ほらふきだんしゃくてきぐこーろく

“アパガード”って、まだ使われております??

 

2005年09月02

 

さて、 『無糖派層?』 の巻

(指定BGM: バグルス / ラジオ・スターの悲劇 )

 

 

吾が輩たしかに支持しております政党はございませんものの、国民の義務にございます選挙には必ず出向いております次第……とは申しましても、今回はまったく政治のお話ではございませなんだ。

 

会社にての飲食は、お昼休みを除きまして許されておりますのがお茶やコーヒーのたぐいと、ガムやキャンデー等の軽いお菓子。お茶はフロアに無料の冷熱自在の給茶マシーン(コーヒーも可)がございますので問題はございませんが、菓子類は自前で用意せねばなりませんのは当然のお話。

 

なれど、通常のスーパーにてメーカー希望小売価格から気持ち値引きされましただけのオープン価格で買ってなどおりましたら、結構な散財になりますことは必定。そこで吾が輩、とある100円ショップ(特に名を秘す)にて○つで100円で購入できますガムをば発見。こちらにて数をまかなえますのはもちろんのこと、お味もそこそこにございますのが何より。 ただ、こちらのお品をがめつい目敏い主婦の方々が見逃すはずもございませず、現在は静かながらもかなり熾烈な争奪戦が繰り広げられ(サザエさんうちあけ話 『馬糞争奪戦』 参照)ております次第。

 

そんな訳でございまして、先日もガムを切らしまして補充に足を運んだのでございますが、棚には物の一個だにございません始末。もちろん手ぶらで帰りましても支障はございませなんだが、そうしますと明日からしばらくはご高齢の方々よろしく 『ヴァーチャル・ガム』(注1)をば噛み続けませんといけませんので、当座の代用品はやはり必要。

 

そこで眼を付けましたのが4つで105円のガム。各表記こそは日本語で書かれてはおりますものの、社名がこれなん 『ヘテ』 。スペルは……“HAITAI”、『ハイタイ』、『歯、痛い??』 。こちらはきちんと表示どおり、キシリトール配合なのでございましょうかなぁ――無理なこじつけはさておき、 なるほどおとなり韓国からの対日本輸出品のご様子。吾が輩正直申しまして先の生ゴミ入り餃子事件ヘタレMP3プレイヤーの記憶から、かの国に関しましては良い印象がございませんゆえ、購入にはかなりの二の足を……それこそ 『賭博堕天録 カイジ』 よろしくジタ……ジタ……いたしました次第。されどまさに背に腹は変えられませず、吾が輩とりあえず420円分をば購入。

 

こちらにてしばらくは中継ぎを任せておったのでございますが、マァ味は二の次としましても、その持続性やガムそのものの食感がイマイチ。こちらでキシリトール配合でございませなんだら、まるで取り柄のございません文字通り “ひと山いくら” の駄ガムという体たらく。するうちに例の定番ガムがお店に入りましたので、真面目なお話 “買い占め” まで愚考いたしましたものの、さすがに大人げございませんので1,470円分をば購入。

 

さっそく翌日、勇んで口に致しますれば……慣れた味に慣れた食感。それなのになぜか残ります違和感。そのうえ食後に募りますのは、決まって 『ヘテ』 ガムへの言いようのございませぬ郷愁にも似ました感情。『もしかしまして……こちらは』 ……な訳はございませんが、両ガムの原材料名をば比較してみますれば、どうやら久しぶりに口にしましたる方のガムは普通の砂糖類が添加されておりますご様子。要しまするに舌がつとにキシリトールに慣れてしまいましたがために(注2)、砂糖が残し置きます後味に不快感を感じますまでになっていたのでございますナ。まさに 『人は、変わるも〜(以下略)』 でございますワイ。

 

そんなこんなで、現在は砂糖1対キシリ2くらいの割合にて噛んでおります就業中のガム。ただ、どちらも “チューインガム” でございますゆえ、無意識のうちにフーセンをふくらませようとしております自分に気が付きますこともしばし。いくらアメリカのドラマでございましても、オフィスでクチャクチャやってる奴ばかりは拝見しました憶えはございませぬゆえ、さすがにそちらばかりはご法度にございますからナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注1:噛んでもいないのに口をモグモグやっております様。

注2:ヘテにも “還元水あめ” が配合されておりますが。

 

 

 

 

 

おいおい、そっちじゃないぜ!

 

 

2005.09.02 (C) Mephistopheles von Münchhausen

GeoCities Japan