東北
東北を旅した年は冷夏で、長袖のシャツでも寒いくらいだった。
そして、その年のお米は凶作になってしまった。

日本海沿いを北上し太平洋沿いを南下した。このため内陸部はほとんど 見る事ができなかった。
裏磐梯の一切経山から見た五色沼の水の色。 色と言えば竜泉洞の水の色も引き込まれるようだった。 また、誰もいない安家洞の中で聴いた滴の垂れる音楽は幻想的でもあった。

でも、特に印象深いところとしては次の3ヶ所を挙げたい。


下北半島の尻屋崎燈台
午前中にバスがなくなり、尻屋崎ユースに泊ることにしていたので、半日なに もせずに過ごした。そんな時の方が一番旅の印象が残るのかも知れない。
近くの売店で買った牛乳瓶に入ったウニはアルコール臭が全くなく、潮の匂い がプンプンしてドロっとした感じ。味は今まで食べたウニの中で最高!
仏ヶ浦
尻屋崎の反対側にあたる仏ヶ浦の砂岩のオブジェもちょっとしたもの。
          
尻屋崎

          

十二湖の青池
日本キャニオンがあるというので見に行ったが、キャニオン自体はそれ程のもので なかった。
その先にある青池は透き通った明るい青色をしていた。波打ち際を走る五能線での アプローチと合わせて心に残っている。
          
十二湖

          

田沢湖高原ハイク
田沢湖から駒ヶ岳に登り乳頭温泉郷へのコースを採った。思った以上にハードで 孫六温泉に着いた頃には日が暮れ、膝がガクガクになっていた。
          
田沢湖

          
戻り