころころ変わる。
ここも余りいい風ではないが、アゲインストの風が吹くタイミングで数機TOしていく。
ちょっと間があって自分の番。
私   :「次、準備してTOします」
正ちゃん:「うーん。止めたほうがいいよ。他のパイロットいない?」
むむ・・・ワタシハダメデスカ。
まぁ、風が悪いのは確かだし無理せず待機しておこう。
直ぐに出れるように準備したまま、他のパイロットに順番を譲る。
以前、TOの風は不安定。
タイミングを見てTOしていくものの、ほんの数機しかでていけない。
暫くして、大会スタッフから「CLOSEします」の声。
まぁ、いつ良くなるか解らないし、皆並んだままだし、このまま待機するかぁ・・・。
TOに日が差すとアゲインストの風が入るようになるみたい。
ダミーの方が空域を調べる為にTO。直ぐに上昇を始める。
皆、おおぉっと声をあげる。良い感じだぁ。
ダミーはというと、センタリングをしながら上昇を続ける・・・。
皆すかさず突っ込みをいれる^^;
ダミーの方がLDしたとたんにTOが雲の影にはいり、風が悪くなり出れなくなる。
むむむ・・・。
安定して風が入るようになるまでは出れそうにない(出してもらえない)ので、
諦めて装備をはずし小屋に移動。
今度はA-TOからダミーの方が出る。
B-TOの風はフォローだけれども、A-TOは反対方向にも出ることが出来る。
でもLDは同じ場所。フォローを背負って向かわなければならない。
ダミー機がB-TOの前付近にきた所でクラップス。
機体は回復するものの、かなり気流が不安定で潰されながら空域離脱。
B-TOはフォローの風が強かった為、かなりのシンクの渦ができていたと思われる。
私も以前経験あるけど、もしかしたらその空域に吸い込まれてしまったのかもしれない。
あの時は、正ちゃんから空域離脱の指示があったものの、フォローの風が強すぎてコントロール不能に陥ってしまった。
当然、CLOSE。
時間が過ぎ、A-TOは閉鎖に。
B-TOにいた人も、多数下山していく。

まだ、チャンスはあるかもしれない。

上空の雲が無くなり、良い風が入りだす。
ダミーで出た人も問題ないとの回答。
スタッフの方も、「東から風がはいると安定するんですよ。今いいですよ!」
他の校長も、「今しかないよ!」
とのお声。

空は暫く曇りそうに無い。これがラストチャンス!
清水さんでる準備を始め、無線をいれるが・・・。

正ちゃん:「※#凹◎$!凸?♭ゞ§!!!!!」
校長  :「∋♂〆⇔仝∀‰≫Ψ!!!!!!!」
※fontが正しく表示されないかもしれませんが気にしないでください。内容は合ってます。

周りに無線の内容が丸きこえ^^;
スタッフや他の校長から慰めを言葉を授かりながら、諦めて清水さんと下山することに。

正ちゃんが他の人を回収にきたときに、「なんで下山しないんだぁ!!」という心の叫びは聞こえてましたよ。ハイ。
あまり他のエリアで飛ぶ機会がない自分としては、飛びたかったなぁ・・・。

[会場]
会場前の練習場では、チーム対抗のグラハン大会が行われていました。
TAKチームも健闘している様子。
私はというと、シミュレータで体重移動等、アエロタクトの半谷社長に指導してもらいました。
これだけでも来たかいがありました。
※ちょっと減量しなければ;

[閉会]
表彰の後、恒例のメーカー様提供品争奪じゃんけん大会ならぬ、くじ引き大会
むむ・・・高橋さん、またいいもの当ててるし・・・。

飛ぶことが出来なかったのが残念ですが、楽しい一日でした。
2003年10月20日 17時07分25秒

10/4 良い感じ?
今日は車でお出かけ。

[事務所前]
朝錬でほとんどの方が山に登っていた為、事務所前は閑散としていました。
とりあえず、機体とハーネスを準備。
暫くすると、ランディングして来た人たちが事務所前に集まりだしたので
そのまま機体をスクールの車に詰め込み山頂へ。

[南TO]
防災訓練があるらしく、上空をヘリが飛行中のため一時中断。
その間に準備を済ます。
まだ並ぶ列も少ない。
直ぐに準備。
校長から再開の合図。
風が弱かったので、フロントでTO。
ちょっと押さえが足りなかった為シュート気味になってしまった。
最初なので、軽い感じで左右にターン。問題なし。
LDはちょっとショート。むむむ・・・。

[南TO]
今度は無難にリバースでTO。
気持ち押さえ気味でしたが。
うーーん、あまり良いリフトがないかなぁ・・・。
でて直ぐの所にリフトがありましたが、弱いのでパス。
先のハゲ山で多少リフトがあったもののステイできる程でもなく諦めてLDへ。
私がLDした直後から、上空の気流が荒れ始めたらしく、皆普通にLDできない。
早めにおりてよかった・・・。
※GPSの電池が切れてしまったため、ログ残らず;

事務所で他の機体の動きを監察していると、雨が降り出す。
夕方に期待。

[西TO]
雨が止み、山頂へ向かう。
丁度山頂に着いたとき、皆、南TOから西TO移動する所でした。
まだ順番待ちの列が出来ていなかったので直ぐに準備。
正ちゃんは南TOで粘ってるみたい。
風は一定に入ってきている。風速も良い感じ。
期待しながら、リバースでTO開始。
当たり! リッジコースで南TOに機首を向けると直ぐにTOPOUT。
レベルキープするにはリフトが弱い。
コースを少しでも外れると復帰できそうも無いと判断し、後続が準備を始めている間に空域を離脱。
鉄塔方向に機首を向ける。
鉄塔につけることは出来ないが、さっきよりもリフトはありました。
暫くこの付近でレベルキープ。
案の定、西TO前は込み合ってきて、コースから外れた機体は高度ロスしていました。
む、私の背後に田中さんの赤い機体・・・。いい位置をとられてしまった;
鉄塔前の尾根でもレベルキープが精一杯。他の空域を探そうとしたけど高度ロスしてしまった為、西TOに戻る。
まだ粘れる感じだったけど、混みそうだったので素直にLDへ。
LD後、空を見上げると黒っぽい雲。吸い上げがあるらしく、皆降りてこない。
事務所では、弱い雨が降り始める。
山頂付近は降っていなかったようですが、機体が濡れる事を考えると早めに降りててよかったかも。

TOPOUTも出来たし満足な一日でした。

久々のフライト(9/14)
3ヶ月ぶり?に久しぶりに飛びに出かけました。

[事務所前]
私   :「校長、山登ってもいいです?」
と聞くと、間髪いれず正ちゃんが
正ちゃん:「うーん。ブランクあるからグリーンパークいってきて」
だめもとで聞いてみたが、やっぱりだめでした。
確かに3ヶ月ブランクあるし感覚が鈍ってると思われるので潔くグリーンパークに向かうことに。
いや、その前に気分転換兼ねてリフターしておこう。(潔くない)
山頂に登ると当然のことながら見晴らしがいい。風が気持ちいいし、空気もおいしいと思えてしまう。
(実際のところ青垣町自体空気はきれいなので、差はほとんど感じれないけど)
日曜日だけど、まだ時間が早いこともあってTOはそれほど込み合ってない。
一息入れた後、下山する。
事務所到着。ベンチでくつろぐ。(全くもって潔くない)
車を借りて機材だけでもグリーンパークに運ぼうかと思ったが、既に登山待ちの人がいてた為諦める。
さすがに2度目のリフターなどしてると練習時間がなくなってしまうので、デカバッグ背負ってバイクで向かうことに・・・。
むぅ重い。荷崩れするとこけてしまいそうと思いながら慎重に運転し無事到着。

[グリーンパーク]
フォローの風が吹いている・・・。
斜面が暖まるまでフォローの風が吹くことが多い。
天気はいいので午後からはいい風吹きそうだけど・・・。
いやいや、リフレッシュに来ているので悠長に考えてられない。
とりあえず機材抱えて中腹まで登る。
最初は、無風のタイミングで立ち上げ・・・が、途中フォローが吹き私の足が追いつかずあえなく失敗。
次回からは真剣に走ったので失敗こそしなかったが、体力不足を痛感;
リバースの練習が出来なかったのが心残りだが・・・。
とりあえず登ろう。

[山頂:南TO入り口]
車で山頂到着。が風の向きが変わりつつあるみたい。
今まで使っていた南TOはフォローの風が吹き始めており出れなくなっている。
逆に西TOはいい風がふき始めおり、数機がTO始めている。
これは待ったほうがよさそうか・・・。
機材は降ろしたが、暫く様子をうかがっていると、「西TOに移動」の号令。
機材だけ車に詰め込み、西TOに向かう。

[山頂:西TO]
他の人が移動している間に準備を済ませる。
まだTOする順番の列は短い。直ぐにその列の後ろで待つ。
南TOにはかなりの人がいてたので、ちょっとラッキーでした。
さぁ自分の番・・・
TO下の風がアゲインストで入っても上空がフォローだったりと、風の向きが定まらない。
弱い風ならフロントから出ようと思ったが、定まらないのでは仕方がない。リバースの体制で待機する。
む・・今日リバースの練習してなかった・・・。
が、余り不安な無かった。むしろ不安なのはランディング。ブランクがあると最初の飛行はいつもうまくいかない。
ようやく、風が弱いものの上と下の風がアゲインストになる。そのままリバース・・。
TOの斜面中段まで下がったが、きれいに風を受ける事ができ、無難にTO成功。
出るといい風が吹いている。リッジを拾いながらトップアウト。西TOと南TOの間を行き来する。
他の方も次々にTO。皆、低い高度でも鉄塔方向に飛んでいく・・・。
自分もそっちに行こうと思ったが高度が気になる。
久しぶりなので無理をする気もなし、ましてや密集した所で飛ぼうとも思わない。
(年かも・・)
TOする機体とタイミングが合わず、コースアウトして高度が落ちた為、そのままRDに向かう。
中学校の裏山付近。まだ高度が高い。下のほうにタンデムで事務所方向からRDする校長の機体がみえるだけで周りに誰もいない。
旋回もなにもせずボケーとしてみる。気持ちいい。
とりあえず旋回してある程度高度落とす。風は無風。先にRDした校長と同じ方向からRDしようと操作していると
校長:「高原時からRD〜」
む、反対方向だし;
いまから高原時方向に向かうには少し高度が低いと思いつつ機種を180度旋回させる。
場周飛行を心がけながら旋回。高度が低いこともあり綺麗な場周飛行とはいかなかったものの無事RD。
心配していたRDも無事に終え、ほっと一息。
ふぅ気持ちよかった。

まだ山頂に向かう車はあったものの、自分は今日はこれでお終い。
最近仕事で疲れているせいもあり、夜間の運転は避けたかったので一足先に帰路へ。
久しぶりに飛べてトップアウトもでき、良い一日となりました。

私のホームページへ | SiliconValleyのページへ | メイン | 今すぐ登録