ほらふきだんしゃくてきぐこーろく

探してみますれば、けっこう欲しい物がザックザク!!

 

2006年02月03

 

さて、 『 ハンマー・プライス! 』 の巻

(指定BGM: Iggy Pop / Lust For Life )

 

 

さて、“ネット・オークション” なる言葉が人口に膾炙しますようになりましてから久しいものと思われますが、吾が輩じつに参加いたしますようになりましたのは昨年も末に差し掛かりましてから。それまではやはり 『お金を振り込みましてもブツが届きませんでしたら……』 とか、『欲しくも無いのに無駄に入札して、イタズラに値段を吊り上げる輩がいるのでは……』 などと戦々恐々。加えまして“性善説が通用するのは好景気の時のみ”なる、養父どのより授かりました人生訓もございまして、どうしても参加致します気にはなれませんでしたネット・オークション――そうまで吾が輩の警戒心を掻き立てまして止みませんでしたネット・オークションではございましたが、とある事件がきっかけとなりまして、吾が輩ついにネット・オークション童貞を捨てることと相成りました次第にございますワイ。

 

そちらの事件とはこれなん、『ベヘリット再発?殺人事件』 にございます。そも 『ベヘリット』 とは、吾が輩がこの世界におきまして最高峰のクリエイーターと敬愛して止みません、三浦建太郎氏が代表作 『ベルセルク』 におけます、物語のキーとなります不可思議なアイテム。およそ4a大の楕円に目鼻口が不均等に散らばっております、世にもカルトな首飾りにございますワイ。こちらがArt Of War (株式会社 信玄) さんよりフィギュアとして造型され、販売されていたのでございますが、すでに完売 (と申しますより販売終了) されまして久しく、秋葉のレア・アイテム専門店にもなかなか入りません有様。さすれば、ネット上にてコレクターズ・ショップをあれこれ物色してみましたものの埒はあきませぬ始末。

 

すると幸運にもこちらに再発売の気運が持ち上がり、とあるショップにて予約の受付がはじまりましたのでございます――そちらのお話に、どうして吾が輩が飛び付きませぬ訳がございましょうや?(いや、飛び付いかないはずがない:反語表現)。吾が輩イチもニもなく勇んで注文したのでございますが……こちらがちょっとした誤情報でございまして、ベヘリットが再発されますのは確かなのでございますが、じつは造型が改まりましたニュー・モデル。こちらが容貌(!?)も色合いもイタズラに不気味かつグロテスクにされたばかりか、まるで 『未成熟のまま身が開くことなく、そのまま腐りだしたアケビ』 そのもの。これには桂小枝師匠も、 『こない玉っコロ、グリフィスも気味悪うてタダでもよう貰わんやろ〜』 と、あのドクトクのイントネーションにて嘆じられますでございましょう、原作のイメージ台無しのダメージ・ヴァージョンにございます体たらく。

 

そちらに輪をかけましてお値段も倍近くと申しますから、もはや開いた口が罵詈雑言状態にございますワイ。 もちろん注文も(お店サイドから)ございませんお話となりまして、あとはふたたびネットにてコレクターズ・ショップを逍遥しましたものの、無い袖が振れませぬように無いお品はどちらのお店にもございませなんだ……して、『とどのつまりプレミアの付きました個人放出アイテムを(送料含めて)手に入れるのでございますれば、オークション品でも結果としましては同じでございましょう』 と思い至りました次第。無闇に足を棒にしてまで歩き回りますより、却ってこちらのほうが手段としましても確実なご様子でもございますしナ。

 

 

――そんなこんなでYahoo!さんにプレミアム登録を済まし、ベヘリットにて検索をいたしますれば……やはりさほどの出物はございませんご様子。されど他のオークションでは一品だに出展がございません事を考えますれば、流石はネット・オークションのオーソリティ、Yahoo!さんの面目躍如というところでございましょうか。

 

さるにても希少品なれども、お値段の跳ね上がり方が尋常ではございませんのはマァ驚嘆の至り。ならびに 『金に糸目はつけないヌーン!』(注1) というコレクター魂に気圧されまして、“第一回ベヘリット争奪戦”は敢えなく脱落。元値の倍を超えますお値段には、まだまだ手を出します勇気がございませなんだ。

 

他にもG☆AのDVD特典 『ノーマッドぬいぐるみ&フーセン人形』 の競りに入札しました際、1,000円スタートでございましたのが見る見るうちに2,000円台に!たしかにゲーマーズでもすでに販売を終了しておりますゆえ、入札が殺到するのも頷けますが、ただ吾が輩が入札しました側から新手が出てきますのはいかがなものかと……して、不審に思いまして入札履歴の詳細を拝見いたしますと、なんと羅列されました仕手戦の戦歴は、吾が輩ととあるユーザーさんの一騎打ち。どうやらお相手は自動更新システムをご使用のご様子。

 

『あちら様も、余っ程こちらのぬいぐるみが欲しいと拝見しましたワイ!』 ――とは申しましても、欲しいのは吾が輩とて同じ。して、最終的に2,500円まで食い下がりましたものの、さすがにそれ以上出費いたしますのは憚られましたのでまたしても敗退。何しろこちらのぬいぐるみは座高37aと結構大きめ。正直押し入れにも収まりが悪いサイズでございますゆえ、シャレになります金額を超えてしまいますればハイそれまでよでございますワイ。 終了間近にいま一度拝見しましたら、確かさらに3,400円まで上昇しておりましたが……さるにても、『コレクターの執念おそるべし!』 でございますナァ。

 

さて、話を肝心のベヘリットに戻しまして、吾が輩が落札できましたのは先の Art Of War 製ではございませんで、ドリキャス版ソフト 『ベルセルク』 のオマケ。全体に造型 (とくに留め具) が甘くはございますものの、ぶっちゃけベヘリットにニセモノもホンモノもございませんので、相場の半額で落札できますベヘリットこそ正義!……それでも、800円から1,300円まで競り合ったのでございますゾ。されど、やはりArt Of War製のも欲しかったりします今日このごろ。

 

本来的にはこちらで目的を達しましたので、Yahoo!プレミアム会員も解約して構いませんのでございますが、検索してみますと意外と掘り出し物が出て参りますもので、少し前にマイ・ブームとなりました田辺マモル氏の 『プレイボーイのうた』マキシや、原マスミ氏の初期作品にございます、『イマジネイション通信』 そして 『夢の4倍』 などをこちらにて Get!(注2) いたしまして、それなりに重宝しております次第。

 

……ただ吾が輩愚考いたしまするに、入札に参加されますにもタイミングがございますようで。好例にも吾が輩がベヘリットを落札いたしましてからしばらく後に、『覇王の卵』 & 『触』 の Art Of War製ツープラトンに加えまして、吾が輩の“おまけベヘリット”のセットが、なんと3,000円で出品されましたのでございますワイ。

 

その時点でベヘリットにつきましては一段落しておりましたゆえ、こちらの『キミもみるみるゴッド・ハンドに!セット にはぴしゃりと額を打ちましたものの、おいくらで落札されますか観察いたします気にもなりませず、いかなる結果となりましたかは存じ上げませぬワイ。また、原マスミ氏の2CDにしましても、それまでほとんど6,800円ばかりで出品されておりましたのが、イキナリ4,800円の出物がございました時は脊髄反射でドトウの笹口組 もとい入札をいたしました次第。そのうえ幸いにも競り合いますお方も現れませず、思ってもおりませんでした程すんなり落札と相成りましたのでございます。

 

 

他にも驚嘆しますべき珍品も出品されておりましたり、お値段さえ折り合いがつきましたら買い逃し品などをお求めに利用されますのもよろしいかと …… ただその割には、フレグランス系統にて見つけましたお店のご出品にございました吾が輩愛用のオー・ド・トアレが、軒並み在庫切れなのはいかがしましたものなのでございましょう!?

 

 

 

 

 

 

注1:イメージ台詞。

2:いま大流行のアクション付きで

 

 

 

 

おいおい、そっちじゃないぜ!

 

 

2006.02.03 (C) Mephistopheles von Münchhausen

GeoCities Japan