スイッチングHUB


通常のHUB

ポート   (1)     (2)      (3)     (4)
        |        |         |        |
マシン   A       B       C       D  

AからDにデータを送信した時にAの送信パケットはB,C,Dにも
送信されてしまう。そのためB,Cからもパケットを送信すると
ポートでデータの衝突が発生する。

スイッチングHUB

ポート   (1)     (2)      (3)     (4)
        |        |         |        |
マシン   A       B       C       D 

AからDに送信した場合、マッピングテーブルから宛先のポート
が4であると判断し、ポート4のみにパケットを送信する。

そのため、B,C間でパケットを送ってもデータの衝突が起きない。

ただし4にサーバーを接続した場合、4のポートで衝突が起きる
可能性が考えられる。その時は4のポートが100Mbpsで接続
できるビッグパイプと呼ばれる機能をもったものもある。