イーサーネットの種類


イーサネットには次の3つの種類がある。

・10Base-5(口がDsub-15ピン)

最大長500mでこれに取り付け可能なトランシーバ数
は最大100個で、トランシーバー(注1)間隔は2.5mの整数倍と
決められている。

・10Base-2(口が丸くなっている)

最大長200mである。

上記2つは同軸ケーブルに分類される。

○信頼性に優れる ノイズに強い
×かさばる 曲げにくい

・10Base-T(口が電話のモジューラのようになっている)

社内LANで一般的に使われているケーブルである。

これは、より対線(ツイストペアケーブル)と呼ばれている。

○設置が容易
×ノイズに弱い

現在では光ファイバケーブルも使われるようになってきた。
○高速、広帯域伝送が可能
○ノイズの影響を受けない
○大容量、長距離に適す
×接続装置が高価
×1方向しか光を受信できないのでバス型には不可

ケーブルの両端にはターミネータを付けて電気信号の反射を防ぐ
必要がある。

(注1)トランシーバー
端末からの信号を伝送路に適した信号に変換(逆変換)し、送受信を行う。
端末とケーブルを接続させる機器であり、通常はLANカード、ボードに内蔵されている。