PostPet for Win95 屋根裏部屋
Welcome to the darkside of PosePet...
PostPet Bear owner Get PostPet

4種類のペットたちがメールを配達してくれるこの『ポストペット』。冷静に考えればそのほとんどが 『プログラムされた動き』だったりする訳ですが不思議と愛着がわいてくる。そんな人も多いのではないでしょうか?
ここではその愛着ゆえの『裏技』を彼ら・彼女らの住む部屋の屋根裏から覗いてみました。

counter
(since Oct.23 1997)
last update Sep.20 1998


━━━ 警告!! ━━━

ここにあげた内容はポストペットの「ねたばれ」であったり、関連するファイルを直接書き換えたりします。 万が一「楽しみが減った!」、ファイルの破損、ポストペットの挙動がおかしくなる、システムの破損等、 いかなる事が発生しても当方は一切の責任を負いません。自己の責任において読む、あるいは実行されるようお願いします。
また、ここにある内容に関し、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社やポストペットパーク内の談話室等での 問い合わせは絶対にしないでください。 繰り返しますが、読んでみて、内容の理解できない人は絶対に実行しないでください。


現在掲載内容については順次検討中です。
予定とあるものは取り止めになる可能性もあります。
また、番号は優先順位ではありません。
ちょっと興味があって覗いてみたけど…、という方は以下の内容を
「やっぱり見るんじゃなかった!」と思うかも知れません。
興味本位だけなら速やかに
立ち去る事をお勧めします。
読んでから「なんであんな内容を!」というのだけはご勘弁願います。


§
§
§

充分に念は押しましたよ?

§
§
§


目次
last update Sep.20 1998

(0) まずお読みください。
(1) ペットや飼い主の名前を変えた〜い!
(2) おやつがすぐ無くなっちゃう!
(3) βクマを正式版に移した〜い!
(4) 特製食品館  (独立したページへ移動しました)
(5) おやつが傷んでしまって…
(6) 謎の仕事人、「キングポストマン」! …… KING(little endian)
(7) 第5のペット現る!? アンノウン君 …… UMA(little endian)
(8) ペットのモーション



基本的なこと
以下に挙げる多くは(全部?)は各種ファイルを直接書き換えることにより、その目的を果たす訳ですが、 失敗した時のために、「オリジナルを残しておく」のは基本中の基本です。
まず、手を付ける前にそのファイルのバックアップを取りましょう。そうすれば、失敗してしまったとしても ファイルを書き戻す事により、以前の状態が維持できます。
そして、書き換えを行う時には「ポストペット」は終了しておきましょう。起動している状態でも できない訳ではありませんが、無用のトラブルを避けるためにも終了しておいた方が無難です。
また、バイナリエディタ16進数やバイト、エンディアンといった知識が必要となります。 ここで、「」と思った方、読み進んでみたけれど理解できなかった方は手を出さないようにし、残念ながら諦めてください。
(1)の項では比較的詳細に書いてありますが、それ以降の項でははしょっています。やるやらないは別として、次に(1)を読む事をお勧めします。

■ 前のページへ ■ 目次へ



ペットや飼い主の名前を変えたい
初期設定の時に、よく考えずに名前を付けたり、あるいは失敗してしまって 名前を変えたいと思ってる人はいませんか?
でも、一度名前を決めてしまうと後で付け直す事はポストペット上からはできません。 それが宿命、とも言えます。が、付け替えられたら…、と思う人もいるのではないでしょうか?
不可能ではありません。以下にその方法を示します。

■ 手順 ■

  1. まず念のため"PostPet設定.ppc"(以下設定ファイル)をバックアップしておきましょう。これは全ての作業において言える事です。
  2. またポストペットが立ち上がっているなら終了します。
  3. そして、各種バイナリエディタを起動し、設定ファイルを読み込みます。
  4. すると見覚えのあるペットの名前が見つかるはずです。飼い主の名前はペットの名前のすぐ後のものです。
  5. ここを付け替えたい名前に書き換えます。名前の長さが変わる場合、短くなる場合は不要部分をデリート、 長くなる場合はインサートし、名前以外の場所を変更してしまわないように注意します。
  6. 名前の直前には『名前の長さ』が1バイトで記録されています。これを先程書き換えた名前のバイト数に変更します。 全角文字は2文字という事です。
  7. これを上書き保存しバイナリエディタを終了します。
  8. ポストペットを起動して「ペットの状態」で確認してみましょう。
  9. 変わっていれば成功です。ただし調子に乗って、安易に名前を付けかえるのはやめましょう。
  10. ポストペットが起動しなかったり、動作が変だったり、変わっていない場合は失敗です。 (2)へ戻りやり直すか、諦めてバックアップした設定を元に戻すかのどちらかです。

■ 前のページへ ■ 目次へ



おやつの数量を増やしたい
現在、Win95版のおやつは数える程しかありませんが、その中で「せんべい」「キャンディー」「バッタ」は無制限なものの、 それ以外のおやつは比較的「季節品」と考えられているようで、数量が限定されています。
ですが、結局の所、大部分の方(ほぼ全ユーザー?)は、おやつを「コピー」しつつ与えているので、 このような数量制限はある意味で「無意味」になっています。そういった「手間」は「飼育の手間だ」という 考え方もありますね。
が、手間がかかるとはいえ、その方法は結局は「無制限」に変わりなく、ならば有限おやつを 「無制限」にしてしまえばいいんじゃない?という事で、「おやつ無限化」です。


■ 手順 ■

  1. 無限にしたい「おやつのファイル」をバイナリエディタで開く。
  2. 先頭からのオフセット +0371H からの2バイトが残りのおやつの数です。ただし、今後発表される であろうおやつも同じオフセット上に同じデータが存在する事は保証できません。
  3. 好きな数量に書き換えます。FFFFHにすれば無限大です。

■ 前のページへ ■ 目次へ



βクマを正式版に…
これを思ったり考えたりする人は少なくないんじゃないでしょうか? たとえ90日間という付き合いであっても、 人様々な愛着や思い入れができてると思いますから。V1.03までは「クマにメロメロ」で開発者サイドから 「裏技」としてその方法が公開されていました(実際にうまく行くのかは定かではありませんが…)。しかしながら、 V1.04以降ではペットデータの確実性を高めるため?この方法は使えなくなってしまったとの事で、併せてクマメロからも かの「裏技」のアーティクルが削除されているそうです。
で・す・が・。賛否や是非はともかく、誰もがβクマを正式版に引き継ぎたいと思う事は、私は自然な考えだと 思っています。表が有れば、裏もある。裏があればそのまた裏も? βクマを正式版の部屋へ導いてやろうじゃ ありませんか。


■ 手順 ■

  • と思ったのですが、やる事自体は上の(1)(2)の延長であり難しい事ではないんです。けれども、もう少し上の 知識を必要とし、更には書き換え個所も多く、説明するにも煩雑になってしまうので(説明が下手というのもあります) 残念ながらここでは割愛します。



  1. 「だったらもったいつけて書くなよ〜!」? はい、ごもっともです。でも安心してください。まだ 道は残っています。とっても簡単な。
  2. それは「私宛てに(βクマで)メールを送る」、です。
  3. そうすれば私が処理をし、V1.xx用の設定ファイルとして送ります。
  4. しかし希望者多数の場合は処理しきれなくなります。この場合は残念ながら諦めてください。
  5. なおかつ、ペットデータの正当性?やその後のポストペットの動き等、全ての事において責任は持ちません。
  6. 実際に「やるのは私」ですが、それを「使うのはあなた」です。 あなた自身の責任において運用できる方だけに限ります。後で文句を言う人は駄目です。
  7. 本当に「それでも…」という人は、上に書いたように私にメールをください。
  8. そのメールには「飼い主の誕生日」もお忘れなく。それ以外の「メールサーバー関係・シグネチャ」などは どの道、後で再設定して貰う事になると思います。
  9. そうそう、「正式版」になってないと無意味です。

  10. ちなみに、β版での設定ファイル(PostPet設定.ppc)さえ残っていれば、V1.xx用のペットとして 復活させる事は可能です。もしもご希望なら、必ず[ネットワークの設定]で[パスワード]の欄をクリア してから、私宛てに設定ファイルを送ってください。折り返し、V1.xx用の設定ファイルをお送りします。

■ 前のページへ ■ 目次へ



おやつの"痛み"をとめる(冷凍保存?)
ポストペットもV1.1になって、ようやく「おやつの時間経過による腐敗?」機能が働くようになりました。 「傷む」設定(全てのおやつがそういう設定になっている訳ではありません。が、今後出てくるおやつは少なからず この機能を使ってくるのではないか、と思われます)になっていると徐々に傷んできます。 おやつの「数」とともに、この「傷む」機能、どれだけ意味のある機能なのかはよくわかりませんが(おやつはなくなったらそれで おしまい、という「善良?」なユーザーっていると思いますか?)、また1つ手間が増えたのだけは確実な事ですね。
「おやつ無限化」の章でも述べた通り、そういった「手間」は「飼育の手間だ」という考え方もあるでしょうし、本物の 飲食物はやはり傷むものですが、ここではおやつを「冷凍保存」のごとく、傷まなくする方法を伝授します。


■ 手順 ■

  1. 傷まなくしたい「おやつのファイル」をバイナリエディタで開く。
  2. 先頭からのオフセット +0373H からの2バイトがおやつの状態を表わす数値です。ただし、今後発表される であろうおやつも同じオフセット上に同じデータが存在する事は保証できません。
  3. ここを'FFFF'Hにすれば傷む事はなく、永久に「新鮮」を保ちます。

■ 前のページへ ■ 目次へ



ペットのモーション
さて、Win95版のポストペットではどうもMac版とペットの挙動が違うらしい…。具体的に言うと「動きが少ない」 らしいのです。Mac版では後ろ向きに座ったりするとか。
しかしながら、Win95版でもそういった動きの「データそのもの」はあるようです。珍しいアクションも含めいくつかご紹介しましょう。
この中にあるものは、Mac版では当たり前のようにする仕種という訳ではありません!

[テディベア編] [ミニウサギ編] [雑種ネコ編] [オカガメ編]


■ 前のページへ ■ 目次へ



 以下準備中…… to be countinued... 

ご意見・ご要望はこちらまで
written by toshi_@sainet.or.jp
こちらでもOK(KingPostMan!?)


「ポストペット」はソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。

PostPet Park ???