secret

ジオシティーズの入り口へこのコミュニティの入り口へご近所を訪問する


Feb 27 1999 Notice board

is prepared for my personal
Welcome to Introduction of Melbourne!!

このページはオーストラリアの元首都でヨーロッパ的な雰囲気の漂うメルボルンを紹介するページです。(作者もまだ住み始めたばかりなのでこれから徐々に加えていこうとおもいます)

7/22

はやもうメルボルンに来て三ヶ月が経ってしまいました。(しばらく更新はできませんでしたが。)ここメルボルンの主要交通機関といえばトラム、トレイン、バス。最近、ヴィクトリア政府がリストラのために車掌さんを 廃止し、自動券売機を導入したわけですが、どうも評判はおもわしくなく不評をかってるみたいです。かといって かわないとINSPECTERが乗ってきたときにチケットをもってないと百ドルの罰金だからどうしてもかわざるを得ないわけですが。(結構買ってない人もなかにはいる)けどここの交通機関のいいところは週末になると、ナイトライダーというバスやトラムが一晩中走ってるので終電の心配をしなくていいんです。QLDなどでは考えられないような便利さ。たとえば、CROWN CASINOで一晩中遊んで夜中遅くに帰ることも十分可能です。(ここの 前のトラムストップではドライバーが Corwn casino.Don't spend your money too much!!といった気の利いた せりふをいってくれるときもあるんです。カジノといっても、multicomplexになっていてさまざまな施設(レストラン ゲームセンターや 映画館など)がはいっていてひとつの街みたいな感じになってるからすごく楽しめるばしょです。  それとここ、メルボルンは火曜になるとsuper tuesday といって映画が 6.5ドルでみれてしまう。日本ではあまりないかもしれないけど。ただパンフレットはほとんど売られてないから、ちょっとものたりないかも。 CROWNへはBOUKE STから96のトラムで10分ぐらいです。

5月5日

次は、水の話です。ここメルボルンは日本とは違い、水が非常に貴重です。(もちろん、ノーザンテリトリー の方へいけばっもっと貴重なものだとは思うけど。)だから、ホストファミリーが最初にいったのはシャワーは五分以内に済ませてほしい、ということでした。だから、いつもほんとうにすばやくすませるようにしてますけどひとつだけいいことがあります。それは水道の水がきれいなので、そのまま飲んでもかまわないということです。これは日本でもなかなかできないこですね。結構、水にうるさい方の私でも、飲めるほどきれいです。ただNEWS AGENT(日本でいうキオスク)などで買うミネラルウオーターはちょっと、味がいただけないかなとはおもいます。ジュースはほとんどが炭酸飲料で、おなじみのコカコーラや、ペプシやあとはなんかいかにも着色料がはいいってるなと思うようなものばかりです。ファンタオレンジをかえばわかります。

5月1日

今日は、メルボルンの気候について語りたいと思います。おそらく、日本人の多くはメルボルンはそれほど寒くないと思っている人も多いでしょうが、それはきっとこちらにきたときに覆されることでしょう。 それはメルボルンはほかのシドニーとかブリスベンとは違い、一日の内に四季があるといわれるくらい温度差があるのです。だから、朝、すごく寒く感じても、大概は昼間、暑いぐらいに気温があがるのです。 よく、オーストラリア人はと聞かれて、想像するのが半そで、短パン姿だと思うのですが、本当に、昼間になると、晴れてる場合、温度が上がるので、注意が必要。そのいっぽうで、長袖などもかばんにいつも 常備することも必要です(経験上)それと傘も。 四月三十一日 まずは食事の話から始めたいと思います。ここメルボルンはほかの都市と比べても移民の数が非常に多く、とくにイタリアやギリシャ系移民などが多い町で、うちのホストマザーもイタリア 学校の近くということもあり昼間はここでランチを楽しみます。だいたい五ドルから七ドルだせば結構満足できるはずです。これぞオーストラリアというのを楽しみたかったら、町の 中心部にあるTakeAwayshopでステーキサンドイッチ(だいたい三ドルぐらいで買えます)をどうぞ。とにかくシドニーよりは絶対においしいレストランが多く、あきのこない町です。 今日はこれくらいで。

4月31日

まずは食事の話から始めたいと思います。ここメルボルンはほかの都市と比べても移民の数が非常に多く、とくにイタリアやギリシャ系移民などが多い町で、うちのホストマザーもイタリア 系オーストラリア人です。とくにメルボルンのcityの北に位置する Laigon streetでは多くのイタリア系移民が住む町でおしゃれでそんなにたかくないレストランが並びます。 またcityの右上に位置するチャイナタウンでは安くておいしい中華が楽しめます。ここは学校の近くということもあり昼間はここでランチを楽しみます。だいたい五ドルから七ドル shopでステーキサンドイッチ(だいたい三ドルぐらいで買えます)をどうぞ。とにかくシドニーよりは絶対においしいレストランが多くあきのこない町です。