ほらふきだんしゃくてきぐこーろく

時間とは、かくも不可逆に構成されておりますとは……。

 

2004年12月18

 

さて、『PC再生?』の巻

(指定BGM: Yellow Magic Orchestra / Key )

 

 

以前廃棄処分にいたしました初号機。されど本当に棄ててしまいましたのは、あまりにも使い勝手の悪かったケースのみで、マザボにCPUにメモリ、ならびにグラボもFDドライヴも電源も、ほとんどそのまま押入に封印しております状態……まぁブラック・ジャックで喩えますれば整形前のピノコような状況下にあるのでございますワイ。

 

そんなある日、ふと 『これだけ余っている部品をどうにかできないか?』 などと思い立ちましたのが運の尽き。電源抜きの廉価なケースにそこそこの容量をもったHDDくらいの出費なればシャレになりますと考え、養父のローレル(注1)を借り受けまして、かの“REMIX 嗚呼!花の応援団”をBGMに(注2)、吾が輩いそいそと国道246号線をカッ飛ばしました次第。

 

もちろん、お出掛けの前に “価格COM” さんにてHDDの相場を確かめまして、80GBクラスで7200rpm でありますればおおよそ6,000円前後と目星をつけ、あとは5インチベイが4っつくらいのミドルタワーで2,000円ほどの出物があれば御の字かナー――などと、まずは長い運転のあとのこと、Laoxコンピューター館にてご不浄をお借りいたしまして、それから付近のお店を(注3)ちらほら探索を開始したのでございますが、そこでイキナリCOMPAQの純正キーボードのアウトレット品を発見!!こちらがなんとノーマルタイプ380円! ショートカット・ボタンが付属しているタイプでも480円というお手ごろ価格……キーボードも今やピンキリでいろいろと売られておりますが、やはりこちらも “安かろう悪かろう” が如実にあらわれるお品。通常ですとマァ手を出しますれば失敗するお値段でございますワイ――。されど、メーカー純正品のアウトレットとなれば話は別。それなりのクオリティにて作られておりますのは申し上げるまでもございませぬ……して、吾が輩2つ購入いたしました次第。場合によりましては、純正品のジャンクででも済ませてしまおうとまで考えておりましたので、いいめっけ物でございましたワイ(笑)。

 

てもそんなこんなで、めぼしいお店をぐるりとひと廻りいたしまして、 ケースもフリージアサポートにて適当な出物を見つけましたし、HDDもシーゲートさんの良さげなお品がございますご様子。 それらを買い込みまして意気揚々とまたぞろ国道246号線を逆行して帰途についたのでございますが……。

 

さて実際に組み上げて見ますれば――やはり、調子はよろしくない様子。Windows のインストールもフォーマット後のファイルコピーより先に進みませぬ。なればとちょうど電源を落としておりましたFF専用機(注4)から電源BOXを取り出し、交換してみましてもおよそ症状に変化はあらわれませなんだ。

『やっぱりマザボか……』

 

もしCPUがイカれておりますれば、PCそのものが起動しませんのですとか。なれば中古でも良いから、マザボを新調するのもまだシャレの範疇かなぁ……と、考えたり考えなかったり。

 

――して先日、今度は足を使って代用マザボを探し出す決意でもって、秋葉に臨みました次第。すでに銀座線に乗り換えるあたりから覚悟完了しておりました吾が輩。されど訪ねますお店訪ねますお店で、現行SocketAマザボのスペック表を拝見しますにつれ、募り来(きた)りますイヤ〜な予感

 

そちらは展示してあります現品を見れば一目瞭然でして、CPUに関しましては表示に “Athlon 〜1.4GB” なとどございますればおそらくは許容範囲に入っておるのでございましょうが、問題はメモリ。初号機で使用しておりましたタイプはスロット部に2カ所の凹み。それもPC133。されど現在主流なのは中央にひとつの凹み。そしてPCも2000台とケタ違いもいいとこ……う〜む、このままですとメモリまでも新規購入???

 

正直申し上げますと、前回のFF専用機構築からずっと自作の道より遠ざかっておりました吾が輩。いわば外道な日々を送っておりましたため、恥ずかしながらこのようにチンプンカンプンになっておったのでございますワイ。あとで思いだしますれば、専用機はたしかPC2700のメモリを買った記憶がございますゆえ、もう2年も前にメモリの模様替えがあったのに気がつくべきでございましたのに……それにつきましても、やはり古い規格は顧みられることなど一切ないのでございますナァ。要しまするに吾が輩、CPUとメモリを流用できますマザボには、中古屋さんに足を運びましても巡り逢えませんでしたワイ。

 

今回は途中からコメンテイター兼アドバイザーとして友人を交えまして、やがて話はどうせお金を使いますなら中身を刷新し、この際吾が輩もついにAthlon64を装備したら……?? という流れに。もはや旧部品の流用というだけなのにある程度の散財が必要でありますことは明白ですので、なれば先を見越した投資としましたほうがずっとスマートで建設的でございますしナ。

 

――ちなみにそのAthlon64にも様式がふたつございまして、開発初期のSocket754と、後発のSocket939の二種。もちろん今後はSocket939が本流となっていくのは申し上げるまでもございませぬが、そのぶんCPUの処理速度に比してお値段は割高に。されど意外にもマザボに関しましてはお値段はいろいろで、どちらの形式にしましてもマァ14,000円前後で考えますれば、nForce3 あたりのチップセットを載せました結構なお品が手に入るご様子。

 

されどその友人が申しますに、現在新たに開発されましたnForceの4が市場に出始めておりますことから、年明けまで待ってお値段の推移を見守ったほうが得策とのコト。吾が輩もふと気がつきますれば、いつの間にやらPCのリサイクルの予定から新規作成にひと散財となっておりますので、ここは頭を冷やすためにもいったん帰宅いたしました次第……なにも別にこの日のうちに中身を買い揃えねばなりませぬ理由もございませぬし

 

して、冷静になりついでにぶっちゃけてしまいますと、さて高性能機を組んだものの、そいつに何をさせるべきかと問われますれば、返答のしようがございませぬのが偽らざる現実。べつに今さらFFの動作環境を向上させようという気もございませぬし、そのFF自体もすでにひと月くらい手をつけておりませぬし……こう見えましても結構アクティヴに充実した生活を送っております次第。予算はまぁ45,000円ほどになるかと目算しておりますが、いっそこのお金で台湾旅行するのもよろしいかと考えなくもなかったり……故宮博物院やらお料理やら、あすこは行っておかないといけない土地であるとは日頃より思っておりますゆえ。

 

あとは更に冷静になりまして、Athlon Sempronあたりでお安く組んでしまうのも手ではございますが……それでも、マザボとメモリにかかるお金に注目しますと、大して差が出ないのもまた現実。とりあえずは、この年末におけます新製品の出まわり具合が肝要でございますカナ――まぁ、またむこう2年ほど組まずに過ごすつもりで組んでしまうのでございましょうが(笑)。

 

――などと考えておりましたら、なんとあの空想科学カルトTV番組の雄 “猿の軍団” が、12月24日にDVD-BOXで発売されるというではございませんか!! う〜む、まずはこちらを最優先とさせていただきましょうかナァ……

 

 

 

 

 

 

注1:ガソリン代はともかくも、税金やら駐車場代やら車検やらと、当分買う気はいたしませぬワイ。

注2:クレイジーキャッツの 『ああこりゃシャクだった』 でも可。

注3:言わずともがな、コンプ館はそのままスルーでございますワイ。

注4:最近はほとんどヴィデオ編集機と化しておりますが……。

 

 

 

 

 

 

おいおい、そっちじゃないぜ!

 

 

2004.12.18 (C)Mephistopheles von Münchhausen

GeoCities Japan