ファーストイーサーネットについて


最近では画像などの大容量のデータを転送するため、従来の10Base
ではなく100Base、1000Base(ギガビット)も使用されつつある。

LANカードも最近のものは100Base,10Base自動認識のものが発売
されている。しかしHUBも100Baseのものにしなければ効果はない。

100MのHUBはカスケード接続は2台までしかできない。

しかしカスケード接続ではなく通常はスタック接続という接続方法
をとり、複数接続することができる。ただし同一メーカーのもので
なければならなく、さらに機種によってスタック接続できる台数が
決まっている。