接続機器


リピータについて

リピータはケーブルの延長と信号増幅を行う。

PC(a)----PC(b)---リピータ------PC(c)

×PC(a)からPC(b)へデータを送る場合でもPC(c)にデータを流してしまう。
○安い

ブリッジについて

ブリッジはリピータにトラフィック分離機能をもたせたものである。
ただし以下のネットワークでは
--------LAN(a)------------
                              |
                          ブリッジ
             |
                        --------LAN(b)---------
                             |
                          ブリッジ
                             |
-----------LAN(c)-------------

 LAN(a)からLAN(c)にデータを送るとLAN(b)にも影響を与える。
しかしLAN(a)とLAN(c)をブリッジで接続するとデータがループになるため
接続することができない。しかしルーターなら可能である。

ルータについて

--------LAN(a)------------
   |                           |
   |                       ルーター
  |            |
ルーター        --------LAN(b)---------
  |                            |
  |                       ルーター
  |                            |
-----------LAN(c)-------------

ルータ同士が情報のやりとりをしているので、最適な経路をルータ
が指定する。ルータはMACアドレス、IPアドレスの解析を行って
いるので、ルータが多すぎるとルータがボトルネックになりやすいので
注意する。リピータはそうした解析をしないので、ボトルネックには
ならない。

ルータの特徴は
1最適ルート選択
2フィルタリング機能(セキュリティ)
3ネットワーク管理(ログを記録)

補足

IPアドレス→経路選択(ルーティング)に必要
MACアドレス→データ送受信に必要
ポート番号→アプリケーション設定。特定のポートを使うデータをフィルタリング。