SS20ハードディスク増設方法

使用したハードディスクは ニューテック(http://www.newtech.co.jp)製
のものである。ハードディスクはフォーマット済みであった。

増設前に
 
   電源を入れた時にアラーム音が鳴るが問題はない。
   内部の温度が50℃以上になるとアラーム音が鳴る。
   ピンの数は転送レートに比例する。

増設手順 (青はユーザーが入力)

まだハードディスクは接続しない状態で電源投入後、メモリカウントチェック
開始後STOP+A

OK>probe-scsi

ここで表示されていないtarget(ID)番号(通常は2)を調べる。
Sunは0〜3  disk
         4,5     tape
         6        CD-ROM
を使う事が多い。

確認後電源を切る。

増設ハードディスクのID番号を2(本体裏)に設定し、ケーブルをマシンに付ける。

マシン-tape-増設HD の形で数珠つなぎにする。

終了後電源オン。

OK>probe-scsi

Target2 ...........

で物理的に認識していることが確認できる。

OK>boot -r

起動後ルートでログイン。

パーティションを設定する(9GB=4.5GB+4.5GB)にする。

#format

スライス番号は5,6を使用する。

つまりデバイス名は /dev/dsk/c0t2d0s5
                               /dev/dsk/c0t2d0s6

となる。

Specify disk(enter its number): 1

とする。1は c0t2d0であることを必ず確認する。

foramat>partition

メニューの中から

partition>  (change 5 partition)

を選択する。

Enter partiotion id tag[unassiged]: home  メモ書きなのでなんでもよい
Enter partition permission flag[wm]:wm   read+writeの場合
Enter new starting cy[0]:0      5番が最初のシリンダなので0
Enter partition size[...........]:4502c   9004シリンダ/2=4502シリンダ

(厳密でなくても良い場合は 4500mbとしてもよい)
 
分からない場合は ? でヘルプになる。

partition>  (change 6 partition)
Enter partiotion id tag[unassiged]: home  メモ書きなのでなんでもよい
Enter partition permission flag[wm]:wm   read+writeの場合
Enter new starting cy[0]:4502   5では0〜4501シリンダを使用しているから
Enter partition size[...........]:4502c   9004シリンダ/2=4502シリンダ

partition>print

で確認する。

part   tag         Cylinder

5       home     0-4501
6       home     4502-9003

となっているはず。

partition>label  で設定内容を書き込み yリターン

partition>quit

foramat>quit

以上でパーティションの設定を終了。次にファイルシステムの作成。

#newfs /dev/rdsk/c0t2d0s5

#newfs /dev/rdsk/c0t2d0s6

でファイルシステムの作成は終了。

ファイルシステムに/home2,/home3という名前を付ける。

#cd /

#mkdir home2

#mkdir home3

ディレクトリを作成する。

/etc/vfstabに記述する。

/etc/vfstabは以下のようになる。

#device         device          mount           FS      fsck    mount   mount
#to mount       to fsck         point           type    pass    at boot options
#/dev/dsk/c1d0s2 /dev/rdsk/c1d0s2 /usr          ufs     1       yes     -
fd      -       /dev/fd fd      -       no      -
/proc   -       /proc   proc    -       no      -
/dev/dsk/c0t3d0s1       -       -       swap    -       no      -
/dev/dsk/c0t3d0s0       /dev/rdsk/c0t3d0s0      /       ufs     1       no  -
/dev/dsk/c0t3d0s6       /dev/rdsk/c0t3d0s6      /usr    ufs     1       no  -
/dev/dsk/c0t1d0s4       /dev/rdsk/c0t1d0s4      /var    ufs     1       no -
/dev/dsk/c0t1d0s7       /dev/rdsk/c0t1d0s7      /export/home    ufs    2 yes     -
/dev/dsk/c0t1d0s5       /dev/rdsk/c0t1d0s5      /opt    ufs     2       yes  -
/dev/dsk/c0t2d0s5       /dev/rdsk/c0t2d0s5      /home2  ufs     2       yes  -
/dev/dsk/c0t2d0s6       /dev/rdsk/c0t2d0s6      /home3  ufs     2       yes  -
swap    -       /tmp    tmpfs   -       yes     -

#mountall

これですべての設定は終わり。

(補足 1)

通常は容量の10%が無条件で確保されているが、その容量を3%に変更し、
使用領域を増やすには以下のコマンドで行う。

#unmount /home2

#unmount /home3

#tunefs -m 3 /dev/rdsk/c0t2d0s5

#tunefs -m 3 /dev/rdsk/c0t2d0s6

とするとユーザーが使用できる容量が増える。

(補足 2)

ファイル作成後ファイルシステムのチェックをする。

#fsck /dev/rdsk/c0t2d0s5

#fsck /dev/rdsk/c0t2d0s6

(補足 3)

デバイス名について

c[n]  論理コントローラ番号  SCSIコントローラで標準は0
t[n]  ターゲット番号             SCSI ID番号
d[n]  ドライブ番号               ハードディスクは通常0
s[n]  スライス番号              0〜7までのパーティション番号