packet@geocities.co.jp のWWWページ

FreeBSDに関していろいろ……。

このWWWページに書いてあることに間違いを見つけたり、 書いてある疑問に対する答えを持っていたり、 書いてあることに疑問を持ったりした場合は、 packet@geocities.co.jp にメイルを送ってください。 素早い反応や、特に親切な反応は約束できませんが、 それほどひどくない反応はできると思います。


デスクトップたち

作業用

第0世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.0-RELEASEなど)
CPUはPentium 100Mhz程度、メモリは32MB程度、SCSIはあったりなかったり、CD-ROMドライブはたしか2倍速くらい

第1世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.1.0-RELEASEなど)
CPUはPentium 166MHz、メモリは128MB、SCSIはAHA-2940、SCSI CD-ROMドライブは4倍速

第2世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.2.2-RELEASEなど 終夜運転)
CPUはPentiumPro 200MHz、メモリは128MB、SCSIはAHA-2940、SCSI CD-ROMドライブは4倍速

第3世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.2.5-RELEASE 終夜運転)
CPUはPentium II 266MHz、メモリは256MB、SCSIはAHA-2940U、ビデオカードはMillennium II、SCSI CD-ROMドライブは4倍速
Happy Hacking Keyboardが付きました。

第4世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.2.6-RELEASE 終夜運転)
CPUはPentium II 400MHz、メモリは256MB、SCSIはAHA-2940U、ビデオカードはMillennium II、IDE CD-ROMドライブ12倍速
いつの間にか100Base-TXになってた。
最近、APC(無停電装置)を追加。ただし廉価版なので自動shutdownは不可能(I/Fがない)。

第5世代: PC/AT系 (FreeBSD 2.2.8-RELEASE 終夜運転)
CPUはPentium III 500MHz、メモリは256MB、SCSIはAHA-2940U、ビデオカードはMillennium II、IDE CD-ROMドライブ12倍速
Intel EtherExpress Pro 100+ (Server)
第6世代: PC/AT系 (FreeBSD 3.2-RELEASE 終夜運転)
CPUはPentium III 500MHz、メモリは256MB、SCSIはAHA-2940U、ビデオカードはMatrox G400、IDE CD-ROMドライブ12倍速
Intel EtherExpress Pro 100+ (Server)

第7世代: PC/AT系 (FreeBSD 4.2-RELEASE 終夜運転)
ハードウェアは第6世代とまったく同じ。OSだけ入れ換え

第8世代: PC/AT系 (FreeBSD 4.2-RELEASE 終夜運転)
CPUはPentium 4 2GHz、メモリは1GB、HDDはUDMA33、Intel Pro 10/100B/100+ Ethernet、ビデオカードはMatrox G400、IDE CD-ROMドライブ12倍速
OSは第7世代のまま、ハードウェアだけ入れ換え

遊び用(最近遊びだけではなくなってきた)

零号機: PC/AT系 (OSはいろいろ遍歴あり。結局今はWindows 95/98だけ)
第1期
CPUはPentium 133MHz、メモリは32MB、SCSIはAHA-2940、HDDはSCSI 1GB、CD-ROMドライブはSCSI8倍速
Windows 3.1、Windows 95、FreeBSD 2.0.xR

第2期
CPUはPentium 133MHz、メモリは96MB、SCSIはAHA-2940、HDDはSCSI 1GB * 2、CD-ROMドライブはSCSI8倍速 Windows 95、FreeBSD 2.1.xR

第3期
CPUはPentium 133MHz、メモリは96MB、SCSIはAHA-2940U+AHA-2940、HDDはSCSI 1GB * 2 + UltraWide SCSI 4GB、CD-Rドライブを装備 Windows 95

第4期
CPUはAMD K6 200MHz、メモリは96MB、HDDはE-IDE 6.3GB、E-IDE CD-ROMドライブ44倍速 Windows 98、FreeBSD 2.2.8R、FreeBSD 3.1R、Linux slackware 3.6

第5期
CPUはPentium 133MHz、メモリは96MB、HDDはE-IDE 6.3GB、E-IDE CD-ROMドライブ44倍速 FreeBSD 2.2.8R、Linux slackware 3.6
K6-200か、それ用のマザーボードが不調になったため、涙をのんで元に戻した。
カーネルのリコンパイル中にsignal 11とかで落ちられても困る……。

第6期
業務用マシンに転職……。

初号機: PC/AT系 (ほとんど稼働しないFreeBSD 2.2.8-RELEASEと、Windows 98)
CPUはPentiumII 350MHz、メモリは128MB、HDDはIDE 4GB、DVD/CD-ROM E-IDE 12倍速(だったかな?)、CD-R/RW 4倍速/2倍速。
ネットサーフィンとポストペットとMP3用の軟弱へろへろマシン。

弐号機: PC/AT系 (Windows 98)
CPUはPentiumII 300MHz、メモリは64MB、HDDは4GB+2GB+2GB+2GB、SCSI CD-R、CD-ROM IDE32倍速。
Windows関係の人身御供用PC。

参号機: PC/AT系 (Windows 98 Second Edition)
CPUはPentiumIII 450MHz、メモリは128MB、HDDは20GB+20GB、PIONEER DVD-ROM DVD-103。
Windows関係の人身御供用PC。

四号機: PC/AT系 (Windows 2000 SP1)
CPUはPentiumIII 800MHzのdual、メモリは512MB、HDDは30GB+30GB、PIONEER DVD-ROM DVD-103。
遊び用兼開発用マシン。

五号機: PC/AT系 (Windows 2000 SP3)
CPUはPentiumIII-S 1.3GMHzのdual、メモリは512MB、HDDは30GB+30GB、PIONEER DVD-ROM DVD-103。
四号機のマザーボードが壊れたので、微妙にパワーアップした。

ノートパソコンたち

NEC PC-98note 型番失念 (FreeBSD(98) 2.1.5-RELEASEあたりを入れた記憶があるような……)
詳細は忘却の彼方へ 手元に帰ってきました。PC-98NSLでした。でも、電源入らない……。
ま、いっか。


SOTEC WinBookPro 100T (FreeBSD 2.1.5-RELEASE)
ずいぶん前にもらわれて行ったが、もしかして出戻りするかもしれない。
出戻りする話になってから数ヵ月経過したけど帰ってこない。
帰ってきました。
ターミナルサーバ代りに使っています。

DEC HiNote Ultra II (FreeBSD 2.2.5-RELEASE)
Pentium 150Mhz、メモリは96MB、HDDは1.6GB。
RC5-64に参加させたら、CPU付近がすごく熱くなって恐くなったからやめました。
リブを持ち歩いているので、今のところは使用目的が思い付きません。
人に売ってしまいました。

東芝 Libretto 60 (FreeBSD 2.2.5-RELEASE + PAO)
Pentium 120Mhz、メモリ容量は忘れました。
HDDを1.6GBに入れ替えて、Microsoft Windows 95とFreeBSDで半分ずつ使っています。
私の指はリブレット60のキーピッチに完全に対応済みです。
最近全然使っていないです。DNS/DHCPサーバになる日も近い?
現在、大容量リムーバブルメディアの代りに使ってます。
バッテリーが死んでしまいました。使えない……。
バッテリーを購入して、再度使えるようになりました。
とりあえずFreeBSD 3.2-RELEASEを入れてみました。PAOも動くし、Xも動きます。
でもやっぱり使っていない。
友人に預けました。

Panasonic Let's note mini (AL-N4)
リブレットの画面の狭さが気になり出して、こんどこそ安住の地となるべく購入したノートです。
HDDは4GBになっていて、FreeBSD2.2.5R+PAOとWindows 95が入っています。
光学式トラックボールと、Pentium 120MHzとは思えない速さがお気に入りです。
その後、FreeBSD 2.2.6R + PAOにインストールしなおしました。
日々持ち歩いています。
標準のバッテリーが死んだので、大容量バッテリーを使っています。重くて嫌です。
ついにFreeBSD 3.1Rに入れ直しました。
CVSUPでPAOも入れました。
素敵なソフトがいっぱい簡単に使えてますぅ〜〜!
標準バッテリーを買い直しました。やっぱり軽いと楽です。
しかし、時々固まるのが悩みです。
少し時間的に余裕ができたらFreeBSD 3.2Rにしようと思っています。
FreeBSD 3.2 RELEASE + PAOを入れました。XFree86で800x600も出ています。
しかし最近時々フリーズするのが悲しい……。何故だろう。
ついに壊れました。

Panasonic Let's note (CF-S21J8-N) (Panasonicのこのモデルのページ)
限定モデルのシャンペンゴールドに目が眩んで買ってしまったノートです。
FreeBSD2.2.8R + PAOとWindows 98が入っています。
やはり光学式トラックボールはいいです。
今度、知人の所に婿に行ってしまう予定です。(;_;)/~~~
婿に行く予定ながら、忙しくてなかなか旅立たせられません。
ついに旅立ちました。
新しい家で歓迎されているようで、よかったよかった。

東芝 Libretto ff 1100 CT
Let's note miniの後継機として、友人から譲り受けたノートです。
VAIOと交換しました。

SONY VAIO PCG-505EX
Libretto ff 1100 CTと交換して入手しました。
キーのタッチが固すぎる気がしますが、安定性などには不満がなく、それなりに気に入っています。 友人に譲りました。

IBM ThinkPad s30
便利ノート。
バッテリーの持ちもなかなか良く、処理速度も速いので、かなり使えます。
ケースが比較的丈夫なことも気に入っている要素の一つ。
しかし、VRAMが2MBしかないので、DirectX8系の多くのゲームがうまく動かないです。(そもそもそういう目的で使用するノートではないので、それはしょうがない。)

CASIO FIVA-206VL
携帯用ノート。
遅いけどバッテリーの持ちが良く、重宝しています。

SHARP Mebius CB1 M5
DirectX8系のネットゲームをAirHを使って外で遊ぶ時用に買ったノート。
目的は十分達成できている。
電動ファンがうなる。

以下はたまにいじっているFreeBSDマシンです。

そしてその他。


Geocitiies top SiliconValley in Geocities neighborhood

このホームページのホストは www.geocities.co.jp/です。 無料ホームページ をどうぞ