ほらふきだんしゃくてきぐこーろく

まさに漫画のような世代交代劇!!

 

2006年08月05

 

さて、『 64物語 其の壱 の巻

(指定BGM: 谷村新司 / 三都物語 )

 

 

さて、吾が家の汎用箱型決戦演算機・弍号機 の調子がすこぶる付きに悪く、『データを破壊するようになりませぬうちに世代交代させませぬと……』 と、ここひと月思案しておりました吾が輩。先日DVDマルチ・ドライヴの制御が目に見えまして挙動不審でしたので、ついに踏ん切りをば付けまして最低限の必須アイテム、CPUとマザー・ボード(以下マザボ)、ならびにメモリを購入致しました次第。

 

スペックをば申し上げますればこれなん吾が盟朋、大滝よしえもん閣下の最新六号機とまったくのコンパチブル――と申しますか完全なる模倣。かつての吾が輩でございましたらネットならびにアキバの店頭にて、マザボの価格とメーカーそれぞれの特性を吟味いたしましたうえで購入品を選り抜いたものですが、それも今は昔。もはや、

『金に糸目はつけませぬが、冒険いたします気はございませなんだ』

と、イヤーな大人根性をば丸出しにしても気にすらいたしませぬ年齢に、吾が輩もついになってしまいました次第。もはや造ります気力と試用データのございません新機軸に手を出します勇気とは等価でなくなってしまったのでございますワイ。

 

 

……して、購入店は意外なポイント残数がございました九十九電機さん。こちらにてAMD Athlon64 X2 3800+と Asrock 939Dual−SATA2、そしてノー・ブランドのPC3200・1GB メモリを注文致しました次第。 九十九電機さんは2万円以上の買い物をいたしますれば送料が無料となりますのが魅力。

 

実は少し前に生DVDを買いがてら、アキバの店頭実勢価格を見てまわりましたが、おおよそはネット実勢価格とどっこいどっこいなうえ、お幾らかでも下回りますお店はまず。なによりメモリの場合となりますといずこも在庫切れがほとんどいう惨憺たる有様でして、『されば多少お時間がかかりましても、ネット通販のほうが確実にございましょう』 と、ひと揃え注文いたしましたのでございます。

 

パーツ選びでは守りに入ってしまいました吾が輩でございますが、それでも相性、補償延長関係の保険は一切顧みませんチャレンジャー魂はいまだ健在。ひと昔前は相性補償など設けませぬお店のほうがフツーでございましたのに、昨今のこの過保護っぷりと申しましたら……過当競争はげしきアキバにて新たな金づる もとい初心者にも安心できます点をアッピールしようという目論見か、ないしはトラブルがございますればネチネチとしつこく煩(うるさ)いオタクたちへの商売上の安全弁ということでございましょうか――マァなんのかんので細かくおゼゼおば毟り取られていることには変わりございませぬが。

 

 

 

ともあれ弍号機をまずは換骨奪胎いたしますべく、必要なデータをDドライヴに移し、マザボをケースより抜き取ります。このケースは、かつて愚考録 『PC再生?』 にて買い求めました1,980円激安ケース。軽量さに比しましてドロップ・キックはおろかベア・ハッグでもブリキ板のごとくひしゃげてしまいそうな華奢なボディがウリ。さらには5インチドライヴ・ベイにHDD(注1)を組み込みます際に、左右のネジ留め位置がビミョーにズレておりますことが発覚しました、お値段相応のケース。こちらにAM2が出ましたとは申せ、最先端には違いございません939ソケットのマザボを組み込みますのはいささか気が引けますが、マァ先の弍号機がどうにか動作しておりましたので良しとしました次第。

 

内側にキチンと掃除機をかけましたうえで、AMD Athlon64 X2 3800+をマザボに装着。デュアルと銘打たれますだけにコア部の面積といい厚みといい、『……すごく、大きいです』(注2) な感じに技術の進歩をひしと感じますが、何より感心いたしましたのがヒート・シンク装着の簡便さ

 

ほんの少し前まではマイナス・ドライヴァーやちいさなスパナを用いましてマザボに傷をつけんばかりに四苦八苦せねば取り付けがままなりませんでしたヒート・シンクも、いまはワン・タッチ式の装着具がついておりましてなんともスムース。メモリも挿しましていよいよ64Bit機が吾が家に!まさに最新のニンテンドー家庭用ゲーム機のCM風に申さば、『ロク(注3)ーン』 でございますワイ。

 

先に申し上げました通り、ケースそのものが元々ひしゃげておりましたので、弍号機のマザボ(中古品)もかなり無理矢理にネジ留めしておりましたが、この度は新品でございますことからしっかり留めおきますべく、ケースの歪みをカイロ・プラクティックよろしく叩いて 力学的に矯正。これでネジ穴もピッタリ合いまして装着と相成りまして、いざ電源ーン!(注4)

 

 

――されど、スウィッチをいれましてもCPUファンがピクリと反応いたしますのみで、起動しようという気配すら見せませぬ態たらく。こちらは 『宇宙戦艦ヤマト』 がフライ・ホイール接続点火後に、ウンともスンとも申しませずに島航海士を焦らしました第一回の真似事にございましょうか。あるいは夫の帰宅にも 『お帰り』 すら申さずに、寝っ転がってテレヴィジョンを眺めますままにゲラゲラ笑っております不埒な主婦にでも倣ったとでも申すものでございましょうか。

 

いずれにしましても取り付くシマすらございませぬ吾が輩は、『初期不良にも程がございますワイ』 と、レースのハンケチを引き千切らんばかりに噛みしだき、古語表現よろしく足摺りして悔しがりましたことは、ことさら申し上げますまでもございますまい。

 

――と申しましたところで、 こちらのお話は長うございますゆえ続きは来週のお楽しみでございますワイ。

 

 

 

 

 

注1:冷却用クーラーを装着しております為使用

注2:一時期2ちゃんねるで大流行りしたかのマンガより。

注3:アクセント部位。

注4:水木一郎アニィの 『マジンガーZ』 風。

 

 

 

 

 

 

おいおい、そっちじゃないぜ!

 

 

2006.08.05 (C) Mephistopheles von Münchhausen

GeoCities Japan